応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.02.19
インターン生
粟田美怜

好きな美容に携わる仕事がしたいという思いからインターンを開始。のびのびした”ARINE"で組織のために頑張り抜きたいという気持ちが芽生えた!

粟田美怜さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
粟田美怜
学校
東洋大学 文系 社会学部
学年
学部3年
職種
ライター
勤務期間
2017-10-15 〜 現在

インターンを始める前の自分

インターンを始める前の自分の大学生活は、アルバイトと遊びを繰り返す毎日で、大学生活を振り返ったときに誇れるものや思い返すことがないと気づきました。

また物事にひたすら一生懸命だった頃の自分とのギャップに焦燥を感じ、キャリアバイトで長期インターンをふと探し始め、美容メディアを運営している”ARINE"に出会えたことが私の転機です。

幼い頃からクラシックバレエを習っていたため、「お化粧」が身近な存在であり、化粧品を使うことで綺麗になったり笑顔になったりする様子を目の当たりにしていたことから、女性の美容に携わる仕事へ強い憧れを抱いていました。

そのため「憧れだった美容の仕事に携わりたい」「目標に向かってひたむきに打ち込むことで、物足りない今の自分を変えられる」と思い、今のインターン先を選びました。

インターンを通じてどんな風に成長したか

美容メディアの中枢となる「ライター職」として、主に記事の作成やチームのマネジメントをしています。

①記事作成…
ユーザビリティを解消するためにデータを見ながら記事を作成することをSEO対策といいますが、私ははじめはSEOという言葉すら知りませんでした。記事作成をするにあたりSEOを意識することで、より多くの人に私の記事を届けることができるのですが、私はこのSEO対策について猛勉強しました。

また先輩ライターの方からも、どうしたらたくさんの人に私の記事を届けられるのか、というアドバイスをもらえた事も大きかったです。その結果、よりたくさんの人に記事を届けることができるようになり、現在10万人の人に閲覧していただいている記事もあります。(1記事に10万人の人が見るってすごいんです!)  

②チームのマネジメント…
私は今までチームで何かを成し遂げる経験がありませんでした。マネジメントをするということに対して、苦手意識さえ持っていました。

しかし組織一体となってメディアのトップを目指す以上、皆が同じ方向を向いて走り抜くことが必須です。それにはチーム内でのコミュニケーションが重要になってきます。チームメンバーと接するにあたり、皆に同じ接し方でアプローチしてもコミュニケーションアップを図れませんでした。

人柄や性格はメンバーによってそれぞれ違い、その人に合った接し方をすることで、チーム全体の雰囲気がよくなり、モチベーションアップにもつながりました。これがチームの成績にもつながったと考えています。

成長できた理由・要因は?

➀切磋琢磨できる刺激的な環境...
自社の行動規範として、「現状に甘んじず、常に前向きに挑戦し、成功するまでやり続ける」を掲げており、自分から何かを成し遂げたいという能動的な考えを持つ同世代のメンバーが多く所属します。

そのような環境に身を置くことで周りに負けたくない!という意識を持ち、私を大きく変えてくれました。ただ互いに競争し合うだけではなく、お休みの日は職場の人と一緒にお出かけやショッピングをし、良好な関係性であることも一つの要因です。

➁オープンな雰囲気...
「インターンだから」「社員だから」という垣根がなく、誰でも改善点などの提案をすることができる環境です。またその提案に対してもフィードバックをいただけるため、次になにをすべきか?ということを自分で考えることができます。

➂俯瞰的に物事を把握し、深く考える力を求められる...自分が好きな美容をただ記事として形付けるだけではPV数が伸びず、一過性の記事となってしまいます。

トレンドやニーズをリサーチしたり、競合媒体の人気記事や雑誌を分析したりすることで、どのようにしたら多くの人に見てもらえるかを客観的に考えることが求められます。それがPV数という目に見えた結果が表れることも、他のアルバイトにはない良さだと思います。

そして、このサイクルをインターンの中で習慣化させることで、自身の中でPDCAを回すこともできるようになりました。

私にとってインターンとは

私にとってインターンとは、社会人と一緒に働くことで社会に出る前の準備段階としての経験になることはもちろん、志の高い同世代の仲間に出会える場所であると考えています。

大学には勉学に高い意識を持っている人はいますが、なんとなく通っている人も少なくはありません。しかし私は”ARINE"に入って将来を見据えて行動している仲間を見て、大学生活4年間の時間の短さ、有効活用の大切さを改めて感じました。

インターンをするしないでは、社会人になった時に大きな差がつくと思います。尊敬できる上司と、信頼できる仲間のいる”ARINE"は私にとって大学生活で1番大切にしたい場所になりました。大学を卒業するまで私は”ARINE"に尽くしていきます。

粟田美怜のストーリー
好きな美容に携わる仕事がしたいという思いからインターンを開始。のびのびした”ARINE"で組織のために頑張り抜きたいという気持ちが芽生えた!
この記事をSNSでシェアしよう
粟田美怜ってどんな人?

グリーライフスタイル株式会社 メディア事業部 ARINE編集部の美容ライターを担当。大学では社会学部を専攻し、美容業界に就職予定。

会社名
グリーライフスタイル株式会社
業界
WEB IT/ソフトウェア
職種
ライター
学校
東洋大学 文系 社会学部
学年
学部3年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • エンジョイシンキング
  • 問題発見スキル