応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.02.01
インターン生
なお

就活に向けて一歩踏み出した。 周りとの差をつけるためにインターンに挑戦

なお さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
なお
学校
中央大学 商学部
学年
学部2年
職種
マーケティング
勤務期間
2018-10-23 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

中学や高校では、クラスなど組織の中で積極的にリーダーに立候補し、人並み以上には責任感が必要な仕事を多くしてきました。ですが、大学では授業やバイト、サークル活動だけでなくより自分から積極的に行動していかないと周囲の人と差をつけられるようなチャンスが現れなくなりました。

友達の中には大学在学中に留学をしたり、部活動の大会で結果を出したりと、輝いている人達が沢山います。 そんな人たちにも負けないよう大学二年生という、早い時期からでチャンスを掴むためインターンに応募しました。

インターンが始まる前は正直不安で、バイトと違ってミスした時の責任が重いだろうし、具体的に何をするのか、あまりイメージ出来ていませんでした。

身についた考え方やスキルとは?

まだGクリップで働き始めて日が浅いですが、身についた考え方やスキルは4つあります。

(1)一般化力
Gクリップのような規模の企業では一人ひとりの業務の幅が広く、全員が揃うことも少ないため、こまめな情報共有が重要になります。そして自分の考えや感覚を正確に誰が見ても分かるよう一般化することが必要です。Gクリップでは、毎回の業務のあと日報を共有することで、メンバーの業務の進捗状況などを常に把握する体制をとっています。報告者の気付きや学びを知ることもでき、それが自分の成長にも繋がります。

(2)仕事への責任感
バイトのときはお客様から頂いていたお金はせいぜい数千円でした。しかしインターンではお客様と何十万何百万もの取引もあり、場合によっては自分のミスで大きな損失を出してしまうことやお客様との信頼関係を壊してしまうこと考えられます。

(3)社会人としてのマナー
仕事上での挨拶やビジネスメール、ビジネス電話などインターン生として緊張感を持ちつつ実践することで身につきました。大学生活ではなかなか学ぶことができないことです。

(4)調査力
コンサルティングは調査が基礎且つ、命です。お客様に提案する際にここがしっかりしていなければどんな提案でも納得して頂くことは出来ません。業界に限らず社会に出た時に必ず必要なスキルだと思います。

このように、インターンを始めたばかりでも、多くの社会に出て役立つ考え方やスキルが身に付いていると感じています。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

勤務中は教育担当の方が常に隣にいて、細かい作業のやり方から今後の事業展開までをも教えて頂けます。またGクリップではその時に感じた思いや考え、疑問を日報に載せるとその都度丁寧にアドバイスを頂けます。他のインターン生と日報を共有することで同じような悩みや考えを持っている仲間がいることも分かります。

少人数の企業だからこそ、全員が常に互いの状況を把握し、存在を認め合い、切磋琢磨しあえる環境があります。

そしてこの度インターン生が中心としたプロジェクトを任せて頂くことになりました。まだ手探りの状態ですが、バイトなどとは違い、ただ言われたことをやるのでなく、自分からアイデアを発案し事業推進していかなければなりません。

これまでに経験したことがない程の責任感とワクワクを感じていて、Gクリップでのインターンは、自分を磨き上げるために本当に適した環境だと思います!

これから挑戦したいこと

将来は、広報の仕事に就きたいと思っています。Gクリップの一員となり、挑戦したいことがさらに明確に見えてきました。コンサル業界は広報とは一見違う業界に見えますが共通していることがたくさんあります。

中でも、Gクリップが大切にしている「目の前の人を喜ばせる」という考え方は職種問わず大切なことで、すごく共感しています。私もインターンを通して目の前の人を喜ばせる仕事がしたいんだな、と確信しました。


私にとってインターンを始めることすごく大きな挑戦でした。今ではこんなにも沢山のことが得られて、挑戦して本当によかったと思ってます。だからこそ自信が無くてインターンに応募出来ていない、という方に知ってほしいインターンの良さが4つお伝えしたいと思います。

(1)同期のみんなが“ゼロ”からのスタートであることです。学生の持つスキルや経験に大きな差はなく、切磋琢磨してお互いに成長していけます。

(2)自分の「強み・弱み」を知れることです。今持つ強みを知ることで就活のアピールにもなりますし、弱みは早い段階で理解しておくことで強みに変えていくことができます。その環境もあります。 

(3)企業の方々から直接アドバイスを頂けることです。普段の大学生活では会うことのない方々から社会人目線でご指導頂けるので社会でも通用する力がつきます。

(4)自分を磨けることです。全く経験したことのない、裁量の大きな仕事を経験することで、今まで知らなかった自分を発見できます。

2020年から、就職指針(就職・採用活動のルール)が廃止されることが正式に決まりました。不安に思う学生はたくさんいると思います。私もその一人でした。だからこそ周りと差をつけたいと思っている1.2年生にぜひ一歩踏み出してほしいと思います。Gクリップは初心者大歓迎です。

なお のストーリー
就活に向けて一歩踏み出した。 周りとの差をつけるためにインターンに挑戦
この記事をSNSでシェアしよう
なお ってどんな人?

出身は東京都で、趣味は音楽鑑賞・演奏をすることです。「好きなことをやりたい」という想いのもと、テーマパークでのアルバイトをしています。誰かを笑顔にすることがとにかく大好きで、自分自身もいつも笑顔でいることを大切にしています。将来は広報の仕事をしたいと思っていて、仕事においても沢山のお客様を笑顔にできるような人になりたいと思っています。

会社名
株式会社Gクリップコーポレーション
業界
広告/PR コンサルティング
職種
マーケティング
学校
中央大学 商学部
学年
学部2年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • ギブアンドテイク
  • 好感表現スキル
  • 一般化スキル
株式会社Gクリップコーポレーション