応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.02.01
インターン生
Y.O

就活の焦りから始めたインターン。Web制作の魅力を学び、そのまま正社員へ!

Y.Oさんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
Y.O
学校
武蔵野美術大学 理系 造形学部
学年
既卒
職種
デザイナー
勤務期間
2017-01-31 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

一言で言ってしまうと、「思い付き」です。

大学3年生の冬、来年度からの就職活動のために周りが動き出す中、焦りを感じつつも何をしたらいいか分からない状態でした。大学で学んでいたことがどのように仕事に結びつくのかイメージできず、果たして今の自分のスキルが社会に通用するのかと、毎日心配な気持ちに駆られていたことを覚えています。

そこで「とりあえず何でもいいから行動しないと!」と思い、インターンを募集している企業を探し始めました。

小さい頃から趣味でWebサイトを作っていたため、自分の特技を生かせないかと、ひとまずWebの業界に絞って探し、たまたま勤務地や勤務時間の条件が合ったのがITRAでした。

今思えば、思い付きだったとしても行動に起こして本当に良かったなと感じています。

身についた考え方やスキルとは?

インターンでは、Webサイトのデザイン、作図、コーディング、画面構成案作成、サイト構成の作成など、幅広く経験させていただきました。

一番身についたスキルは、課題解決能力です。

大学では、自分の中で見つけた課題に対して作品を作っていました。言わば自分のための制作です。ところが仕事では課題をもっているのはクライアントであり、かつそれを使うユーザーのことも考えないといけません。「カッコいいから」「面白そうだから」という短絡的な理由だけではなく、クライアントの要望を組み取った上で制作をすることの難しさとやりがいを強く感じました。

また趣味でWebサイトを制作していた時は、独学でコードを書いていたため割とハチャメチャなWebサイトを作っていました。

実際に業務でコーディングをすることで、いかに自分の知識が間違っていたか認識することができました。インターンをする前に作ったWebサイトとインターンで働き始めた後作成したWebサイトを見比べると、実力が付いたことを実感できていつも嬉しくなります。笑

Webの業界はどんどん新しくなっていくため、情報収集は欠かせません。ITRAではふとした話題の中でも、Webのことをいろいろと教えてもらえるので、知識やスキルをどんどん身につけたい人にはぴったりの職場だと思います!

学ぶことが尽きず、とても楽しいです。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

何よりの理由は「職場の雰囲気」です。

インターンを開始するまでは、職場には怖い先輩がいて、仕事ができないと怒られて…というドラマで見るようなイメージが付きまとっていましたが、そんなことはありませんでした。

何か自分がわからないことがあると、忙しい中でも時間をとって丁寧に教えてくれます。しかも、Web制作インストラクターの経験がある方が多く、皆説明が非常にわかりやすいんです!自分の中の疑問点がどんどん解消し、できることが増えることで、Webの勉強をすることがますます楽しくなりました。

また、表面的なスキルだけではなく、考え方も教えてくれました。

Web制作では見た目だけではなく、その構造を考えることも大切です。情報整理に気を使い、ユーザーの気持ちになって制作することで、より使いやすい、見てもらいやすいWebサイトを作ることができます。

「なぜこのデザインが悪いのか?」「なぜこの配置だと使いづらいのか」という理由まで教えてもらえるので、制作するときの判断力も向上したと感じています。

インターンに向かうときはいつも「今日はどんなことが学べるのだろう?どんなものを作るのだろう?」という期待を感じていました。暖かい職場の雰囲気が、積極的に学習したい気持ちの手助けになっていたのだと思います。

学園祭を見に来てくれた時の写真です。最前列を占領!笑 とても嬉しかったです。

これから挑戦したいこと

Webの業界に触れたことで、自分に合っている、楽しい!と感じITRAへ入社を決めました。現在はWebディレクターとして働いています。インターンから始まって正社員になった今でも、学ばなければならないことは盛りだくさんです。

とても子供らしい考え方かもしれませんが、私は「カッコいい」社会人になることを目標にしています。その「カッコいい」の中にはいろいろな意味が含まれます。その中でも私が一番「カッコいい」と感じるのは、自分の仕事を誇りに思い、責任感を持って業務にあたることです。

ただ、気持ちだけでは仕事はうまくいっているとは言えません。結果を出すためには、より丁寧で、かつ仕事のスピードを上げていくことが必要不可欠です。そのためには、些細なことでもどんどん吸収していかないと、と思います。

学生時代にインターンをしよう、と思いついてくれた自分に感謝をしていると同時に、もっと早くから学んでいたかった!と思う気持ちもあります。実際の業務に携わる、ということは、何よりの経験になるため、迷っている方はとりあえずでも挑戦してみることをお勧めします。

これからはより多くの仕事をもらえるよう、クライアントやユーザーに満足してもらえるようなWebサイトを作れるように、日々精進していきたいと思います!

Y.Oのストーリー
就活の焦りから始めたインターン。Web制作の魅力を学び、そのまま正社員へ!
この記事をSNSでシェアしよう
Y.Oってどんな人?

ITRAで1年間インターンをさせていただき、現在Webディレクターとして働いています。趣味でジャズフルートをやっています。小さい頃からパソコンが大好きで、趣味でWebサイトを作ったりしていました。座右の銘は「人生は七転び八起き」。毎日の楽しみはランチの時間です。

会社名
ITRA株式会社
業界
教育 IT/ソフトウェア
職種
デザイナー
学校
武蔵野美術大学 理系 造形学部
学年
既卒
インターン先で特に磨かれたスキル
  • エンジョイシンキング
  • 発想研磨スキル
  • 問題分析スキル