応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2022.01.10
インターン生
三神亜依

ライティングだけじゃない!人としてのステップアップも成し遂げられたインターン生活

三神亜依さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
三神亜依
学校
早稲田大学 政治経済学部
学年
学部3年
職種
ライター
勤務期間
2021-08-18 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

1番の理由は、文章を扱った仕事に携わってみたいと感じたからです。
就職活動を進めていく中で、漠然と浮き上がってきたのは表現物を通して人々に影響を与える仕事がしたいということ。具体的には、雑誌の編集者・ライターだったり、広告を作る仕事だったり。
そうした就きたい仕事が明確になっていく一方、当時の自分はまだまだ人を惹きつけられるコンテンツ作成能力やマーケティングの知識が乏しい現状に焦りを感じていました。

もちろん、独学でライディングスキルやマーケティングについて学ぶ事自体は可能だと思っています。しかし、せっかくなら同じ目標や高みを目指している仲間と切磋琢磨しあえる長期インターンという環境に飛び込んでみよう!と感じました。
というのも、今までの経験を通して私が頑張れるのは個人プレイでなくチームプレイの時だから。高く困難な目標であっても仲間のいる環境なら、踏ん張れると確信していました。

仲間との研鑽を通じて自信を成長させたい、文章に携わる仕事をしたい!という気持ちから株式会社DAUでインターンさせていただくことに決めました。

身についた考え方やスキルとは?

1番身についたのは問題解決スキル。インターンに参加するまでは、決められたマニュアル通りに行動する「アルバイト」しか経験していませんでした。そのため、主体的に考え問題を解決していく機会が少なかったです。

問題解決スキルがなく、インターン始めたての頃は失敗ばかりしていました。
特に大きな失敗は、ライターとして守るべき納期を何度も守れなかったこと。

正直、納期を守れていない状態がしんどすぎて、「もうインターンやめようかな」と逃げ腰になった時が幾度もありました。

そんな時、インターン生や役員さんに相談をすることで、自分に足りていないのは問題解決スキルだと気付いたんです。

納期を守れずモヤモヤしている時に「現状の私の一番の弱みは何か?」というやや抽象的な相談をしました。

頂いたアドバイスは、こうです。
「自分が抱いている問題を言語化し整理出来ていないから、そもそもの解決の糸口が見えていない」

抱えている問題を頭の中で解決しようとして、上手く行かず諦めてしまっている自身の状況をしっかり見抜いてくれました。

失敗をそのままにせず、「何故失敗したのか?」「その失敗を繰り返さないためのネクストアクションは?」など、問題の所在・解決策を言語化し明確化するスキルが完全に私には欠乏していたのです。

周りの方からの支えもあり、現在は徐々に問題解決スキルを身に着けられるようになりました。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

優秀なインターン生や役員さん4.5人からアドバイスを貰い、「振り返るクセ」を付けるようになったからだと思います。

失敗をしてしまうと、「まぁ次から気を付ければいっか」「失敗とか二度と思い返したくもない」など、逃げ腰になってしまうことが多くあると思います。
少なくとも、私は失敗から逃げててしまう側の人間でした(笑)

しかし、インターンを通じて「何故失敗してしまったのだろうか?」「次失敗しないために何を気を付けるべきか?」など、徹底的な振り返りの重要性を再認識しました。

もちろん、インターンを始める前も心の隅では「振り返ることがいかに重要か」気付いていたと思います。

インターンを通じて、明確に「振り返ることの重要性」に気づけたのは、”責任の重さ”自分の立場の明確さ”が今まで以上にはっきりしたおかげです。

いってしまえば、それまでは失敗を振り返らなくてもやり過ごせる生ぬるい環境ですごしてきました。

しかし、インターンは「次から気をつけよう」が通用しない”社会人”と等しい環境。

毎回振り返り、立ち止まり、自分の仕事に軌道修正をかけていくことが、不可欠です。

このように振り返りのクセを定着化できたのは、DAUの職場環境のおかげだと思っています。

記事を執筆ごとに振り返りをする時間が設けられていたり、月ごとにチームで振り返りのミーティングをおこなっていたり、”問題にしっかり向き合い、次に活かしていける環境”が用意されています。
振り返りのクセが定着することで、失敗に対するマインドも大きく変化し、「失敗は忘れるものではなく、次に活かしていく過程でしかない」と考えられるようになりました。

これから挑戦したいこと

インターンで身につけたマーケティングスキルを活かして、人々の生活や人生に少しでも影響を与えられるようなコンテンツを生み出していきたいです。

高校時代から掲げていた夢は「編集者になって文章のすぐそばで仕事をしていきたい」というものでした。

しかしDAUのインターンを通じて、マーケティングの奥深さ、Webコンテンツ制作の奥深さに気付きました。
今まで、私が何となく触れてきたメディアやコンテンツの裏側を知れたのは人生の大きな糧となったと思います。

そうした経験から、文章にとどまることなくマーケティングスキルを活かして「人々の人生や生活を豊かにしていくコンテンツを生み出せる人材になりたい」と感じるようになったのです。

そのためには、まずDAU内での中間目標として検索結果の上位に必ず表示されるようなWeb記事を輩出し続けることを掲げていきたいと思います。

ユーザーの人生に影響を与えられるようなコンテンツは、より多くの人々の目に止まる記事である必要がありますから。



三神亜依のストーリー
ライティングだけじゃない!人としてのステップアップも成し遂げられたインターン生活
この記事をSNSでシェアしよう
三神亜依ってどんな人?

早稲田大学政治経済学部3年の三神亜依です。 文章に携わるお仕事を経験したい、という思いから株式会社DAUの長期インターンに飛び込みました。

会社名
ユニークキャリア株式会社
業界
広告/PR WEB
職種
ライター
学校
早稲田大学 政治経済学部
学年
学部3年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • アイデア創造スキル
  • 問題分析スキル
  • 仮説検証スキル
ユニークキャリア株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア