応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2022.02.13
インターン生
小田愛子
小田愛子さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
小田愛子
学校
島根大学 法文学部
学年
学部2年
職種
ライター
勤務期間
2021-03-19 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

私がインターンシップを始めた理由は、やりきった経験がほしかったから。
大学1年の春、大学受験に失敗した経験から大学生の間に必ず結果を残したい!と考えるようになりました。いわゆる「成功体験」を持ちたいと考えたのです。
初めは学生団体に入ることや、大学の編入試験を受けて高校時代の志望校に入り直すなど、様々なことを考えました。その時から長期インターンシップも1つの手段として考えていました。しかし大学に入学した年からコロナウイルスが大流行。思うように動けない日々が続いて、いつの間にか熱も冷め、授業を見る→寝るの繰り返しの生活を送っていました。
そんな自分では駄目だと思い、1年後期に一念発起。その頃から持て余していた時間を使ってできること、限られた時間・環境を有意義に使う方法は「社会に出ても使えるスキルを身につけることではないか」と思うようになりました。そこでインターンシップに絞って、自分を高められる場所を探し始めることに。私は地方に住んでいるため、対面開催するものや企画・営業等コミュニケーションが必須なインターンシップは無理だと考え、始めから絞って検索をかけ始めました。オンラインでできるインターンを探しまくり2ヶ月。
今のインターンシップ先「DAU」に出会います。
要項を見た瞬間、自分が求めていた環境はココにある!と思い即応募。
結果ご縁があって、DAUにお世話になることができました。

パソコンで作業しています

身についた考え方やスキルとは?

身についたスキルは大きく分けて3つあります。
1つ目は「とりあえずやってみる」。私が典型的な完璧主義だと気づいたのは、インターンシップを始めてからです。100%のものを出さないといけない意識、また自分から分からないことを聞けず自己解決しようとする癖があり、ディレクターさんと意思疎通ができず沢山ご迷惑をおかけしてしまいました。とりあえず出してみる、聞いてみる、できている人を真似てみるといった行動はとても大事です。100%じゃなくてもアウトプットを出して、分からない時は恐れず聞くのは悪いことではないのだなと学びました。
2つ目は「PDCAを回す力」。昔から反省をしない人生を送ってきました。私が定義している「反省」とは駄目だったなと思うだけではなく、なぜだめだったのか?どこがだめだったのか?根本の原因を探り、今からできる新たな解決策を生み出すことです。DAUで働いていく中で、反省→ネクストアクションを生み出す力を養えました。3つ目は「報連相」です。これも自分はできていると思っていましたが、さっぱりでした。報連相ってただやればいいのではなく、自分の予定やキャパ、締め切り等様々な点を考慮しなくてはいけません。自分の予定もキャパも把握できない自分にとって、報連相は難しいタスクの1つでした。今ではタスクを完遂すること、つまりゴールから考えて計画を立て、できなければ適宜報告し対策を打つようにしています。

Oviceで会話中

なぜその考え方やスキルが身についたのか

インターンシップで求められている力であり、そして自分自身が身に付けないといけない力だと思ったからです。私が所属しているDAUは、記事を監修してくださっているディレクターさんや一緒に頑張っている仲間が全国各地にいます。作業ややり取りは全てオンライン上です。自らコンタクトをとっていかないと意思疎通がうまくいきません。面と向かって毎日会話ができる時よりも、詳細に、そして些細なことを報告する必要があったり、報告した方が作業が円滑だったりする時があるのです。例えば予定が入っていて一日仕事をしないと決めていたなら作業しない旨を予め伝えておけば、上司も状況を把握して作業ができます。
他にもこのインターンシップを通して何を報告してどんなことを伝えると作業が捗るのか、といった問いを持って行動する、そして相手を考えて作業することが仕事をしていく中でとても大事だと気づきました。したがって、以前よりも思考する時間が増え、PDCAを回したり、報連相する癖が身についたと感じています。

インターン生と談笑中

これから挑戦したいこと

まずはライティングで結果を出します。検索順位1位の記事を2桁以上生み出して、DAUの戦力になります。またDAUの3つのバリューの1つ、特にEnjoy Unique!を大切にして、たった1人のユーザーに情報を届けるつもりで記事を書きます。DAUに還元できる力を持って恩返しがしたいです。
次にライティングで培った経験を生かして、就職活動を頑張りたいと思っています。将来やりたいことが中々明確に定まらなかったのですが、最近やっと「人に伝えること」「良いものだと知ってもらう=広報活動」ができる仕事をしたいなと思うようになりました。ライティングの力、言語化能力を十分に発揮し、自分の魅力をうまくPRして就職活動を進めていただきたいです。

インターン生と勉強会

小田愛子のストーリー
DAUに入って得た知識と経験
この記事をSNSでシェアしよう
小田愛子ってどんな人?

島根大学法文学部法経学科2年。ライター歴約1年程度。フルリモートで長期インターンにコミット中です。

会社名
ユニークキャリア株式会社
業界
広告/PR WEB
職種
ライター
学校
島根大学 法文学部
学年
学部2年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 論理的表現スキル
  • 問題分析スキル
  • 仮説検証スキル
ユニークキャリア株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア