バイトの時間をキャリアに

応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.01.25
インターン生
石橋壮太

圧倒的裁量権。知識0からインターン生だけで新規メディアを立ち上げる。

この企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
石橋壮太
大学
京都大学  経済学部
学年
学部4年
職種
企画
勤務期間
2018-10-05 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

このエン・ジャパンでのインターンをはじめた理由は主に2つあります。

1つ目に、社会人になって活躍するための下地作りをしたかったこと、2つ目に学生のうちに自分の手で何か新しいものを立ち上げる経験をしておきたかったことです。

大学4年生になり、就活も終わり、時間が豊富にある中で、「今のうちに社会人経験を積んでおきたい!」という思いがありました。というのも、就活を経て、自分はまだまだ社会人として活躍できるほどの知識も経験もないということを痛感したからです。そこで、給料ももらえて自分のスキルもつく長期インターンを探していました。

そこで見つけたのが、エン・ジャパンという大手人材企業で新規のメディア立ち上げに関わることができるこのインターンでした。ここでスキルを磨き、さらに自分の手で新しいメディアを作ることができるという魅力に惹かれ、インターンを始めました。

身についた考え方やスキルとは?

インターンを通して学んだことは数え切れませんが、特に下の3つのスキルが身についたと感じています。

1つ目にマーケティング視点でメディアを動かしていく力です。具体的には、「どのセグメントのユーザーをターゲットにするのか」「どうやったらユーザーに読んでもらえる記事を作れるのか」などを考えた上で、メディアを作り上げています。

そこではマーケティングの基礎知識も必要なので、常にインプット・アウトプットを続けています。今までマーケティングの分野に関しては、私はなんとなく用語を大学で習った程度で、どういう風に使っていくのかがわかりませんでした。しかし、このインターンを通して、実務レベルでマーケティングスキルが身についていると感じています。

2つ目に0から1をつくる力です。新規メディア立ち上げのため、やることがほとんど決まっておらず、自分たちでやるべきことを見つけて仕事を進めていかなければなりません。

戦略策定や記事の企画、マニュアル作成など、0から自分たちで作っていかなければならない部分が多くあります。うまくいかないことも多々ありますが、トライアンドエラーを繰り返しながら、新しいものを作り出していく力はついてきていると思います。

3つ目にチームマネジメントスキル、人を動かす力です。メディア立ち上げは自分1人の力ではできないので、周りのインターン生や上司、場合によっては社外の方も動かさなければなりません。そのため、「どうやったらこの人は動いてくれるだろうか」、「どうやったら自分の考えが正確に相手に伝わるだろうか」などを常に意識して仕事をしています。これも試行錯誤を続けながら、自分なりに周りを動かしていく力を身につけています。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

スキルが身についた理由として一番大きいのは、「スキルを身につけざるを得ない状況だった」からです。

このメディアの立ち上げは、ほとんどインターン生のみでやっています。そのため、自分たちで勉強をして、それをプロダクトに落とし込んでいかないといけませんでした。もともとメディアに関する知識は0に等しかったため、基本的な知識のインプットを欠かさずに行い、挑戦と失敗を常に繰り返しながらメディア立ち上げに挑んでいます。

ただ、オフィスは風通しの良い雰囲気で、周りの社員さんに気軽に相談できる雰囲気があります。そのため、慣れないことも多かったですが、安心して仕事をすることができました。

また、インターン生だけでやっている自分たちの考えがそのままプロダクトに反映されることや、日々自分が成長していくにつれてプロダクトの価値も上がっていくことがやりがいになっています。圧倒的な裁量権があるからこそのやりがいと、難しさの両方を感じています。

インターン仲間とディスカッション中

これから挑戦したいこと

これから挑戦したいことは主に2つあります。

1つ目は、組織マネジメント体制の確立です。メディアを立ち上げるにあたって、それを継続して続けていく組織作りが必要になってきます。自分が卒業した後も、継続して良質な記事を上げ続けられるような組織体制を築いていきたいと思っています。

2つ目は、メディアの新企画の提案です。読者の方々に継続的に記事を読んでもらうためにも、読者を飽きさせない工夫が必要です。そのために、何か新しいシリーズを企画しようと思っています。それを行うためには、自分の知識を蓄える必要や、周りの人を動かしていく必要があると思っているので、失敗を恐れずにどんどん挑戦していきたいと思います。

このほかにも、0→1の仕事ならではの課題がたくさんあるため、それらを乗り越えていかねばならないと思っています。1つ1つのハードルを飛び越えて、このインターンを通してもともっと成長したいです。

石橋壮太のストーリー
圧倒的裁量権。知識0からインターン生だけで新規メディアを立ち上げる。
この記事をSNSでシェアしよう
石橋壮太ってどんな人?

エン・ジャパン株式会社 新卒iroots事業部 新メディア メインディレクター。京都大学経済学部在学中。大学時代は学生団体に所属し、30人規模の支部代表、600人規模の人事部門のマネージャーを経験。座右の銘は「やらずに後悔よりやって後悔」趣味は一人旅で全都道府県制覇まであと2県。好きな都道府県は沖縄県。好きな国はラオス。

会社名
エン・ジャパン株式会社
業界
教育 人材
職種
企画
大学
京都大学  経済学部
学年
学部4年
内定先
人材系大手
規 模 1000~2999
業 界 人材
特 徴 20代で海外赴任可能 / 新規事業あり / 社会貢献
インターン先で特に磨かれたスキル
  • イノベーターシップ
  • 信頼構築スキル
  • 一般化スキル

石橋壮太の性格・価値観 診断結果

性格特性

  • 主体性
    自ら積極的に責任をもって動く 58
  • 変革性
    現状に満足せず、変化・変革を好む 67
  • 外向性
    活動的に人と関わる 45
  • 持続性
    粘り強くやり続ける 35
  • 協調性
    周囲との調和を好む 39

キャリアタイプ指向性

81 83 75 77 39 33 63
  • 経営幹部
    81 様々な人の力を結集して成果を生み出し、組織の期待に応える
  • アントレプレナー
    83 自らの力で障害を乗り越え、何か新しいものを創り出す
  • チャレンジャー
    75 困難と思える問題の解決や手ごわい相手に打ち勝とうとする
  • 自立
    77 組織のルールに縛られず、自分のやり方で仕事を進める
  • スペシャリスト
    39 特定の分野内で自分の能力や技術を磨き、自分らしさを確立する
  • 安定思考
    33 組織内で、安定したキャリアや処遇を好む
  • 私生活重視
    63 仕事よりも、プライベートの充実を目指す
  • 社会奉仕
    71 自分の求める社会の実現や他者の救済に役立つことに関わる
石橋壮太のストーリー
圧倒的裁量権。知識0からインターン生だけで新規メディアを立ち上げる。
この記事をSNSでシェアしよう

このストーリーを読んだ人は こちらのストーリーも読んでいます

百聞は一見に如かず! 自分のやりたいことなんて、やってみなきゃ分からない!
百聞は一見に如かず! 自分のやりたいことなんて、やってみなきゃ分からない!
  • R.S
  • 法政大学 学部3年
2018.12.16

百聞は一見に如かず! 自分のやりたいことなんて、やってみなきゃ分からない!

株式会社GAGEX
ゲーム/IT/ソフトウェア
バイトの代わりに始めたインターン。そこで思わぬ気づきと自分。就活を始める前・後どちらの人にもおすすめの会社です!
バイトの代わりに始めたインターン。そこで思わぬ気づきと自分。就活を始める前・後どちらの人にもおすすめの会社です!
  • DN
  • 早稲田大学 学部6年
2019.02.13

NEW

バイトの代わりに始めたインターン。そこで思わぬ気づきと自分。就活を始める前・後どちらの人にもおすすめの会社です!

株式会社インベストメントブリッジ
コンサルティング/金融
ゼロから学ぶ、「プレ社会人」として
ゼロから学ぶ、「プレ社会人」として
  • MN
  • 東京大学 学部4年
2019.02.04

ゼロから学ぶ、「プレ社会人」として

株式会社インベストメントブリッジ
コンサルティング/金融
外資系投資銀行を目指して、基礎を学ぶためにインターン開始。しかし様々な出会い・体験で私の考えは変わった。
外資系投資銀行を目指して、基礎を学ぶためにインターン開始。しかし様々な出会い・体験で私の考えは変わった。
  • そね
  • 上智大学 学部4年
2019.01.28

外資系投資銀行を目指して、基礎を学ぶためにインターン開始。しかし様々な出会い・体験で私の考えは変わった。

株式会社インベストメントブリッジ
コンサルティング/金融
石橋壮太が働くエン・ジャパン株式会社に興味がありますか?

エン・ジャパン株式会社の求人情報はこちら