バイトの時間をキャリアに

応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.01.24
インターン生
タムラ
この企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
タムラ
大学
駒澤大学  文学部
学年
既卒
職種
人事・広報
勤務期間
2018-07-25 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

私がインターンを始めたきっかけは、"第一志望の会社に内定を頂いた"ことです。
正直、内定を頂いた後は社会人になるまで、自分の趣味などに時間を使ってゆったりと過ごす予定でした。しかし、内定を頂けた嬉しさがあまりにも大きすぎて、「就職するまでの時間を大切にしないと!」と思うようになりました。
私は物事に熱中してしまう性格でして…大学生になって始めた飲食店のアルバイトに多くの時間を打ち込んできました。責任を伴う立ち位置で働くことが多く、頼られることにやりがいを感じながら、それなりに充実感を味わいながら楽しい学生生活を送っていました。
ですが、就職活動が終わり、ふと立ち止まってみると「このままの状態で社会に出て大丈夫か」と不安な気持ちが生まれたんです...。
しかしですね!ポジティブなところが私の長所です!「今出来ることは何か」「社会人になるスタートとなるラインを一歩でも前に出よう」と考え、今に至ります。手段としてインターンを選んだのは「企業に属して仕事をすること」がどのようなことなのか学びたかったことが大きな理由です。

身についた考え方やスキルとは?

インターンを始めて半年が経ちます。
仕事に関するぼやーとしたイメージも今では見えてきたような気がしますが、私が見ているこの世界も「視野が狭いもの」だと毎日気付かされる程、日々学ぶこと・気付かされることだらけです。
その中でも身についたなと感じる考え方・スキルは大きく分けて2つあります。
1つ目は「手段を目的化しない」ということです。
言葉にすると簡単なことのように感じますが、業務に追われ、仕事が増えてくるに連れ日々の仕事を淡々と熟してしまいがちです。「今の優先順位は何か?」「熟すことが本当の業務なのか」「毎日業務に追われていても結果が出なかったら意味がない」ということ。
仕事の本質・ゴールを常に念頭に置き行動することの大切さを改めて気づくことが出来ました。
2つ目は「既存改善発案力」です。
現状に満足せずに、もっと改善できる箇所はないか、今より良くするためにはどうしたらいいのか、現状と目指すゴールの距離を照らし合わせて改善を図るよう行動することが出来るようになりました。

まだまだ学ぶことだらけです...!沢山の経験をさせて頂いている今の環境に感謝しながら1つでも多くのものを吸収できるようこれからも取り組んでいく次第です!

なぜその考え方やスキルが身についたのか

身についた理由としては2つの大きな理由があります。
まず1つ目は何と言っても「私を伸ばしてくれる先輩社員の存在」です!
私が100%の力で取り組んだとしても「ここはどうなっているの?」「もっとこうしたほうがいい」と私の足りないものをその都度指摘してくれます。その度に「この!!!」と思うと同時に「もっとこうすれば良かったな」「次はこうしよう」と改善を積むことが出来ていると感じています。また、「挑戦してみることは無料だよ!どんどんまねしてやってみな!」と、背中を押してくれます。現状維持で留まるのではなく、次のステップに進めてくれる先輩方、この環境こそが私を成長させてくれる大きな理由です。
そして2つ目は、時間が限られているという"リミット"があるからこそ「1つでも多くのものを吸収したい」という思いです。私は、「成長の伸びしろは自分で作る」と考えております。何事も"自分の取り組む姿勢次第"ということです。
電話対応が苦手なので、自分の仕事を行いながらも隣の席に座っている他の部署の方の話し方に耳を傾け真似してみる。採用担当としての視野を身につける為、担当部署の方が記入した面接後の感想・評価に全部目を通す。などなど...

インターンを始めてからの半年間、とても楽しく充実した日々を送っています!
就職するまでの残りの日数も無駄にすることなく過ごしたいです。

これから挑戦したいこと

私の夢は「感化力のある存在となり企業・従業員の将来に貢献すること」です。感化力とは、簡単に言うと"相手に影響を与える力"という意味です。
私が、採用職をやりたいと思うようになったのも「就職という人生の重要な選択に関われる仕事」「自分自身の魅力がダイレクトに影響する仕事」「自分自身以外のリソースを活用し全体をプロモーション出来る仕事」という点に魅力を感じたからです。
私はこの夢に近づく為に、まずは「第三者から見た私の印象・人柄をしっかり理解すること」が必要であると考えております。会社の顔になりたい!と言う割には、他人から映る「私」が把握出来ていないなと感じたからです。就職活動を行った際に自己PR等を作成したので、自己分析が出来ている気でいましたが、組織に属し働いてみるとまた違った視線から自己分析を深められることを知りました。
挑戦とは、少しずれてしまうかもしれませんが...
これからのインターンを通して、「感化力のある存在」に近づけるよう、第三者の視線から「私」を捉え直し、自分を変えていきたいです!

タムラのストーリー
感化力のある存在へ
この記事をSNSでシェアしよう
タムラってどんな人?

こんにちは!駒澤大学を9月に卒業した、田村です。卒業前の8月からインターンとして働かせて頂いております!入社して半年になりますが、充実した日々で、毎日楽しく働かせて頂いています!

会社名
CALL FORCE株式会社
業界
コンサルティング 通信
職種
人事・広報
大学
駒澤大学  文学部
学年
既卒
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • エンジョイシンキング
  • 改善発案スキル

この企業のストーリー

決意の就活浪人。ここでのチャレンジが私を変えた!
決意の就活浪人。ここでのチャレンジが私を変えた!
  • ももこ
  • 青山学院大学 学部4年
2018.12.16

決意の就活浪人。ここでのチャレンジが私を変えた!

CALL FORCE株式会社
コンサルティング/通信
ここでなければ出来ないことがある。 『圧倒的成長』を求めて。
ここでなければ出来ないことがある。 『圧倒的成長』を求めて。
  • たけ
  • 一橋大学 学部1年
2018.12.16

ここでなければ出来ないことがある。 『圧倒的成長』を求めて。

CALL FORCE株式会社
コンサルティング/通信
どんな会社でも即戦力となれる力をつける! 挑戦し続けるベンチャー企業でのインターンで得られた力
どんな会社でも即戦力となれる力をつける! 挑戦し続けるベンチャー企業でのインターンで得られた力
  • K K
  • 横浜市立大学 学部3年
2019.01.25

どんな会社でも即戦力となれる力をつける! 挑戦し続けるベンチャー企業でのインターンで得られた力

CALL FORCE株式会社
コンサルティング/通信
インターンシップというチャレンジをして初めて分かることがある!
インターンシップというチャレンジをして初めて分かることがある!
  • R.A
  • 明治大学 学部2年
2019.02.04

インターンシップというチャレンジをして初めて分かることがある!

CALL FORCE株式会社
コンサルティング/通信

このストーリーを読んだ人は こちらのストーリーも読んでいます

考え方・スキルが身についたストーリー
考え方・スキルが身についたストーリー
  • コバヤシ
  • 大阪大学 学部2年
2018.12.16

考え方・スキルが身についたストーリー

タスク・フォースグループ
教育/コンサルティング
ビジコン敗退からスタートアップでのインターンへ。 リアルな企業作りで学んだこと
ビジコン敗退からスタートアップでのインターンへ。 リアルな企業作りで学んだこと
  • 藤岡
  • 一橋大学 学部2年
2018.12.16

ビジコン敗退からスタートアップでのインターンへ。 リアルな企業作りで学んだこと

スタディスタジオ株式会社
教育/WEB
学生NPO団体で活動していた僕が、急成長スタートアップで長期インターンを始めたわけ。
学生NPO団体で活動していた僕が、急成長スタートアップで長期インターンを始めたわけ。
  • 藤澤昌平
  • 神戸大学 学部3年
2019.02.19

NEW

学生NPO団体で活動していた僕が、急成長スタートアップで長期インターンを始めたわけ。

株式会社POL
人材/IT/ソフトウェア
タムラが働くCALL FORCE株式会社に興味がありますか?

CALL FORCE株式会社の求人情報はこちら