応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2021.04.09
インターン生
よしき
よしきさんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
よしき
学校
中央大学 商学部
学年
学部4年
職種
コンサルタント
勤務期間
2020-10-01 〜 現在

インターンを始める前の自分

私がポートでインターンを始めたのは大学3年の10月です。

3年の5月中旬から就活はしていましたが、不安と物足りなさを感じていました。
何故かと言うと、周りの優秀層と比較していたからです。
SNSアプリのTwitterで@22卒と検索すると優秀な方が大勢います。
それを見て、「自分はこんなもんでいいのか…」と自問自答をしていました。

そんな時、高校時代の友人からインターンの誘いを受け、この機会を逃すわけにはいかないと思い、即座に引き受けました。

自分の成果次第で給料が変わる。これは自分にとって好都合な給与制度でした。さらに最低限度の時給も設定されているため、この長期インターンなら継続して頑張ることができると確信したのです。

仕事中の自分です....(笑)

インターンを通じてどんな風に成長したか

インターンを通じて自分が成長したと感じるポイントは3点あります。1点目は仮説検証能力、 2点目は傾聴力 、3点目は論理的思考能力です。それぞれ1つずつ具体的に説明します。
①仮説検証能力
仮説検証とは仮の答えを持ち、それを検証しながら肉付けしたり修正してビジネスを進めようとする考え方です。事実や相手が言ったことに対して自分で仮の答えや疑問を持つことで違う角度から考えることができるようになります。
実際に相手がAということを言った時に、そのまま受け入れるのではなくBということもあるのではないかと仮説を立て、相手との会話中に検証していくことでおのずと仮説検証能力が養われました。事実に対し、常に疑いの目を持って取り組むことが大事だと思います。
②傾聴力
傾聴力とは人の話を聴く能力です。相手との関係構築において傾聴力は非常に大事になってきます。どのように大事になってくるというと相手の話を引き出す際に必要になってきます。質問したり合いの手を入れたりすることによって「この人は自分の話に興味をもってくれている」と思ってもらえ、好印象を与えることができます。
相手と会話中に褒めたり、質問したりすることで空間的距離を縮め、相手との会話がスムーズになります。
実際に初めて電話で話した方から「守屋さんと話したおかげで就職活動頑張れそうです」と言われる程になりました。
③論理的思考能力
論理を追って、きちんとした筋道を立て考えるさまです。相手に何かを伝える際、端的にわかりやすく伝える能力です。これができていないと相手に自分の言いたいことが理解されなくなってしまう可能性があります。特に就職活動においては結論ファーストで論理的に話すことが求められます。
また、インターンを通じて、論理的思考能力が最も身についたと考えています。なぜなら、電話は顔やジェスチャーが使えず、声のみで相手を説得せざるを得ないからです。相手にいかにわかりやすく伝えるかを常に考え臨んでいたことが能力向上に繋がったと思います。

上記3点が成長したと実感しています。

その理由として、最終的に第一志望のコンサルティング会社に内定を頂くことができたからです。
論理的に話すことができること、スマートさを感じると面接担当の方から評価を頂きました。
このインターンを行う中で日々相手に論理的にわかりやすく話すことを心がけていたので、自然と面接でもできたのではないかと思います。
また、就活において、どれだけ難しい資格や学歴があったとしても自分の考えていることを相手に伝えることができなければ、すぐ落とされてしまいます。そういった意味でポートでのインターンは私にとって非常に役に立ったインターンであったと思います。



仕事中の雰囲気です。息抜きに他のインターン仲間と雑談したりもします!

成長できた理由・要因は?

私が成長できた要因は、2点あります。

1点目は、一緒に働くメンバーのレベルが高いことです。
私は環境に依存しやすいタイプで負けず嫌いの性格があります。
そのため、日々数字を追われる仕事は刺激的でした。
常に自分より成績を上げている人がいて、今日は調子良いと思っても勝てない程実力のある方が多く在籍しています。そのようなメンバーがいるからこそ闘争心が燃え、成績を上げ続けることができました。
また、メンバー間や社員との距離も近く、和気藹々とした雰囲気です。そのため自分が抱えている悩みの相談やアドバイスをもらえる機会が多く、その分成長することができます。

2点目はインサイドセールスという特性です。
インターンでは見ず知らずの学生に電話をします。
さらには電話のためお互い顔が見えません。
皆さんも見ず知らずの人から電話がかかってきたら、警戒しますよね?
その不信感をどう上手く取り除くかが腕の見せ所です。
この不信感を取り除くことにおいていくつか必要な要素はありますが、
私が考えるに先ほど挙げた3つのポイントが重要になってくると考えています。
これがインサイドセールスの難しさでもあり自分を成長させてくれる特性です。
電話の数をこなすことで徐々に力がついていき、
さらに、給料も普通のバイトでは考えられない程になりました。

実は仲良しなんです…(笑)

私にとってインターンとは

能力を上げながらも給料がもらえる最高な場所です。

インターンを真剣にやることができたから自分に自信がつき就職活動も軌道に乗ることができました。
さらには自分のスキルが上がることによって給料もどんどん上がっていきます。
ただ、最後に勘違いしてほしくないことが一つあります。


それは、
インターン=成長させてくれる環境ではなく
インターン=成長できる環境
ということです。
正直なところ、インターンに行けば成長できるという受動的な考えだと成績も出ないですし、就活も上手くいきません。必要なのは常に「なぜ?」を考え、自分の行動1つ1つに意味を持たせることです。そうすることできっと自分の思い描いていた成長、もしくは想像していなかった成長をすることができると思います。

皆さんにとってポート株式会社で長期インターン生として働くことが
最適な決断であったとなることを心から楽しみにしています。

インターンで貯めたお金でユニバに行きました!!

よしきのストーリー
悩んだり不安になるなら行動すればいい!!
この記事をSNSでシェアしよう
よしきってどんな人?

こんにちは! 中央大学商学部に所属しています。 就活は5月から始め2月後半に内定を頂き、就職活動を終えました。現在は社会人に向け、論理的思考トレーニングやTOEICの勉強に取り組んでいます。

会社名
ポート株式会社
業界
広告/PR IT/ソフトウェア
職種
コンサルタント
学校
中央大学 商学部
学年
学部4年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 積極的傾聴スキル
  • 論理的表現スキル
  • 仮説検証スキル
ポート株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア