応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2021.04.01
インターン生
奥林 眞菜
奥林 眞菜さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
奥林 眞菜
学校
近畿大学 国際学部
学年
学部4年
職種
営業
勤務期間
2021-03-29 〜 現在

インターンを始める前の自分

私がこのインターンに参加したのは3回生の1月です。

それまではバイトを3つ掛け持ちし、お金が溜まったら趣味の海外旅行へ行く。
それ以外の日常は、バイト終わりに友達と夜な夜な遊ぶ。大学は大卒という資格を取得するために入学したため、単位はフル単。
ただそれ以外はひたすら遊びに没頭。そんな毎日の繰り返しでした。

何事も割とうまくいった人生で、特に挫折経験がなかったのも、今思えばそれだけ何かに本気で取り組んだ事がなかったからかもしれません。

ただ当時の私は、そんな自分が誰よりも1番キラキラしていて「THE 華の大学生」だと思っていました。

そんな毎日を過ごして行く中で、気づけば3回生の冬。
何も手を付けていなかった就職活動への焦りが日に日に増していました。
そんな時に友達の紹介で出会ったのがこのインターン。

最初は何かしらの形で就職活動をサポートしてもらえて「ラッキー」くらいの感覚で参加していました。

大学2回の時に行ったプーケットです。この時もトラと写真撮ってる自分キラキラしてるって思ってました。笑

インターンを通じてどんな風に成長したか

一言で表すと「人として変化した」ことです。

上記でも書いてる通り、インターンに入る前の私は毎日バイト、毎日夜遊び、親の心配も無視するような本当にポンコツ人間でした。笑

ポンコツをもっと当時の私で言語化するなら、何事に置いても優先は自分が一番で、相手の気持ちを考えれないようなわがまま人間でした。

そんな私が変われたと思うきっかけは、間違いなくここのインターンで関わらせて頂いた人達のおかげです。

私が辞めたいと逃げ出そうとした時も、常に寄り添ってくれた上司。常に行動し続けていて周囲を巻き込む同期達。どんな時でも味方で居てくれた代表。

入社して1年以上が経ちますが、ここまで続けてこれたのは、間違いなくあんなにわがままだった私を見捨てずに側にいてくれた「仲間」の存在のおかげです。

ポンコツだった私でも、最初は就職活動を見てもらうためだけで参加したインターンに対して、気づけば「こんなに大切な仲間がいる組織をもっと良くしたい」そう思うようになっていました。

それは自分を1番と考える性格から、相手の気持ちや意見を理解して何を優先するべきかを考える思考力の定着にもなりました。

社内CPで行かせて頂いたカニ旅行!今ではプライベートで旅行へ行く程大切な仲間であり大好きな友達です。

成長できた理由・要因は?

私がインターンを通して成長を肌身で実感した理由はもう一つあります。
それは、「目的」と「手段」の違いを教えて頂いたからです。

これまでの私はその違いに気づいておらず、目先のゴールのためだけにひたすら何かを頑張る。そんな過ごし方をしていました。

しかし、就職活動やインターンを通して、自身の将来のなりたい姿が明確になりました。それは「働くお母さん」になる事です。

私の中での働くお母さんとは、自分の子供がある程度成長し、手から離れても大丈夫な年頃になった時に、子育てにも仕事にも余裕を持ってサポートしてあげられるお母さんを指します。

そうなるためには、社会人になってからでは遅い。
この学生の期間だからこそ出来る事を見つけて、行動に移さなければならない。いつしかそんな事を考えるようになっていまいた。

今では、自分のビジョン(目的)を叶えるための通過点(手段)として、毎日掲げた目標に対して楽しく仕事に取り組むようになりました。

この「目的」と「手段」の違いを切り分けて考えるようになってからは、自分のしなければいけないことが明確になり、行動量が莫大に増えたと感じています。

自分のするべき事が明確になってからは仕事も遊びも100%で楽しんでいます!ちなみに趣味はカフェ巡り!

私にとってインターンとは

自分を変えるきっかけを与えてくれた魔法のような場所です。

私のこれまでの人生で、後悔した事がないかと聞かれたら「ない」と言い切る事は正直出来ません。
ただ、このインターンに入ったことには自信を持って「後悔はない」と断言できます。

それだけ私にとって、大切で貴重で当たり前ではない居場所です。

あとこれは余談になるのですが、実は私、2021年の3月で大学を卒業し4月から就職の予定でしたが、入社が秋からに変更なったため、それまでの6ヶ月間このインターンに残らせて頂くことになりました!

私からすると、社会人として働くための準備期間が伸びたため、秋までの残りの半年がワクワクして仕方がないです!

私は入社までの残りの半年を、その半年を楽しむために過ごすのではなく、長い目でみた自己の成長のための半年になるように、全力で1日1日を過ごしていこうと思っています。

今まではたくさんの機会を与えてもらっていた側から、これからはたくさん与えてあげられる人になりたいと思います。

最後までご閲覧頂き、ありがとうございまいした!

私よりも先に4月から社会人として働く仲間達!!

奥林 眞菜のストーリー
「THE 華の大学生」から抜け出すきっかけを与えてもらえた場所
この記事をSNSでシェアしよう
奥林 眞菜ってどんな人?

趣味は、 海外旅行・カフェ巡り・スノーボード・ギターです! 暇があればギターで弾き語りしてます! 趣味をしている自分と、仕事をしている自分が大好きなポジティブ人間です。笑

会社名
EMILEAD株式会社
業界
広告/PR コンサルティング
職種
営業
学校
近畿大学 国際学部
学年
学部4年
内定先
Retty株式会社
規 模 100~299人
業 界 飲食
特 徴 起業家輩出 / 新規事業あり / 女性管理職
インターン先で特に磨かれたスキル
  • ギブアンドテイク
  • 信頼構築スキル
  • 論理的表現スキル
EMILEAD株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア