応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2018.12.16
インターン生
たけ

ここでなければ出来ないことがある。 『圧倒的成長』を求めて。

たけさんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
たけ
学校
一橋大学 商学部
学年
学部1年
職種
営業
勤務期間
2018-07-28 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

大学生活では、将来の夢である起業に役立つようなことをしてやろう思い、一橋大学に入学しました。しかしいざ始まってみると目の前の課題などに追われてしまい、なかなか思い描いていたような大学生活が送れていませんでした。これではダメだと感じ、夏休みに思い切って長期インターンに応募しました。

インターンをはじめるに至った理由は4つあります。

1つ目にインターンでの新規事業立ち上げ経験が、起業に絶対に活きると思ったからです。

2つ目に大学生のうちに営業職を経験したかったからです。将来営業をやる可能性もあると思います。早くから活躍できるよう、どのように話せば人の心を動かせるのか学びたいと思いました。

3つ目に大学1年のうちに社会を知り、社会人としての常識を身につけたかったからです。バイトではお客さんにも上司にも所詮バイトとしてしか扱われません。一方インターンではいち社会人として振る舞う必要があるため、よりリアルに社会人としての経験が出来ると思いました。

最後に、志の高い仲間に出会えると思ったからです。私の大学では似たような人種の学生が多く、自分から積極的に夢や目標を追っている人は少ないと感じていました。ですのでインターンで高い目標を持ち、達成のために努力している人たちと刺激し合い、切磋琢磨していきたいという思いがありました。

共通して言えるのは、とにかく成長したいという気持ちです。

身についた考え方やスキルとは?

身についたスキルは大きく分けて2つあります。
・営業スキル
営業というのは感覚的なセンスも大切ですが、論理的に頭で考える部分がとても大きいです。お客様はどういうことを考えて、どのような反応を欲しがっているのか。研修で心理学など様々な観点からロジカルに教えていただき、納得したうえで実践できています。

実働時間あたりのアポ獲得数が上がり、着実にトークスキルが身についているのを実感しています。

・社会人として成果を出すための力
ひとつは、どんな環境においても自発的に成長し成果を出していく力です。日々目の前の仕事をこなしているだけでは成果は出ません。長期目標を定め、それに基づき短期目標を設定する。

達成のために毎日の計画(PLAN)を立て、実行(DO)し、達成できたかを確認(CHECK)して、改善(ACT)していく。課題を明確にし、改善を続けることで着実に成果を出せるようになりました。


また常に数字が求められる環境で、活躍人材として不可欠なグリットも身につきました。

CALL FORCEではアポ数という形で自分の成果が数字となってハッキリと出ます。数字を求められることは凄くつらいし、結果を出せないと焦りを感じることもあります。

しかし一方で、明確な目標が立てられるという良い点もあります。設定した目標に向かって改善を続け、絶対達成してやろうと諦めずにやり切る力がつきました。

これからの人生、どんなスキルを持っていたとしても、必ず行き詰まるタイミングがくると思います。しかしここで培った自ら改善し成長していく力や、グリットがあればどんな環境でも活躍していけるのではないかと思います。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

CALL FORCEが「最高の人材輩出機関」を本気で目指しているからです。社員さんも学生たちも成長のために本気で取り組んでいます。本気でやっているからこそ悔しくて泣くこともあるし、学生同士でぶつかってしまうこともあります。

社員さんたちは毎日一時間ほどインターン生への研修のために時間を確保して下さっています。常に新しいことをインプットし、自分でかみ砕いてゆく。そして実際にアウトプットすることで理解を深め、自分のものにしていけます。

研修の内容は主にスキル面、マインド面に関する講習とテレアポのロープレです。どれも深い内容で、その全てが確実に成果に繋がっています。


チーム制度もまた、スキルや考え方を身につけられる一つの要因です。

インターン生のリーダーが中心となってチームを組み、チーム全体としての数字目標を追っています。リーダーから毎日一人ひとりに対し稼働の振り返りフィードバックがあるなど、一人で考え込むよりも早く成長できます。

他のチームとのアポイントメント数の競争もあるのでそれを楽しみながら、自分の能力を上げるために努力していけます。

これから挑戦したいこと

組織全体の目標は、現在社員さんがしている仕事を奪っていくことです。現状インターン生は主にテレアポ業務をしていますが、ゆくゆくは採用や新人教育などの業務も巻き取っていきます。

そして最終的には学生だけで組織運営の全てを担っていこうと考えています。

個人としては成果を出して役職を持ちたいです。インターン生の中で3段階の役職制度(G2→G1→プレジデント)があります。

今はまだ役職の無い一般のインターン生ですが、現在G1以上の役職を持つ人はいないので、自分が最初にプレジデントになってやろうと頑張っています。

またG2以上になると一つのチームを任せられるので、チームの部下を成長させて昇進させることも大きな目標ですね。学生のうちに部下を育成する、という経験はなかなかできないので早く挑戦したいです。

たけのストーリー
ここでなければ出来ないことがある。 『圧倒的成長』を求めて。
この記事をSNSでシェアしよう
たけってどんな人?

こんにちは。一橋大学商学部1年生のたけです。7月からCALL FORCEでインターンをやらせていただいています。大学では商学部でマーケティングの勉強などに勤しみながら、国際部という英語系のサークルでグループディスカッションをしています。

会社名
C Career株式会社
業界
コンサルティング 通信
職種
営業
学校
一橋大学 商学部
学年
学部1年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • 問題発見スキル
  • 論理的表現スキル