応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2020.12.15
インターン生
須賀 大翔

証券会社を夢見て参加したインターンシップ。そこには様々な人との出会い、体験が私を待っていた!

須賀 大翔さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
須賀 大翔
学校
専修大学 経済学部
学年
学部4年
職種
営業
勤務期間
2019-08-01 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

私がインターンを始めたのが大学3年の8月からでした。大学在学中にホテルにて接客・ビジネスマナーを学び、IT関連の一部上場企業にて新規開拓営業のインターンシップを経験し、常に“チャレンジ精神“を持って学生生活を過ごしておりました。

また、自己投資の一環として株式投資を行い、実際に投資に触れることでリアルな経済、株式市場について勉強しておりました。私自身投資を検討する際、決算短信や有価証券報告書等を参照し、情報収集をしていました。しかし、いざ読みはじめると知らない用語や難しい項目ばかりで、企業の本質を理解するのには膨大な知識と時間がかかると実感しました。


その経験から、個人投資家に分かりやすく、企業のビジョンや夢に共感を持って投資をしたいと思ってもらえるようなきっかけ作りをしているインベストメントブリッジでインターンをさせていただくことに決めました。

身についた考え方やスキルとは?

一番は「相手の目線になって物事を考え、行動する力」です。
これはどんな仕事においても通ずる事だと思います。例えば私が企業の立場なら、自社のサービスの話ばかりする人よりも、課題を把握し、解決しようと寄り添ってくれる人の方が信頼できると思います。その為には「この企業はこのサービスが良い!」「あの商品が合うのでは?」と企業に寄り添った提案をする考え方が必要である事を学びました。
その為には、ヒアリングを通じて、現状の課題を把握し、専門家として様々な課題解決に貢献するスキルが営業には必要であると学びました。
また、インターンリーダーも任されており、15人ほどのインターン生と毎月1on1のミーティングを行い、それぞれの悩みや希望をヒアリングし、より業務がしやすい環境作りやモチベーションアップに励んで参りました。特にコロナ禍では、以前よりも密にコミュニケーションが取りにくくなりましたが、その状況に屈せず、WEB会議やチャットツールなどあらゆる機会を試み、リーダーとして他を引っ張っていく力が身につきました。

世の中にはこんなにたくさんの会社があるのかと実感した一枚

なぜその考え方やスキルが身についたのか

インターネットでモノが買える時代。
営業に求められる力は「単に商品を売るのではなく、お客様の様々な悩みや課題解決に貢献するいわば“良きパートナー”としての役割」が求められます。
その為には、自社のサービスや商品について深く理解するのはもちろんの事、日頃から競合他社の動向や経済の状況などを把握し、常に幅広いモノ事に対してアンテナを張る必要があります。
また、先輩社員の方々のトークや話し方、顧客対応方法など良いと思ったものは盗み、自分の業務に取り入れた結果、約50社のアポイント獲得に貢献する事ができました。また、年間契約をしていただいた企業様も数件あり、私はインターンを通じて会社の売上だけでなく、企業の発展・成長、課題解決に貢献する事が出来たと実感しております。
まだまだ未熟ではありますが、「相手の目線に立っての物事を考える力」、「今の現状に慢心せず、常に上を目指して動くマインド」を身につけられてきていると感じています。

インターンの経験を糧に死に物狂いで励んだ就職活動!

これから挑戦したいこと

今後挑戦したいことは「新規開拓営業のエリア拡大」です。
近年、企業は単に利益を上げるだけではなく、ESGに配慮した経営モデルの必要性が求められています。また、あらゆるステークホルダーに対して公平性かつ適切な情報開示が必要になっており、率先して行っている企業も増えてきましたが、未だ手つかずの企業も多いのが現状です。
コロナ禍において訪問営業が難しくなった反面、以前よりオンラインを通じてミーティングや商談する機会が増えてきました。それは決してマイナスな事でないと私は考えます。今まで往復何時間かけて伺っていた担当者の方々に、オンラインを通じて気軽にいつでも話をする事ができる。また都心、首都圏以外を本拠地としている企業にもアプローチがしやすくなり、これは逆にチャンスであると思います。
現在、上場企業は様々な問題や課題を抱えているかと思います。そこでIRについて困っている、また悩んでいる企業に対してあらゆる手段で積極的にアプローチをし、少しでもお力添えになれるよう、残りのインターン期間を過ごしていきたいと思います。

国内外の企業の発展、成長に貢献できるような人材になります

須賀 大翔のストーリー
証券会社を夢見て参加したインターンシップ。そこには様々な人との出会い、体験が私を待っていた!
この記事をSNSでシェアしよう
須賀 大翔ってどんな人?

専修大学経済学部4年の須賀大翔です。大学1年から学業の傍らホテルにて接客、東証一部のIT企業にて営業と様々な企業でアルバイト・インターンしておりました。 趣味は食巡りで、休みの日は美味しいものを巡る旅に出ています(笑)

会社名
株式会社インベストメントブリッジ
業界
コンサルティング 金融
職種
営業
学校
専修大学 経済学部
学年
学部4年
内定先
大手ネット証券
規 模 100~299人
業 界 金融
特 徴 業界最大手
インターン先で特に磨かれたスキル
  • イノベーターシップ
  • 改善発案スキル
  • 問題分析スキル
株式会社インベストメントブリッジ
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア