応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2018.12.16
インターン生
いとう

多忙な大学院生活からの休学。 立ち止まって将来進むべき道を考えるインターンの日々。

この企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
いとう
大学
神奈川大学 理系 工学研究科
学年
修士1年
職種
開発
勤務期間
2017-02-21 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

大学を卒業する直前から八紘テクノでインターンを始めましたが、大学院に入学してからはほとんど行けていませんでした。

大学院が始まってからは研究室が余りに忙しく、自分の将来についてじっくり考える時間がありませんでした。そんな状態で就職活動を迎えるのは、まずいと危機感が芽生え休学を決意しました。

建築の勉強はとても楽しくやりがいを感じていましたが、将来どのように働きたいか具体的に深く考えてこなかった、考える余裕が無かったのです。

インターンの方もほとんどシフトに入ることが出来ず休みがちだったのですが、休学することになったのを機に、改めてインターン生として八紘テクノで働かせていただけることになりました。社会勉強と就活準備をしながら、お給料まで頂けるこの上ない環境です。

身についた考え方やスキルとは?

八紘テクノは商業施設やホテル、オフィスビルなどに導入される、「インバータシステム」を設計・製作している会社です。

入社したての頃、私は設計の知識を活かせるインバーター制御盤の図面修正を主に任されていました。慣れてきてからは毎月のメルマガの配信や新規の開発プロジェクトなど、様々な業務に携わらせてもらっています。

特に身に付いたスキルはタイムマネジメントです。インターンを始めるまでは本当に苦手でした。大学の提出課題でも、少しでも良い物を作りたいという意識が強すぎるあまり、いつも提出期限ギリギリに提出していました。悪い時には未完成のまま提出していたこともあります笑。

インターンでは今まで経験の無かったメルマガの配信や新規開発など複数のプロジェクトを並行して進めていたため、タイムマネジメントが必要不可欠でした。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

タイムマネジメントできるようになった理由の一つは業務内容を可視化したことです。
毎朝出勤したらその日に何を何時にやるのかホワイトボードに記入し、朝のミーティングで社員さんや他のインターン生と共有します。

これにより自分がその日に行う業務が明確になり、優先順位を決め業務を進められます。加えて他の人の一日のスケジュールが把握することで「この時間にこの仕事が振られそうだ」と予測を立てながら動けるようになりました。

また長期の新規開発プロジェクトに関しては、限られた業務時間内で短期の期限が設定されている業務との優先度を比較しながら徐々に進める必要がありました。

このような経験の中で、社会人に必要なタムマネジメントが身についてきたと感じています。

これから挑戦したいこと

私は将来何をしていきたいのか考えるために1年間休学という道を選びました。

休学中はインターンをはじめ、学生のうちに何としても取りたかった建築士資格の勉強をしたり、海外の建築を見てまわったり在学中ではできなかった様々な体験をしています。もちろん建築設計に興味があって自分で選んだ道だし、勉強も楽しかったけど一度立ち返る時間が必要だったと思っています。

今はインターンを通して将来役立つスキルや考え方を身に付けながら、ぼんやりとではありますが将来進む道をじっくりと考えることができて、充実した日々が送れています。

そしてこれから本格的な就活を迎えます。まだ具体的にどうするかは決まっていませんが、自分が本当に進みたい道を最後の最後まで考え抜いて後悔が無いようにしたいです。

いとうのストーリー
多忙な大学院生活からの休学。 立ち止まって将来進むべき道を考えるインターンの日々。
この記事をSNSでシェアしよう
いとうってどんな人?

現在大学院を休学して八紘テクノでインターンさせて頂いています。在学中にできなかったことをして将来進むべき道を模索中です。

会社名
八紘テクノ株式会社
業界
コンサルティング 不動産/建築
職種
開発
大学
神奈川大学 理系 工学研究科
学年
修士1年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 問題発見スキル
  • 問題分析スキル
  • 仮説検証スキル