応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2018.12.16
インターン生
桑原純真

運と縁の賜物 あるカリスマとの出会い

桑原純真 さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
桑原純真
学校
関西学院大学  法学部
学年
学部2年
職種
営業
勤務期間
2018-05-01 〜 現在

インターンで何をやっているのか

私は現在インターンを通して、社会に出て多くの人が経験するであろう営業職について学んでいます。もともと人と接することが好きだったこともあり、今はとても楽しく仕事をさせて頂いております。

営業は自分が想像していた何倍も奥が深く、難しいものでした。ただの言葉上手ではどうやっても上には行けません。表情から目線、声のトーンまで、何が欠けても成果に結びつかない、ものすごい技術職であることを知りました。

だからこそ突き詰めていくことで、スキル・マインド・人間としての大きさなど、他にも数え切れないほどの財産が得られる、素晴らしい職業だと感じています。

また営業には個人業績がつきもの。「頑張っています」「努力しています」という誰でも言える言葉ではなく、数字や結果として、自分の価値を表現できるのも営業職の魅力です。

インターン先でこんな人に出会った

私はHUGAKU株式会社に入社してからというもの、本当にたくさんの素晴らしい人たちに出会いました。

それまでとは、世界の広がり方がまるで違いました。結果で全てを語る人、ひときわ誠実な人、圧倒的にしたたかな人、ズバ抜けて賢い人…。中でも、今後の人生にとって、とても大きな存在になると確信を持てる方との出会いがありました。HUGAKU株式会社を影で支える現場の最高責任者、H氏です。

第一印象はとにかく「はちゃめちゃ」どんな時でもとにかく元気、周りの目など一切気にしない。めちゃくちゃな人が現れたな、と思ったのが本音です。ですが、ある日をキッカケにH氏にカリスマ性を感じ、羨望の眼差しを持つようになります。

その人との印象的なエピソード

HUGAKUに入社して数ヶ月が経った頃の話です。

私は社内で一番の成績を出し、役職も上がり会社を引っ張っていこうという意識が芽生え始めていました。同時にH氏に対し、インターン生に対するマネジメントが不足しているのでは?と不満を募らせていました。

そんな時に、H氏からご自身の仕事や家族、愛などに対する価値観や考え方をお話し頂く機会がありました。感想はとにかく、圧倒的。圧倒的な努力家で、圧倒的な戦略家。「本当にこんな人がいるのか…。」と俄に信じがたいほどでした。その夜はため息しか出なかったことを鮮明に覚えています。

H氏がどれだけ周りの人たちを大切に思い、守るべき大切な人たちのため日々努力をしているか。一見はちゃめちゃに見える日々の言動が、一挙手一投足まで圧倒的に考え尽くされた上での振る舞いであったのかを知りました。

私が不満に感じていた仕事上のことも、背景にはインターン生たちへの熱い思いがあるからこそだと、気付くことができました。

その出会いから学んだこと

圧倒的なアップサイド(その分野で自分よりも圧倒的に優れた人物)との出会い。完全なる敗北感。すごく思うところがありました。

それまでは自分の業績を上げたい、○○に勝ちたい、負けたくない、といったモチベーションだけで仕事をしていました。しかし「期待に応えたい」「恩返しがしたい」という強い思いが生まれました。仕事の目的が自利的だったのが自利利他的に変わったのです。

今は自分を大きく成長させてくれた人たち、その人たちが大切にしているHUGAKU株式会社をもっと大きくさせたい。その一心で、仕事に取り組んでいます。

仕事は自分のためだけにするのではなく、誰かの役に立つためにすることでより大きな価値が生まれる。その考え方を学べたことは独立・起業を考える中でも大きな指針となっています。

桑原純真 のストーリー
運と縁の賜物 あるカリスマとの出会い
この記事をSNSでシェアしよう
桑原純真 ってどんな人?

初めまして!兵庫県にある関西学院大学法学部2回生の桑原 純真(くわはら じゅんま)です。現在は営業系インターンの延長線上に独立・起業を置き活動しています。大学は学部長への直談判により、特別措置として5年間の猶予を与えられ、休学中です。このストーリーがみなさんにとって何かしらのきっかけになれれば幸いです。

会社名
HUGAKU株式会社
業界
人材 コンサルティング
職種
営業
学校
関西学院大学  法学部
学年
学部2年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • ギブアンドテイク
  • 信頼構築スキル
  • 論理的表現スキル