応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2020.07.30
インターン生
天川 佳奈美

内定がゴールだと思っていた私が【第0新卒】で社会人のスタートダッシュを切ったワケ

天川 佳奈美さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
天川 佳奈美
学校
大阪市立大学 商学部
学年
学部4年
職種
営業
勤務期間
2019-11-28 〜 現在

インターンを始める前の自分

私は小さい頃から、何かを選ぶ時は気になるもの全てを見て「1番いいな」と思うものを選んできたので、就活でも今までと同じように気になる企業に片っ端からプレエントリーしました。それから、会社を知るために企業説明会に参加し、インターンシップに応募し、たくさんOB訪問を行いました。
しかし、就活開始数か月後に、私はようやく「気になる企業全てを見ることは無理だ」と気づきました。というのも、1社の選考のために対策を考え、企業が好みそうな人材に自分を合わせて作りこんでいくことに時間がかかっていましたし、何よりもその作業に疲れていたのです。
そんな時に、スタイルガーデンの第0新卒生と話をする機会がありました。様々な話を聞く中で、スタイルガーデンの「実際に社会人経験が積める環境」と「自分の強みを伸ばせる環境」に魅力を感じ、自身の強みとマッチした会社に入って、社会人になってから活躍したい!という気持ちが湧き上がってきました。「そのスタートダッシュを切るなら今しかない!」と思い、すぐに入社を決めました。

インターンを通じてどんな風に成長したか

営業とは「“お客様のために”を追求するもの」だと理解できるようになりました。
これを理解する前の私は、営業とは「お客様に商品を魅力的にプレゼンすること」だと思っていました。しかし、実際に現場でお客様に商品をプレゼンしても、お客様は「その商品はすごいんだね」と言ってくれるだけで、商品を購入して頂くことはできませんでした。
その様子を見て、担当トレーナーが「天川はお客様に商品の魅力を愉快に伝えていただけで、その商品を使うことでお客様が実際にどのような価値を得られるか伝えられていないよ」と指導してくれました。お客様に価値を感じてもらうために、お客様自身のことや生活スタイル、価値観を十分に理解する必要があることを身をもって学びました。お客様の情報をもとに、目の前の“お客様のために”より良い提案を追求した結果、お客様は笑顔で「それがほしい!」と言ってくれました。
このように、なぜ売れないのかわからなかった私が、スタイルガーデンで営業を本質的に理解できるようになりました。

同期の太田さんと後輩の須藤さんと一緒に撮った1枚

成長できた理由・要因は?

私が成長できた要因は、スタイルガーデンの環境にあります。
私が営業を勘違いしていた時、担当トレーナーだけでなく、周りの多くの人が相談に乗ってくれて、営業練習に付き合ってくれました。
「お節介であり続け、熱狂を生み続ける」という会社理念どおり、スタイルガーデンの社員や第0新卒生にはお節介な人が多く、周りを広く見て、困っている人を見つけたら放置せず必ず気にかけてくれます。営業やインターンシップは個人戦だと思っていたので、助けてくれる環境があることにとても驚きました。
将来仕事を安心して任せられる社会人になりたいと考えた際に、まさに第0新卒生にはその素質がある人が多いことに気づきました。スタイルガーデンでは、自分のことだけでなく他人に気を配ったり、一緒に働く相手を理解したり、報連相をきちんと行う、というような力が身につくと私は思います。

スタイルガーデン女子会での1枚

私にとってインターンとは

私にとって第0新卒とは、社会人としてのスタートダッシュです。
就活を開始してから第0新卒生と出会うまでは、当たり前のように内定が就活のゴールだと思っていました。第0新卒生と出会って、内定のその先を考えてすでに行動している人やすでに成功体験を積んでいる人、大学1年生から所属している人がいることを知って衝撃を受けました。近い未来に、そのような学生だった人たちと社会で競い合っていくと考えると強い危機感を覚えました。第0新卒生は、同じ学生とは思えないような思考力や社会人としての風格があり、それらは決して普通に学生生活を送っているのでは身につきません。私が実際に、第0新卒生になってからは、社会人として求められる行動や人間性を、身をもって理解しつつあります。就活の面接では「ほかの学生と雰囲気が違うね」と言っていただけたこともあります。
私が内々定を頂いてからも第0新卒生を続けるのは、スタイルガーデンで得られるスキルは社会に出てから絶対に必要な力であると確信しているからです。これからも、周りの第0新卒生と切磋琢磨して、より成長していきます!

天川 佳奈美のストーリー
内定がゴールだと思っていた私が【第0新卒】で社会人のスタートダッシュを切ったワケ
この記事をSNSでシェアしよう
天川 佳奈美ってどんな人?

【自己紹介文】 大阪市立大学商学部4年生の天川佳奈美です。大学ではよさこいサークルとマーケティングゼミに力を注いでいました。就職活動をきっかけに社会人としてのキャリアを考え、3年生の11月からスタイルガーデンに所属して実際に社会人経験を積んでいます。

会社名
株式会社スタイルガーデン
業界
人材 コンサルティング
職種
営業
学校
大阪市立大学 商学部
学年
学部4年
内定先
メーカー
規 模 5000~9999人
業 界 メーカー
特 徴 業界最大手 / 女性管理職 / 特定領域でNo.1
インターン先で特に磨かれたスキル
  • エンジョイシンキング
  • 好感表現スキル
  • 信頼構築スキル
株式会社スタイルガーデン
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア