バイトの時間をキャリアに

応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2018.12.16
インターン生
ひとみん
この企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
ひとみん
大学
立教大学 文系 コミュニティ福祉学部
学年
学部4年
職種
営業
勤務期間
2018-07-04 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

1番の理由は、収入と成長の両方を得たいと考えたからです。

5月下旬に就活を終え、単位もすべて取り終わり、卒論もなかったため、何か新しいことにチャレンジしたいと考えていました。そのためにお金を稼ぐ必要があって、どうせ働くのであれば「時間の切り売り」ではなく「成長」も得られる仕事をしたいと考えました。欲張りな人間なので(笑)

大学3年生の頃にマーケティングのインターンをしていた経験からマニュアル通りの仕事をこなすアルバイトよりも、社員の方々と共に自分で考えて行動し、難易度の高い仕事に挑戦できるインターンに魅力を感じていました。

収入と成長を両立できる、かつサービスの理念や社員の方々の人柄に惹かれたアイタンクジャパンでインターンさせていただくことに決めました。

身についた考え方やスキルとは?

1番は「相手の立場に立って考え、行動する力」です。就職活動でもよく耳にする言葉だと思いますが、実際に働く中で実践するのはかなり難しく、かつ非常に重要なものでもあると実感しました。

最初の頃は0からのスタートだったため、自覚なしに「とにかく架電しなければ」「限られた時間の中で全部説明しなければ」と行動してしまっていました。

ほんと失敗しかしていません。取引先の企業ですら、受付から担当者に繋いで頂けない、なんてこともありました。営業はクライアントの存在があってこその仕事なので、そんな自分本位なやり方で上手くいくはずもありません。

ですが先輩社員や、時には商談相手の方々からのアドバイスをいただきつつ、人柄や状況・会社の取り組みなどに合わせたアプローチをすることの大切さを学び、実践できるようになっていきました。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

営業がクライアントの「Yes」を引き出すための様々なアプローチをする仕事だからです。

そのため相手と信頼関係を築くことや、相手にメリットを感じてもらえるような話をすることが重要になります。しかし初対面の相手にアプローチする手段は、電話やオンラインでの商談、メールなどが大半なので、それらを実践するのは容易ではありませんでした。

限られたコミュニケーションの中で「どうしたら相手がこちらの話に耳を傾けてくれるのか」「どうしたら相手がメールを開いて反応してくれるのか」など相手の気持ちを考える。そして相手に合わせて話し方や話の内容、スピード、長さを変えたり、メールのタイトルや文章の内容、長さ、デザインを工夫するようになりました。

頭では分かっていても、実践できていない時には社員さんが逐一「相手の立場になってみな」と自省するキッカケを作ってくれました。結果として、入社当初に比べ、テレアポのアポ獲得率を約2倍に上げることが出来ました。

まだまだ未熟ではありますが「相手の立場に立って考え、行動する力」を身につけられてきていると感じています。

これから挑戦したいこと

今後挑戦したいと考えていることは、2つあります。

1つ目は、ただサービスを売る「営業」ではなく、お客様の課題を解決する「コンサルタント」になることです。

自分がクライアントの立場なら、自社のサービスの話ばかりする人よりも、課題を把握し、解決しようと寄り添ってくれる人の方が信頼できると思います。そのために、今後はもっとヒアリング力や知識を身につけ、クライアントの課題解決に貢献できるコンサルタントを目指していきたいです。

2つ目は、会社の売り上げへの貢献です。

これまで、私が担当しているサービスは、既存顧客向けの無料サービスでしたが、今後は有料サービスになることが決定しました。したがって会社の直接的な利益にも貢献できる、ということになります。

難易度が高くなる分、やりがいも大きくなると思うので、より「価値づけする力」を磨いて目標にコミットしていきたいです。

ひとみんのストーリー
「相手のYesを引き出す難しさ」
この記事をSNSでシェアしよう
ひとみんってどんな人?

立教大学4年のひとみんです!キャリアバイト事業部で営業のインターンをしてます。 趣味はスリルを味わうことで、海外旅行や一人旅、1度やってみたいと思ったらとりあえず行動しちゃうタイプです。先月もヒッチハイクで車15台乗り継いで東京・京都間を往復してきました!実はインターンも勢い半分で始めました笑。とはいえ、今の会社に入社できて本当に良かったと思ってるので、もっとインターンを広めていきたいです!

会社名
株式会社アイタンクジャパン
業界
人材 IT/ソフトウェア
職種
営業
大学
立教大学 文系 コミュニティ福祉学部
学年
学部4年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 好感表現スキル
  • 積極的傾聴スキル
  • 問題分析スキル

ひとみんの性格・価値観 診断結果

性格特性

  • 主体性
    自ら積極的に責任をもって動く 56
  • 変革性
    現状に満足せず、変化・変革を好む 63
  • 外向性
    活動的に人と関わる 56
  • 持続性
    粘り強くやり続ける 37
  • 協調性
    周囲との調和を好む 56

キャリアタイプ指向性

80 65 93 78 34 23 19
  • 経営幹部
    80 様々な人の力を結集して成果を生み出し、組織の期待に応える
  • アントレプレナー
    65 自らの力で障害を乗り越え、何か新しいものを創り出す
  • チャレンジャー
    93 困難と思える問題の解決や手ごわい相手に打ち勝とうとする
  • 自立
    78 組織のルールに縛られず、自分のやり方で仕事を進める
  • スペシャリスト
    34 特定の分野内で自分の能力や技術を磨き、自分らしさを確立する
  • 安定思考
    23 組織内で、安定したキャリアや処遇を好む
  • 私生活重視
    19 仕事よりも、プライベートの充実を目指す
  • 社会奉仕
    69 自分の求める社会の実現や他者の救済に役立つことに関わる
ひとみんのストーリー
「相手のYesを引き出す難しさ」
この記事をSNSでシェアしよう

この企業のストーリー

始めて後悔したことは無い。自由な環境で身についた就活でも役立つスキル
始めて後悔したことは無い。自由な環境で身についた就活でも役立つスキル
  • あゆみ
  • 共立女子大学 学部4年
2018.12.16

始めて後悔したことは無い。自由な環境で身についた就活でも役立つスキル

株式会社アイタンクジャパン
人材/IT/ソフトウェア
実力不足を痛感し始めたマーケティングインターンで学んだこと。
実力不足を痛感し始めたマーケティングインターンで学んだこと。
  • K
  • 慶應義塾大学 学部3年
2018.12.16

実力不足を痛感し始めたマーケティングインターンで学んだこと。

株式会社アイタンクジャパン
人材/IT/ソフトウェア

このストーリーを読んだ人は こちらのストーリーも読んでいます

学歴偏重主義だった私が、仕事を通じて知った「大切なこと」
学歴偏重主義だった私が、仕事を通じて知った「大切なこと」
  • ゆい
  • 東京工業大学 学部4年
2018.12.16

学歴偏重主義だった私が、仕事を通じて知った「大切なこと」

株式会社Step House
人材/不動産/建築
今の自分を超えていく。歴代トップの売上実績を出した僕の成長ストーリー
今の自分を超えていく。歴代トップの売上実績を出した僕の成長ストーリー
  • 柴田真聡
  • 明治大学 学部3年
2018.12.16

今の自分を超えていく。歴代トップの売上実績を出した僕の成長ストーリー

株式会社Step House
人材/不動産/建築
インドでのインターン経験が、社会人になる前の自分自身の課題を明確にしてくれた。
インドでのインターン経験が、社会人になる前の自分自身の課題を明確にしてくれた。
  • 多勢太一
  • 上智大学 学部4年
2018.12.16

インドでのインターン経験が、社会人になる前の自分自身の課題を明確にしてくれた。

New Era India Consultancy Pvt. Ltd.
人材
これまでとは一味違う自分に!
これまでとは一味違う自分に!
  • K・S
  • 東海大学 学部3年
2018.12.16

これまでとは一味違う自分に!

ビーモーション株式会社
人材/コンサルティング
ひとみんが働く株式会社アイタンクジャパンに興味がありますか?

株式会社アイタンクジャパンの求人情報はこちら