応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2020.03.23
インターン生
余賀リョウ

早稲田大学の文系がITベンチャーでインターンしてみた結果

余賀リョウさんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
余賀リョウ
学校
早稲田大学 政治経済学部
学年
学部2年
職種
マーケティング
勤務期間
2020-02-04 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

1つ目の理由は、IT系という響きにはなんとなく憧れる思いがあったからです。しかし、ITは、なんとなく自分には敷居が高いものだと感じていました。自分は文系学生である上にコーディングなどのスキルや経験もないからです。それでもどうせいつか挑戦してみたいと考えているなら今やろうと思い、オリゾでインターンを始めました。結果的には現在、非常に貴重な経験をすることができていて、良い選択だったなと思っています。

2つ目の理由は、ベンチャーで働く経験をしてみたいと思ったからです。なぜなら、「ベンチャー企業では社員一人ひとりが当事者意識を持って働き、0を1に、1を10にするために全力で挑んでいる。」そういった印象を持っていたからです。バイタリティや速度感を鍛えられる気がして一度その環境に挑戦したいと思っていました。

また、おそらく私は学部卒業後、比較的大きな企業に就職することになるとイメージしています。そうすると、学生のうちにインターンという形でベンチャーで仕事をする経験が積めることはまたとない機会だと思っています。

身についた考え方やスキルとは?

身についた考え方・スキルは以下の二つです。
・文系でもなんとかなるということ
・時間・タスク管理能力

1つ目は、自分のITに対しての理解が少ないことへの不安はなんとかなったということです。なぜなら、必ずしも初めからスキルが必要なわけでもなく、自分が今まで学んできたことも多少は役立っていると感じたからです。

私はとあるメディア(広告主をメディアの中で紹介してマネタイズするメディア。そのため、メディア流入を確保するためにSEO施策を実施)の運営に携わっています。例えば、その仕事において、ヨガ系のKWでそれらの記事を上位表示させるために、この記事を読むユーザーについて考えます。マーケティング観点からヨガについて調べるユーザーは調べている時点でヨガへの関心が高く、ヨガスタジオの比較記事などを求めていると考えることができる。また、ヨガの種類やポーズについての記事は読者の知的好奇心を刺激することができサイト滞在時間の上昇に効果的である。といったように消費者心理に沿って対策をしていくので文系的に考えることが多いです。
また、私はあまり好きではないのですが、専攻している経済学の、"同じ労力に対する効果はだんだん小さくなっていく"という限界効用逓減の考え方などが役に立っています。この考えは効率を意識するときに有効で、これから述べるタスク管理スキルのベースにもなっていると思います。

時間・タスク管理スキルとは、「何をするか、時間をどのくらい掛けるかをあらかじめ決めておき、実際に掛かった時間との差を考察してPDCAを回す」という一連の流れを管理することです。例えば、会社で運営しているサイトは打ち出してからまだ間もないこともあり、改善できる点は山のようにあります。しかし、時間には制約があるため、実際に改善できる点はインパクトの大きいものに絞る必要があります。「やりたいと思ったからやる」という「思考ベース」ではなく「有効な効果が予測できるからやる」という「目的ベース」の考え方が重要であると理解し、少しずつ実践できるようになってきました。

東南アジア青年の船に参加した時の写真

なぜその考え方やスキルが身についたのか

働く環境が一番の要因です。

社員との距離が近く、自分が伸ばしたいと考えていること、得意なことを加味して仕事を割り振ってくださります。また、社内の風通しが良く、インターン生が取締役に気軽に話しかけることもでき、丁寧に意見を聞いてくださります。そのおかげで自分の伸ばしたいところを鍛えながらのびのびと働くことができています。

タスク管理スキルは頻繁に有意義なフィードバックもらえるからこそ身についたと思います。一人でタスクを始めていると、終業時に自分の仕事を振り返って、「何にどれ程時間を使ってどの程度想定と乖離しているか」などと考える機会は少ないと思います。しかし、そのようなことをしっかり言語化して報告することで自分から逃げずに向き合うことができ、成長につながると感じています。

業務風景

これから挑戦したいこと

1つ自分の強みとなる部分を作りたいです。例えばこの分野であればどの社員よりも詳しく、周りから自分に聞けば良いと言われるようなフィールドを持ちたいです。そのステップとして、SEOに対する理解を深めて1人で1つのサイトを運営できるほどの実力を身に付けたいです。
SEOの世界は奥が深く、何が有効かを的確に判断できるレベルになることは簡単なことではないと思います。しかし、幸いにもOJT担当の社員がSEOのエキスパートの方なので、多くを学んでインターン生1号として期待されている以上の働きを見せられればと思います。
後々にはOJTをしてくださった社員の方に近いレベルの指導、フィードバックができるようになりたいです。

イギリスに旅行した際に友人とパブに行った時の写真

余賀リョウのストーリー
早稲田大学の文系がITベンチャーでインターンしてみた結果
この記事をSNSでシェアしよう
余賀リョウってどんな人?

趣味は旅行、ドラム、トランポリンです。長期休みに海外に旅をし、非日常を味わうのが大好きです。最近はNetflixを見ながら寝落ちしてしまうことが多いです。

会社名
株式会社オリゾ
業界
広告/PR WEB
職種
マーケティング
学校
早稲田大学 政治経済学部
学年
学部2年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • 問題発見スキル
  • 改善発案スキル

余賀リョウの性格・価値観 診断結果

性格特性

  • 主体性
    自ら積極的に責任をもって動く 58
  • 変革性
    現状に満足せず、変化・変革を好む 65
  • 外向性
    活動的に人と関わる 48
  • 持続性
    粘り強くやり続ける 36
  • 協調性
    周囲との調和を好む 44

キャリアタイプ指向性

68 75 72 69 39 41 40
  • 経営幹部
    68 様々な人の力を結集して成果を生み出し、組織の期待に応える
  • アントレプレナー
    75 自らの力で障害を乗り越え、何か新しいものを創り出す
  • チャレンジャー
    72 困難と思える問題の解決や手ごわい相手に打ち勝とうとする
  • 自立
    69 組織のルールに縛られず、自分のやり方で仕事を進める
  • スペシャリスト
    39 特定の分野内で自分の能力や技術を磨き、自分らしさを確立する
  • 安定思考
    41 組織内で、安定したキャリアや処遇を好む
  • 私生活重視
    40 仕事よりも、プライベートの充実を目指す
  • 社会奉仕
    44 自分の求める社会の実現や他者の救済に役立つことに関わる
余賀リョウのストーリー
早稲田大学の文系がITベンチャーでインターンしてみた結果
この記事をSNSでシェアしよう
株式会社オリゾ
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア