応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2020.03.25
インターン生
佐藤 太一
佐藤 太一さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
佐藤 太一
学校
東京都市大学 工学研究科
学年
修士1年
職種
エンジニア
勤務期間
2019-05-15 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

学部3年生の秋ごろ私はデータサイエンティストや機械学習エンジニアと呼ばれる職業への憧れから大学院への進学を決心しました。大学院に進学しても1年後にはすぐに就職活動が始まってしまいます。進学を決めたもののデータサイエンティストであったり、機械学習エンジニアになるために必要であろう知識・スキルをほとんど持っておらず、このまま修士進学しそのまま就職活動を迎えてもどうにもならないと思い、1度学業から離れて集中して知識・スキルを身につけるために進学と同時に休学することを決めました。
 卒業研究を終えて休学生活が始まり、まずはWebサービスを活用しながらPythonプログラミングの勉強に取り組んでいました。4月の中旬に差し掛かった頃から、今のやり方でこのまま1年間続けていけるのか、やっていることが正しいのか、無駄な1年間を過ごしてしまうのではないか、と不安を感じるようになりました。
 1年間の休学期間を無駄にしないために実務に触れながら効率よく必要な部分だけを勉強したいと考えたのがインターンを始めようと思った理由になります。

オフィスでの作業風景。 髪の毛を切ってから撮影したかった。

身についた考え方やスキルとは?

 身に付いたスキルとして1番はやはり「プログラミングスキル」だと思います。プログラミングスキルと言っても色々あると思いますが中でも私は「機能を達成するコードを書くスキル」と「読みやすいコードを書くスキル」が休学する前のと比べると圧倒的に身に付いたと感じています。
 入社して試用期間・トレーニング期間を終え最初に参加した開発案件ではまず、関数レベルでの実装を任せられました。かなり苦労して数日間かけてようやく完成まであと少しとなったところで週に1,2日しか来ないベテラン先輩インターン生に1日でコードを書き換えられてしまい悔しかったのを今でも憶えています。それが今では社員さんにレビューを受けながらではありますが、1人でプログラム全体の流れの設計から実装までを担当することもあります。

コロナウイルスの影響で在宅勤務。 カメラ位置の固定に苦労しました、散髪済み。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

 1つは常に可読性の高いコードを書くことを意識させられていたことです。
 コーディングするときによく言われていたのは新しくプロジェクトに参加する人がそのコードを読んで理解できるかということと、1年後の自分がコードを読んだときに理解ができるかということです。これを常に意識させられていました。
 そしてもう1つは何より休学していたことで時間があったことだと思います。
 私は1人の気さくで温厚な社員さん(笑)の下で業務を担当していて、コードを一通り書き終えるとそれをレビューにまわし、フィードバックをもとにまたコードを修正という流れでプロジェクトを進めていきます。レビュー・フィードバックの時間はすごく細かいことまで指摘をされるので正直嫌な時間ではあるのですが、同時に、自分では思いつかないアイデアであったり、自分の知らない実装の方法であったりを知ることのできる成長できる時間でもあります。この全ての工程に深く関わることができたのは休学して時間があったからこそだと思います。
 休学していたことで時間を確保することができ、インプットとアウトプットを大量にすることができたことが成長の要因だと思っています。

カフェスペースで談笑、の設定

これから挑戦したいこと

 私は3月をもって休学期間を満了し、4月から復学します。学部時代は講義の学習内容がどう社会で活かされるのかが不明瞭なこともあり自分の興味のある特定の講義以外のほとんどの講義では単位を取得するための最低限の勉強しかしてきませんでした。大学院ではこのインターンを通して触れた社会の経験を活かしながら講義に取り組み、また大学院で学んだことを実務に活かせるように講義に臨み相互に充実させられるように取り組んでいきたいと思っています。
 今まではスキル不足による生産性の低さを時間で補うことができていましたが、復学してからはそうはいきません。これからはいつかのベテラン先輩インターン生のように「正確に」を「早く」することでフィードバックの量を減らし、生産性を高めて学業との両立をしたいです。

きりん

佐藤 太一のストーリー
1年間と引き換えに得た成長
この記事をSNSでシェアしよう
佐藤 太一ってどんな人?

大学院に進学と同時に休学したので、この春から修士1年。 RPA開発・機械学習を使った不正検知の案件を主に担当してます。

会社名
かっこ株式会社
業界
コンサルティング IT/ソフトウェア
職種
エンジニア
学校
東京都市大学 工学研究科
学年
修士1年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • イノベーターシップ
  • 発想研磨スキル
かっこ株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア