応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.10.01
インターン生
浦巧磨
浦巧磨さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
浦巧磨
学校
東京経済大学 経済学部
学年
学部3年
職種
営業
勤務期間
2018-12-01 〜 現在

インターンを始める前の自分

このインターンを始めた理由はそれまでバイトしては家でユーチューブ見て寝るというような退屈過ぎた生活に刺激が欲しいと感じたからです。
大学受験の際、前期試験で志望していた大学に全て落ち、後期試験で最後の最後で受かった今の大学に行くために地方から上京してきました。
しかしそんな私は都会のスピード感についていけず、大学2年の夏までサークルもしてない、アルバイトもお金稼ぎでしかやっていないと、特別な活動は何もしてきておらず、就職活動で話すエピソードなど皆無の状態でした。
そうこうしているうちに大学2年の夏が終わり、徐々に就職活動を意識していく中で何もない自分に危機感を感じ、何か新しいことを始めなければと思っていました。
そんな中で学生主体で取り組めるインターンとしてアッドラストを見つけました。
当時私は何も社会経験も無ければ頭も賢くなかったため、長期インターンは少し抵抗がありました。
しかしアッドラストは同世代がたくさんいて、学生でも活躍ができる環境があるというところから自分でも楽しくできそうと思い、入社を決意しました。

インターンを通じてどんな風に成長したか

このインターンでは、まず一社会人として様々な企業の人とたくさんお話出来たことが新鮮でした。
今まで社会人と接する機会なんてアルバイトの社員、親、大学の先生以外特にありませんでした。
それがアッドラストを通じて、様々な業界の社会人とお話をする事で会社で働く、ビジネスコミュニケーションを行うとはこういう事なんだなと知ることが出来ました。
またビジネスマナー、ビジネス用語なども身につけることができ、実際今就職活動をしていてもとても役にたっています。
しかしその中でも一番成長出来たと感じたことは「忍耐力」と「行動力」です。
今まで新しい1歩を踏み出すことに勇気が出なかった私はごく普通の大学生活しかしていませんでした。そんな自分が初めての出勤の時、ある電話営業先の企業様にブチ切れられたことがありました。
その時はさすがに初っ端からキレられて、これからもこんなことが続くのかと思い、辞めてやろうと思っていました。
しかしそれ以降最初がインパクトが強過ぎて他の企業様の電話が異常に優しく感じ、全く苦にならなくなりました。
それからせっかく始めた長期インターンなのだからもう少し頑張ってみようかなと思い、今の今まで続ける事が出来ました。
そしてこの経験から少々の事ではビビることが無くなり、なんでも怒られてもそれも成長に繋がるならやってみることが重要なんだと感じるようになりました。
そしてあの時辞めずに続けた事で自分の中で多少辛い事でも続けていれば良さは必ず見つけることが出来ると感じました。

成長できた理由・要因は?

成長出来た要因は一緒に働いている学生たちのおかげかなと思います。
働いていく中で、結果がなかなか出なかったり、同期が成績を残していく中で周りと比較した時の自分の情けなさが辛くなって何度も辞めたいと思ったり、自分がインターンとして働く意味など失ったことで業務がタダの苦痛になっていたこともありました。
そんな時支えてくれたのが同期や先輩たちでした。いつもはふざけているような子たちでも自分が本気で悩んでいた時には色々と相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたりして凄く救われました。
周りが同じ年代の学生のため話もしやすく、お互いが切磋琢磨し合いながら本気で仕事が出来るため、必ず存在する辛い業務を乗り切れやすい環境があるのも学生主体で働いているアッドラストならではの良さなのかなと思いました。

私にとってインターンとは

私にとってアッドラストでのインターンは自己成長をもろに感じられる場所だと思います。
恐らく今からインターンを探す人は新しい環境で一から始めること、会社の一員として働くこと、社会人の1人になることに関して不安いっぱいな人がたくさんだと思います。
私もその1人でした。
しかしそんな自分も今では全くそれを感じません。
会社のため、そして何より自分のために一生懸命になれるようになりました。
学生主体と聞くと、皆さんからするとサークルみたいなノリであまり自己成長出来なさそうと思う人もいれば、そこまで社会人いないしラクそうと感じる人もいると思います。
その答えは正直人それぞれです。
中には業務が辛いと感じたり、楽さを追求するあまり成長出来ずに辞めていく人もいるかもしれません。しかしその中でも楽しみながら自己成長もする事ができる人もたくさんいると思います。
そしてその環境がアッドラストにはあると思います。
何事も失敗を恐れずに立ち向かい、どんどん挑戦するような人間になる。
そんな人になれるのがアッドラストでのインターンだと思います。

浦巧磨のストーリー
こんな僕でも自己成長めちゃできるインターン
この記事をSNSでシェアしよう
浦巧磨ってどんな人?

初めまして! 現在は株式会社アッドラストでインターン生として大学2年の秋頃から働いています! 趣味はyoutubeやプライムビデオで動画を見ることと、登山に行くことです!(月一で登ること目標にしてます、、、) 色んなタイプの方とお話するのが好きです! よろしくお願いします!!

会社名
株式会社アッドラスト
業界
広告/PR コンサルティング
職種
営業
学校
東京経済大学 経済学部
学年
学部3年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 積極的傾聴スキル
  • 問題発見スキル
  • 論理的表現スキル
株式会社アッドラスト
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア