応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.09.17
インターン生
水谷謙太

アルバイトでは得られないスキルが身についたインターン

水谷謙太さんが在籍した企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
水谷謙太
学校
早稲田大学 基幹理工学部
学年
学部4年
職種
マーケティング
勤務期間
2019-02-12 〜 2019-12-31

なぜインターンを始めたのか

1番の理由は、新しいことにチャレンジして成長したいと思ったからです。
今まで普通のアルバイトをやってきた中で、どうせお金を稼ぐなら自分の将来に役に立つこと、興味があるものに挑戦してみたいと考えました。
その際、知り合いが自分でメディアをもって運営していると聞いて、自分もウェブマーケティングやSEOに興味がありました。
興味はあったものの、自分個人でやるのはなかなか難しいと考え、インターンでお金を稼ぎながら勉強できるのはとても魅力的でした。
そんな中で、初心者の自分にとっては大きかった基礎からの動画研修や社員の方々の人柄もあり、ウェブスターマーケティングでインターンさせていただくことに決めました。

身についた考え方やスキルとは?

自分がインターンを通じて身についたと思うスキルは大きく分けて2つあります。
1つは文章を書く表現力、もう1つは純粋にウェブマーケティングやSEOに関する知識です。
表現力については、自分が理系ということもあり、もともと自信はありませんでした。表現力というのは、もちろん記事を書く際に相手に伝わるように書くという点でも大事ですが、人と話す際に相手に伝わるように話すという点でも大切です。文章を多くの視点から考えながら書くことで、書く・話す表現力が向上した気がします。また、ウェブマーケティングやSEOに関する知識については完全に初心者であった自分にとって、多くの有益なスキルを手にしただけでなく、今までネットをただ使うだけで検索する際に何も考えていなかった自分としては、今までにない視野を手に入れた気がします。

なぜその考え方やスキルが身についたのか

ウェブマーケティングという仕事が、ウェブの検索者の立場に立って考える仕事だからだと思います。
どのような言葉や表現が検索者にとって「役に立つ情報となりえるのか」、「心に響くのか」、「どんな情報が欲しいのか」。このような問いに対して検索者の立場に立って考えることで文章の表現力が身についた気がします。
最初は、とても難しく文章を書くのに多くの時間がかかってしまうこともありましたが、研修用の動画教材などを通して少しずつではありますが成長してきたと思っています。
この表現力というものは、社会に出てからも相手にプレゼンなどを通して話すことで伝えたり、文章で伝えることも増えると思うのでこれからますます伸ばしていきたいと思っています。
また、ウェブマーケティングやSEOに関する知識という点では社長や社員さんとの距離が近いことで、いつでも気軽に聞ける環境があったことが知識の向上に役立っている気がします。

これから挑戦したいこと

今後挑戦したいと考えていることは、2つあります。
1つ目は、もっともっとウェブに関する知識、SEOに関する知識を身につけ、それらを手助けする、様々なツールを使いこなし、ビジネス面での利益を追求したいということです。
ビジネス面での利益については、今まであまり考えたことがなく、売り上げ面で会社にどの程度貢献しているのかがいまいちよくわからない状況でした。ただ、新たなプロジェクトとしてインターン生のみの力で売り上げを上げるというものが直近でスタートしたことで、より売り上げ面と接するようになり、少しずつ具体的になってき5ました。ただいい記事を企画したり書いたりするというのではなく、サイト全体を設計していく力を身につけていきたいです。
2つ目は、自分でメディアを持つということです。広告運用やSEO、WEBデザインなど学ぶことはまだまだありますが今までインターンで培った経験を活かして自分の成長につなげていきたいと考えています。

水谷謙太のストーリー
アルバイトでは得られないスキルが身についたインターン
この記事をSNSでシェアしよう
水谷謙太ってどんな人?

ウェブスターマーケティングでインターンをしている水谷謙太です。大学では、インターンでやっていることと全く違う機械科学航空学科で学んでいます。

会社名
ウェブスターマーケティング株式会社
業界
広告/PR WEB
職種
マーケティング
学校
早稲田大学 基幹理工学部
学年
学部4年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 論理的表現スキル
  • 問題分析スキル
  • 仮説検証スキル
ウェブスターマーケティング株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア