応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
鎌倉大樹さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
鎌倉大樹
学校
青山学院大学 社会情報学部
学年
学部2年
職種
営業
勤務期間
2018-10-10 〜 現在

インターンを始める前の自分

 高校まで広島県の田舎で育った僕は大学進学のために上京しました。大学に入学してからはサークルに入り普通の大学生という感じでした。大学1年の前期が終わった頃に東京での暮らしや、サークル、大学の授業にも慣れてきてバイトを始めようと考えていました。
 しかし周りの友達からバイトの愚痴を聞いていると、バイトってめんどうくさそうだなと思うようになりました。そして普通のバイトだと面白くなさそうだなと思いインターンを始めようと思いました。インターンを始めようと思いキャリアバイトで色々な求人を見ていて、学生就業支援センターを見つけました。学生就業支援センターは学年不問で平日週1からOK、その上バイトすらやったことない僕でもできそうだなと思い応募しました。その後面接をしてインターン生として入社が決まり、初出勤の日を楽しみに待っていてことは今でも覚えています。

サークルで江ノ島に行ったときに同期でとった写真です

インターンを通じてどんな風に成長したか

 学生就業支援センターでの主な仕事内容は2つでテレアポと企業様へのインタビューです。どちらも今までに経験したことがなく、これらの仕事を通じて成長を感じました。
 まずビジネスマナーが身につきました。インタビューでは直接人事の方とお話しするので、名刺交換のやり方から、言葉使い、挨拶などビジネスマナーの基礎が身につきます。
 2つ目に様々な業界の知識が身につきました。様々な企業の人事の方にインタビューできるので会社の知識はもちろんのこと、どういう学生を望んでいるのかや、働く上でのやりがいなどいろんなことを知れます。
 3つ目にアポを取るコツが身につきました。この活動を始める前は営業など全くやったことがなく、アポの取り方なんて全く知りませんでした。しかし周りの先輩にコツを聞き、試行錯誤を繰り返すことによりアポを取るコツが身についてきました。

仕事終わりにご飯に行きました

成長できた理由・要因は?

 まず目標設定と振り返りができることに成長の要因があると思います。目標には週間目標やその日の全体目標、個人目標など様々な目標があり、これらを朝礼で発信します。目標を設定することにより、その日のタイムスケジュールができ、仕事の効率化にも繋がります。そして夕礼では目標が達成できたかどうかとその要因を発信します。これにより目標の振り返りができ、次回出勤するときに改善できるようになります。
 2つ目に職場環境にも成長の要因があると思います。学生就業支援センターには多くの学生が在籍しています。もしわからないことがあっても先輩にフレンドリーに聞くことができるので、課題がすぐに解決できます。その上やる気の高い学生が多いので、全員で協力して、目標を達成するよう努力でき、モチベーションにも繋がります。

宅飲みしました

私にとってインターンとは

 インターンと聞くと就活生が就活のためにするものだと思っていましたが、実際にやってみると考え方が変わりました。
 まずインターンは就活生だけがするものではなく、早い時期からやるべきだと感じました。僕は大学1年の10月から始めましたがもっと早い時期から始めればよかったと思っています。
 インターンは就活のためだけにするものという考えも変わりました。もちろん就活にも役に立ちますが、それ以外にも成長につながるし、友達作りだってできます。想像以上に色々な経験ができました。
 インターンを初めて一番思ったことは「インターンって楽しい!」です。仲間と一緒になって目標を達成しようと努力することはすごく楽しいです。本当に始めてよかったと思います。

先輩はみんな優しいです

鎌倉大樹のストーリー
インターンって良いね
この記事をSNSでシェアしよう
鎌倉大樹ってどんな人?

広島出身 / 青山学院大学2年 / 学生就業支援センターインターン生 / 起業家コミュニティー所属

会社名
株式会社学生就業支援センター
業界
人材 WEB
職種
営業
学校
青山学院大学 社会情報学部
学年
学部2年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 好感表現スキル
  • 積極的傾聴スキル
  • 信頼構築スキル
株式会社学生就業支援センター
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア