応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.09.04
インターン生
いしい
いしいさんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
いしい
学校
慶應義塾大学 文学部
学年
学部4年
職種
人事・広報
勤務期間
2018-04-22 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

それまで比較的忙しかったアルバイトや授業がひと段落したこと、卒業後社会に出る上で最低限のビジネススキルは身につけておきたかったことから学部3年の4月に長期インターンについて考え始めました。

丁度その頃は「バイト先や学校から“与えられたもの”をきちんと“こなす”ことは出来てきたが自身の力で価値を生み出せてはいない」と悩んでいた時期でもありました。

何か主体的に動くことで成果を上げたいと考えていて、それが自分の中では長期インターンでした。

KMWの他に長期インターンの選考を6社くらい受けていましたがどこも「最低週3以上は出てくれないと困る」「一日五時間以上は入って欲しい」という条件のところが多く、大学の講義が少なくはなかった私には厳しかったのを覚えています。

そんな中「学生は学生生活が第一」を前提にインターンについて考えてくれるKMWの文労両道?のスタンスは非常にありがたかったです。

こうして私はKMWにジョインすることになりました。

社員さんインタビュー

身についた考え方やスキルとは?

目に見える成長としてはOffice全般、動画編集、画像編集スキルの向上が挙げられると思います。

入社当初は「はたラック」(https://hataluck.jp/)を利用していただいているお客様のデータをまとめ、提出できる状態にする。みたいなことをしていました。
主にExcelを使っていたのでそこでグラフを作成法だったり、関数について勉強できました。

その後はWantedly(https://www.wantedly.com/companies/kmw)というビジネスSNSの運用をさせてもらいました。
定期的に社内のイベントだったり、KMWの理念などを記事としてアップしていたので文章作成能力だったり、画像編集は出来るようになりました。

こういった技術面以外では、PDCAのサイクルをうまく回せるようになった!と言わないまでもこれらを意識出来るようになりました。
仕事との向き合い方の基本概念?みたいなものをOJTの中で教えてくれる環境だと思います。

浜松町オフィス初めての内覧

なぜその考え方やスキルが身についたのか

“裁量の大きさ”や”仕事を最後まで任せてもらえたこと”だと思います。

業務を行うに当たり、上司は必要な情報を与えてくれますがそれ以上は指図をしません。(もちろん質問には答えてくれます)

お客様のローデータ処理から社内向けのイベントまで幅広く業務を任されましたが一度任せてもらってからは最後まで見守ってくれました。

毎回、最後には「こういうケースではこうした方がいいよ」などのフィードバックをしてくれます。自分なりに試行錯誤しながら仕事に取り込んだことで“地力”がついたと思います。直ぐに答えが与えられる環境ではこの力はなかなかつかなかったと思います。

6月からは採用関係の仕事を任せてもらうことになったのですが、今回のインターン募集にキャリアバイトを利用させていただくことを提案したのも実は僕です笑
そのくらい裁量はあると思います。

他のインターン生も与えられた仕事をこなすだけでなく+αで何かしらの価値を提供しているような印象を受けます。

インターン生が集まり会社イベントの打ち合わせ

これから挑戦したいこと

これから挑戦したいことというよりも達成しなければならないことは採用目標の達成です。

KMWとしては自社サービス「はたluck®️」のさらなる拡販や機能充実に向け、全社的な組織強化を図っていく必要が出てきています。
このことから、採用チームでは2021年の新卒をn人採用するという目標が掲げられています。僕自身も現在はその達成を目指して色々と実行している感じです。

ただ一つなんとなくやってみたいなぁと思っているのは(今後実際に行うかどうかは別にして、)新卒向けのイベントをどこか場所を借りて、他社と一緒にやれたら面白そうだなぁとか考えています。長期インターンを他社でしている友人も多いのでそういった学生が中心になって、学生しかいないミートアップイベントとかしたら面白そうだと思いました。

KMWとしてミートアップイベントはしているんですけどね笑
https://www.wantedly.com/projects/348124)

僕は来年から他の会社で働くことになるのでそれまでにはこの目標を達成し、晴れやかな気分でKMWを卒業したいと考えています笑

会社イベントでグルグルバットをする僕

いしいのストーリー
バイト感覚でインターンを始めた僕が”新卒採用担当”になるまで
この記事をSNSでシェアしよう
いしいってどんな人?

書店員・塾講師・握手会の剥がし・警備員………などのアルバイトを経て2018年4月からナレッジ・マーチャントワークスでインターンをしてます。 KMWでは店舗データ資料の作成・広報活動・イベントの企画・運営を行ってきました。 6月より採用チームに所属し、主に新卒採用を任されています。

会社名
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社
業界
コンサルティング IT/ソフトウェア
職種
人事・広報
学校
慶應義塾大学 文学部
学年
学部4年
内定先
財閥系化学メーカー
規 模 1000~2999人
業 界 メーカー
特 徴 業界最大手 / 特許技術保有 / 海外事業に注力
学校法人
規 模 300~999人
業 界 教育
特 徴 特定領域でNo.1
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • 論理的表現スキル
  • 問題分析スキル
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社
この企業の求人を見る
  • インターンをつうじて得られた体験や、仕事への気づきを
    ありのままにつづったものが「ストーリー」です。
    こちらのボタンから同僚のストーリーをシェアしましょう!

  • シェア