応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.09.03
インターン生
竹本 明弘

高校卒業後1ヶ月。いきなり大人の社会に飛び込み、そしていつしかインターンが生活の中心に。

竹本 明弘さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
竹本 明弘
学校
早稲田大学 商学部
学年
学部1年
職種
マーケティング
勤務期間
2019-04-22 〜 現在

インターンを始める前の自分

自分には、インターンを始める前一つの夢がありました。

それは「日本一突き抜けた大学一年生」になるという夢です。

しかしながら、どうすれば「日本一突き抜けた大学一年生」になれるかは今でも分かりません。ただ、その答えを知るためにも、まずは大人の世界を知ろうという理由でインターンを始めようと決意しました。

自分は、一度大人の世界を知ってから自分は将来どういうことをしたいのか?について考えていこうと決めていました。そのため、まずは色々なことが体験でき、社長や社員の近くで働ける会社で働きたいと思いました。そのため、色々な分野の事業を行っていて、かつビジネスマナーなどを丁寧に教えてくれる会社でインターンはできないかと探していました。そんな時に、キャリアバイトでそこから5ヶ月間インターンをすることとなるベースメントアップスという会社に出会いました。

大学の入学式があった週にベースメントアップス株式会社への応募を行い、そこから私の人生は大きく変化していくことになりました。

インターンを通じてどんな風に成長したか

・新しい仕事に対する吸収力

ベースメントアップス株式会社では、毎日違った経験を積み上げてていくことができます。例えば、SEO対策を意識したライター業務、インターン生の業務を管理するための業務管理表作成、インターン採用の担当などなどです。

初めは、新しい仕事を振られる度に周りのインターン生の先輩方や社員の方々に迷惑をかけてばっかりで自分一人ではどうすることもできませんでした。

しかしながら、そんな自分も今では毎日新しい仕事が与えられる中でも優先順位を付けて効率良く業務を行っていくことができるようになりました。これは経験豊富な社長や社員の方々が一から丁寧に自分をサポートしてくださったおかげです。未経験でも成長して活躍することができることこそこの職場の一番の魅力だと思います。

・他人がどう感じているのか?を考える習慣

マーケティングは、自分がこうすれば皆に知ってもらえる!使ってもらえる!といった視点ではどれだけ努力しても上手くいきません。大切なことは、自分以外の他人がどう感じているか?という視点を持つことです。

この会社で実践的にマーケティングを学んでいく上で社会のニーズや社会に求められるものは何か?などについて真剣に考えていくようになりました。この経験が基にインターンにおいても私生活においても他人もしくは相手がどう感じているのかを常に考える習慣が身に付きました。それにより、今ではタスクをインターン生に振る立場となっても相手のことを考えながら効率的に業務を行うことに努められるようになってきたと思います。

・一人の人間を多角的に観察する能力

ベースメントアップス株式会社では、インターン生がインターン面接を行います。

面接業務を行って一番初めに感じたことは「人を判断するのは本当に難しい」ということです。限られた時間の中で一人の人間を判断するには、その人を多角的に観察していく必要があります。

初めの頃は、小学校、中学校、高校とずっと問題に対して答えを出すことしかしてこなかった自分にとって相手に質問をするということが難しくて仕方がありませんでした。ですが、そういった中でも周囲の先輩方の意見や自分でも読書などを通して採用における重要なポイントなどに少しずつ気付いていくことができるようになりました。

そういった経験を繰り返していく中で今では自分が面接を受ける時も面接官の立場に立って考えることができるようになってきました。このような経験はこの会社でしか経験できないことだと思います。

成長できた理由・要因は?

自分がここまで成長できた理由は、2つあります。

一つ目は、ベースメントアップス株式会社に、マーケティング業務、インターン採用業務、新規事業立案、マネジメント業務など多種多様な業務を経験することができる環境があったということだと思います。

私はインターン生として毎日毎日違った課題や問題を解決していかなければいけません。時には行き詰ってしまい辛く感じることもあります。しかしながら、そういった課題を色々なアプローチを仕方で取り組み、そして解決していくことでこそ日々自分の成長を実感することができます。

さらに、どんな挑戦もこの会社では必ず評価されます。例えば、自分が新たなマーケティング戦略を社内で提案して際には必ず社長もしくは社員さんからフィードバックを頂くことができます。正直インターンを始める前はここまで裁量権が頂けるとは思っていませんでした。想像以上に自分を成長させてくれるということがこの会社でインターンをすることのメリットだと気付かされました。

二つ目は、この会社のモットーである人間第一主義という考え方です。会社の人間皆が幸せを感じられる職場がこの会社にはあります。

そのモットーを基に、心優しい社員の方々やインターンの先輩方と共に今では時に厳しく、時に楽しくといったメリハリのある環境を仕事を行っています。この会社にはインターン生も参加できるボーリング大会やBBQなどといった社内イベントが数多くあるというほどインターン生にとっては楽しい環境が揃っています。

これだけ毎日楽しく仕事ができかつ成長ができる環境こそこの会社の魅力だと思います。

私にとってインターンとは

まだまだ自分は自分の視野を広げられる限り広げていきたいと思います。そして、「日本一突き抜けた大学一年生」を目指していきたいと思います。

確かにインターンを通してこれまで自分には無かった視点で物事を見ることができるようになったと思います。しかしながら、今でも「そんな見方があるんだ」や「そういった考え方をしないとな」などと考えさせられる場面が毎日のようにあります。

だからこそ、このベースメントアップス株式会社にて、さらなる収益を生み出すという課題にインターン生として精一杯取り組り組んでいきたいと思います。そして、この会社の皆さんと「楽しく」仕事をしながら、自分の問題解決能力や適応力などをもっと高めてさらなる色々な経験をしていきたいと考えています!

竹本 明弘のストーリー
高校卒業後1ヶ月。いきなり大人の社会に飛び込み、そしていつしかインターンが生活の中心に。
この記事をSNSでシェアしよう
竹本 明弘ってどんな人?

ベースメントアップス株式会社経営企画部にてインターンを行っている。

会社名
ベースメントアップス株式会社
業界
WEB IT/ソフトウェア
職種
マーケティング
学校
早稲田大学 商学部
学年
学部1年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • グリット
  • イノベーターシップ
  • 問題分析スキル

竹本 明弘の性格・価値観 診断結果

性格特性

  • 主体性
    自ら積極的に責任をもって動く 64
  • 変革性
    現状に満足せず、変化・変革を好む 52
  • 外向性
    活動的に人と関わる 71
  • 持続性
    粘り強くやり続ける 41
  • 協調性
    周囲との調和を好む 40

キャリアタイプ指向性

79 89 86 77 33 24 44
  • 経営幹部
    79 様々な人の力を結集して成果を生み出し、組織の期待に応える
  • アントレプレナー
    89 自らの力で障害を乗り越え、何か新しいものを創り出す
  • チャレンジャー
    86 困難と思える問題の解決や手ごわい相手に打ち勝とうとする
  • 自立
    77 組織のルールに縛られず、自分のやり方で仕事を進める
  • スペシャリスト
    33 特定の分野内で自分の能力や技術を磨き、自分らしさを確立する
  • 安定思考
    24 組織内で、安定したキャリアや処遇を好む
  • 私生活重視
    44 仕事よりも、プライベートの充実を目指す
  • 社会奉仕
    60 自分の求める社会の実現や他者の救済に役立つことに関わる
竹本 明弘のストーリー
高校卒業後1ヶ月。いきなり大人の社会に飛び込み、そしていつしかインターンが生活の中心に。
この記事をSNSでシェアしよう
ベースメントアップス株式会社