応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
椎名 南帆さんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
椎名 南帆
学校
東京ウェディング&ブライダル専門学校 ブライダルヘアメイク&ドレス科
学年
2年次
職種
接客
勤務期間
2019-06-01 〜 現在

専門分野、大学で勉強していること

“結婚式”という幸せの時間に立ち会える仕事に興味を持ち、専門学校に入学することを決めました。
授業では、肌の色や人物の個性にあわせてトータルにコーディネートする専門知識と技術を学びます。
ブライダルに必要な着物に関する知識と技術を学び、在学中に資格取得できる力を身につけ、ウェディングドレスをメンテナンスしたり、簡単なアレンジができるような技術、ブライダルシーンを華やかにするヘアメイク、ドレスに合わせたメイクが提案できるよう幅広いメイク術を学び、資格を取得します。
花嫁の好みやイメージに合わせ、運命の一着をコーディネートするドレススタイリスト。ドレス、ティアラ、アクセサリーなどトータルにスタイリングできるセンスを磨いています。

パーティー当日に、プランナーと共に進行表を見ながら新郎新婦の入退場までの流れの確認をしています。

インターンで何をやっているのか

インターンでは、入社前に研修を行います。キャストの心構えや身だしなみ、進行表の見方、アテンダーのお仕事、受付準備とご案内などの流れを学んでいきます。
パーティー当日は、研修で学んだことを活かして荷物チェック、入場の扉開けのサポートやフリータイムでの写真フォロー、ゲーム(イベント)前にゲストの方がしっかりパーティーを楽しんで頂けるように前の方で参加して頂くようなお声掛けをしています。
入場前には、新郎新婦さんは緊張されている方、楽しみな方様々なので、「ドレス素敵ですね」「会場内ゲストの方盛り上がってますよ」などコミュニケーションをとってお二人の緊張をほぐします。
エンディングは素敵なシーンを見てパーティーをお手伝いする楽しさやブライダルの素敵瞬間に立ち会えます。ゲストのお見送り誘導、ゴミの回収、会場を元どおりにして、会場お借りしたことに感謝をして「本日はありがとうございました」と挨拶をするまでがお仕事です。

新郎新婦の謝辞後に会場を出てアシスタントと一緒に退場の扉開けサポートを行っています。

学業をどうインターンに活かせたか

専門学校では、ブライダルに関する基礎知識を学んでいて、「アテンダー実践」では、実際に花嫁役とアテンド役を経験します。新郎新婦そして、ゲストにどんな気配りが必要かなどを実践的に学べます。プラスアルファの知識が学べるので、オリジナリティもしっかり身につけられます。実際に、インターンのパーティー当日は、花嫁さんのアテンドをやらせてもらうので、専門学校の授業で習ったアテンダー実践で学んだことが大きく活かされてきます。
また、ゲストへの気配りもとても重要でいち早くゲストが私たちに何か伝えようとしていることに気づいて迅速に対応できればとてもゲストを気持ちよくパーティーに参加させることができます。専門学校で学んだことはNOVICでとても活かせています。

新婦さんのアテンドをしています。歩く際にドレスのトレーンを軽く持ち新婦さんが歩きやすいようにします。

学業と仕事を両立させるには?

私は、専門学校とバイトと友人との遊びに全力投球する中で、時間管理能力が身につくように努力してきました。平日は学校終わりのアルバイトや土日はインターンを行っており、いそがしい毎日ですが、その中でも友人との時間は大切にしています。友人との時間が私にとって唯一の楽しみです。 限られた時間の中でも、物事に対することを紙に写し書き、優先順位を決めています。そうするとやらなきゃいけないことがすぐに整理でき、物事がスムーズに終わります。 そして、時間を有効的に使う力を身につけることが大事だと思います。時間を有効的に使うことで余裕ができ、更に生活が楽しくなります。私は、優先順位こなすのではなく一つ一つの物事に力を注ぐよう心がけています。

荷物チェックをしてパーティーに必要な物の不備がないかを念入りに確認します。

椎名 南帆のストーリー
新郎新婦の笑顔が私のやりがい
この記事をSNSでシェアしよう
椎名 南帆ってどんな人?

私は専門学校でブライダルの基礎知識から資格取得の勉強をしています。 卒業までに、ブライダルについて応用知識まで知りたいと思っています。

会社名
株式会社NOVIC
業界
ホテル/ブライダル その他サービス
職種
接客
学校
東京ウェディング&ブライダル専門学校 ブライダルヘアメイク&ドレス科
学年
2年次
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 好感表現スキル
  • 積極的傾聴スキル
  • アイデア創造スキル