バイトの時間をキャリアに

応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2018.12.16
インターン生
ふくしまあゆみ

「不動産・建築業界の現実が見たかった」 将来の進路がインターンでの実務経験で広がった

この企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
ふくしまあゆみ
大学
日本女子大学 理系 家政学部
学年
学部2年
職種
アシスタント
勤務期間
2018-06-27 〜 現在

なぜインターンを始めたのか

インターンを始めた理由は、大学から建築設計の勉強をしている中で、自分が本当にやりたいことが分からなくなってしまったからです。

週3回のレポート課題提出のために、週3で徹夜の日々。あまりの忙しさに、学校で専門的に学んでいるからといって、このまま不動産・建築業界に進むことに不安を感じました。そこで建築事務所や不動産関連の会社で働いて、現実はどうなのか見てみようと考えました。

はじめは建築事務所でのアシスタントとしてのバイトを探していました。しかし課題やサークル活動の関係で出勤可能な日時が限られており、条件に合うのはオープンデスク(建築設計事務所での無給インターン)ばかりでした。

そんなときに知人から有給インターンの存在を教えてもらい、応募しました。

身についた考え方やスキルとは?

インターンで身についたスキルは仕事外でも役立つことがとても多いです。

たとえば社会人として働くために必要な責任感。学校の課題やアルバイトとは違い、インターンでの業務は自分が責任を負うだけではすまないので責任感が自然と身に付きました。

軽音楽のサークルでライブハウスの手配をする役割を担っているのですが、ライブハウスを押さえないと公演自体が出来なくなってしまうので、早め早めの連絡を気にかけるようになったり、ライブハウス側の連絡が遅い時は自分から催促の連絡をしたりまでするようになりました。

また学んだことを文章化、言語化することで伝達力がつきました。これは大学の設計課題を進める中でとても成長を感じています。課題の進捗を教授に報告するときに、それまではなんとなくで伝えていたのでなかなか上手く伝えられていませんでした。しかし、伝える前に1度内容を言語化するようになって、自分の考えを理解してもらいやすくなりました。

そして社会に出て通用するPCスキルも身についたと思います。基本的には事務所に出勤しエクセル・パワーポイントで事務作業を行っております。

学校の課題でも、それらを使いますがインターンを始める前より断然作業効率が上がりました。エクセルに関しては学校で習っていないことも、仕事でやっているので基本授業で分からないことは無いです。

現場同行レポート 同じインターンシップ生や社員の皆さんへ回覧

なぜその考え方やスキルが身についたのか

・責任感について。
サークル活動や学科生活では人を巻き込むことはあまり無く、やったことを全て自分が責任を負えば済んでしまうことがほとんどでした。アルバイトでミスをしても、正直「所詮バイトのミス」と思ってあまり責任を感じることはありませんでした。

しかしインターン先でのミスは、業務の一連の流れを乱し社員さんに迷惑をかけてしまいます。また、大手ゼネコンの取引先から電話がくることもあるので、自分の応対一つで会社の信用を失って、大きな損失にも繋がることも無いとは言い切れません。

所詮インターン生という考えでは通用しません。

・伝達力について。
事務所外での現場の仕事では、インターン生に意見を求められることもあります。その経験を通して自分の考えをどのようにしたら相手に上手く伝えられるのかを、かなり意識するようになりました。

・PCスキルについて。
エクセル・パワーポイントなどは高校や大学の授業でも習いましたが、実務として使う経験がありませんでした。インターンを始めてから社員の方に教えていただき実践することで、ただの知識でなく技術として身に付きました。

これから挑戦したいこと

これから不動産・建築業界だけではなく他の業界のこともより広く知りたいと考えています。

イートス21での経験によって、将来は設計系に絞るのではなく、建築業界全般を視野に入れたキャリアの指針ができました。インターンをしていなければ、きっと周りに流されて就職して後悔していたと思います。

今は学校の勉強やサークル活動、インターンと目の前のことで精一杯ですが、時間の余裕ができたら他社のインターンも経験し、さらに広い視野で今後のキャリアを考えられるようにしたいです。それと同時にインターンを利用して多くの社会人の方々とつながり、就職だけでなく就職してからの未来を考えていこうと思っています。

また、現在イートス21ではインターン生を積極的に募集中と聞いているので、これから新しく来る後輩のインターン生に、自分の業務をしっかりと教えられるように頑張りたいです。

ふくしまあゆみのストーリー
「不動産・建築業界の現実が見たかった」 将来の進路がインターンでの実務経験で広がった
この記事をSNSでシェアしよう
ふくしまあゆみってどんな人?

日本女子大学 家政学部 住居学科建築デザインに通っています。軽音楽研究会のサークル活動に所属しており、ドラムを演奏しています。サークルでの月に一度のライブ出演に加え、2年生前期の終わりごろから、週2回インターンをしています。勉強やサークル活動、インターンを行っていて忙しくも充実した大学生活を送っています。

会社名
株式会社E-THOS21
業界
人材 不動産/建築
職種
アシスタント
大学
日本女子大学 理系 家政学部
学年
学部2年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 好感表現スキル
  • 自己開示スキル

ふくしまあゆみの性格・価値観 診断結果

性格特性

  • 主体性
    自ら積極的に責任をもって動く 43
  • 変革性
    現状に満足せず、変化・変革を好む 43
  • 外向性
    活動的に人と関わる 37
  • 持続性
    粘り強くやり続ける 51
  • 協調性
    周囲との調和を好む 46

キャリアタイプ指向性

79 49 61 54 43 67 60
  • 経営幹部
    79 様々な人の力を結集して成果を生み出し、組織の期待に応える
  • アントレプレナー
    49 自らの力で障害を乗り越え、何か新しいものを創り出す
  • チャレンジャー
    61 困難と思える問題の解決や手ごわい相手に打ち勝とうとする
  • 自立
    54 組織のルールに縛られず、自分のやり方で仕事を進める
  • スペシャリスト
    43 特定の分野内で自分の能力や技術を磨き、自分らしさを確立する
  • 安定思考
    67 組織内で、安定したキャリアや処遇を好む
  • 私生活重視
    60 仕事よりも、プライベートの充実を目指す
  • 社会奉仕
    45 自分の求める社会の実現や他者の救済に役立つことに関わる
ふくしまあゆみのストーリー
「不動産・建築業界の現実が見たかった」 将来の進路がインターンでの実務経験で広がった
この記事をSNSでシェアしよう

この企業のストーリー

このストーリーを読んだ人は こちらのストーリーも読んでいます

学生NPO団体で活動していた僕が、急成長スタートアップで長期インターンを始めたわけ。
学生NPO団体で活動していた僕が、急成長スタートアップで長期インターンを始めたわけ。
  • 藤澤昌平
  • 神戸大学 学部3年
2019.02.19

NEW

学生NPO団体で活動していた僕が、急成長スタートアップで長期インターンを始めたわけ。

株式会社POL
人材/IT/ソフトウェア