応募管理
求人情報
キャリアバイト情報
アカウント設定 ログアウト
とじる
2019.05.14
インターン生
メイ

自分の成長のために、リアルな現場で実用的な技術を身に付けたくて

メイさんが在籍する企業のストーリー一覧
このストーリーを書いた学生
メイ
学校
武蔵野美術大学 造形学部
学年
学部3年
職種
デザイナー
勤務期間
2019-01-07 〜 現在

専門分野、大学で勉強していること

私は某美術大学でデザインを学んでいる3年生です。

昔から絵を描くのが大好きで、将来は自分の得意なこと、好きなことをを活かせるような仕事がしたくてデザイン科に入学しました。

美術大学では絵をたくさん描いてるのかなと思われがちですが、私のところではそうではありません(学科によって違います)。

入学できた時点で十分絵はかける人たちが集まっているので、授業では主に見た目の綺麗さや技術的なことはあまり学ばずデザインとは何か、デザインのプロセスや中身について重視して学んできたのかなと思います。

また授業以外での活動も多く、そこでは地域活性のためにアート作品を作ったり、ワークショップがあったりと、学内では学べないことを学ぶ機会がたくさんあります。

絵を描けること、デザインができることでも世の中に役に立つ場面が多く知れて、楽しく活動できます。

インターンで何をやっているのか

デザイナーとして入ったので、インターン先では主にバナー制作やアイキャッチ制作、スライド作成など、webで使われる画像のデザイン作成をしています。

たまに、記事作成や表の作成、LINEスタンプを作ったりしています。

私は今までポスターやフライヤー、DMやフリーペーパー、ZINEを制作してきたので、その時に培ったデザインの知識や技術を活かしてwebの画像制作に取り組んできました。

紙とはまた違った学びがあり、それにwebだと自分が作った画像が画面の通りうつされ、即座に他の人に見れるように反映できるというのが紙媒体にはできないことなので楽しいです。

自分が作った画像に対してアドバイスをいただけるのはとてもありがたく、デザインについて実践的に学べるので楽しいです。

学業をどうインターンに活かせたか

受験期の頃から、人に見られる作品を作り続けてきたので、その時に画面の構図や、色の使い方、モチーフの扱い方についてイヤというほど学んだおかげか、画面を作る上での基本的なこととしてアイキャッチ画像の制作に役に立ったのかなと思います。

またデザインを学んでいるので文字の扱い方やadobeソフトのillustratorやphotoshopを扱う時にすんなりと画像作成できたのも、学業で事前に学んでたおかげなのかなと思います。

イラストやフライヤー作成をずっとしてきて、いかにどうすれば人に見られやすい、見やすいデザインになるのか、文字の大きさや色の扱い方に気をつけて考えて作品を作ってきたのでそれが実際に仕事として活かせたのは嬉しいことです。

学業と仕事を両立させるには?

インターンを始めてまだ3ヶ月ですが、春休みの3ヶ月間を使ってほぼ毎日出勤しました。

今までは自分が制作したフライヤーやフリーペーパーのデザインについて細かく指導してくれるプロがいませんでした。

しかし、今回webの画像制作しているときは、会社が世に出すものとしてきっちりとプロの人が確認してくださるので、自分がいままで気づけなかったこと、気にしていなかった細かな点を教えてくれるので新たな発見を多く見つけられました。

また、adobeソフトのillustratorやphptoshopを毎日扱うため、知らなかった機能を知る機会が増え、さらに表現の幅をふやせるきっかけとなりました。

学業ではまだ見た目のこと、技術的で実用的なことは全然教えてもらえなかったので、それを現場で直接教えてもらえたり、デザインする機会が一気に増えたので自分の成長のためになってよかったです。

メイのストーリー
自分の成長のために、リアルな現場で実用的な技術を身に付けたくて
この記事をSNSでシェアしよう
メイってどんな人?

美術大学でデザインを学んでいる3年生です。イラストと漫画とゲームが大好き。インドアだけど行ったことないところに遊びに出かけるのも好きです。いろんなことを見て知って学んでいくのが好きなのでフライヤーやフリーペーパー制作などを今までしてきました。今度はwebに触れてみたいと思い入りました。

会社名
株式会社パンタグラフ
業界
広告/PR WEB
職種
デザイナー
学校
武蔵野美術大学 造形学部
学年
学部3年
インターン先で特に磨かれたスキル
  • 好感表現スキル