インターン 私服

インターンシップで私服を指定されたときの服装選び|OK例・NG例を画像解説

インターン 私服

インターンシップ先が決まって喜んでいた矢先、服装について「私服で結構です」と言われて戸惑う方も多いのではないでしょうか。「私服で結構」ということは、必ずしも私服ではないということなのか、スーツを着ていくべきなのかと深読みをして、混乱してしまいますよね。

また、スーツなら普通に着用するだけでフォーマルになりますが、私服の場合はビジネスカジュアルを理解してコーディネートをしていく必要があり、社会人未経験の学生にとっては難題です。この記事では、私服を指定された場合にスーツを着ていくべきかどうかの判断基準や、私服のOK例やNG例を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

インターンシップ先の「私服で結構です」の意味

インターン 私服

インターンシップ先の企業によって、服装は「私服で結構です」のように私服を指定される場合があります。額面どおり受け止めるべきか、中には学生を試す企業もあるため無難にスーツを着ていくべきか迷うところです。

企業によって「私服で結構です」「私服可」のように厳密に私服を指定されない場合と、「私服でお越しください」のように私服のみを指定される場合もあります。もしかしたら企業は意識せずに伝えているかも知れませんが、用心するのに越したことはありませんし、できれば失敗は避けたいものです。

この章ではそれぞれどのように対応すべきかを解説していきます。

「私服で結構です」「私服可」の場合はスーツ

前述したとおり、「私服で結構です」「私服可」の場合は私服のみと断言されていないため、スーツでもどちらもOKという意味でとらえましょう。

もし私服で行ったとしても指定されているわけではないため、周りがスーツでも堂々としていて問題ありません。

ただし、私服なら何でもいいということではありません。最適な私服が分からなければ、スーツで行くのが無難な選択です。

「私服でお越しください」の場合は私服

このように、私服と明確に指定されていたら私服で行きましょう。

しかし、私服とは言っても普段着や遊びに行くときと同じようなラフな服装はNGです。
インターンシップ先での職務が内勤だったとしても、通勤時や休憩の外出時など、いつ取引先や顧客に会うか分かりません。

いわゆるビジネスカジュアルの服装で行くのが一般的です。

男女別インターンシップの私服の服装OK例・NG例

インターン 私服

ビジネスカジュアルと言われても、社会人未経験のうちはどのレベルまでのカジュアルが許されるのか基準がわからないという方も多いかも知れません。

そこで、インターンシップに参加するときの服装を男女別に解説していきます。あくまで目安ですので、説明会のときに実際に社員がどのような服装をしているのかをチェックしておくとよいでしょう。

私服でインターンシップに行くときの服装(男性編)

まずは男性の私服から解説していきます。スーツほどフォーマルではなく、清潔感がある服装が好まれます。

男性のOK私服例

<インターンシップに適した男性の私服>
●アウター:襟の付いているジャケット
●トップス:襟の付いているシャツ、白や水色などの明るく薄い色、無地やストライプなど派手でない柄
●ボトムス:チノパン、スラックス(ベージュ・黒・グレー)
●靴:革製品がおすすめ
●バッグ:革製のトートバッグ
●アクセサリー:腕時計のみ

男性のNG私服例

以下のようなラフすぎる服装は避けましょう。

<インターンシップではNGな男性の私服の特徴>
●デニム
●スウェット
●スニーカー
●帽子
●サンダル など

私服でインターンシップに行くときの服装(女性編)

女性の私服について解説していきます。男性同様に清潔感があり、華やかすぎない服装を選びましょう。

女性のOK私服例

<インターンシップに適した女性の私服>
●アウター:暗めの色のジャケット
●トップス:シンプルなシャツ、ブラウス、カットソー
●ボトムス:スカート、パンツ(暗めの色でタイトなもの)
●靴: ヒールの低いパンプス(黒、ページュなど)
●バッグ: 革製のトートバッグ
●アクセサリー:控えめでシンプルなデザインのもの

女性のNG私服例

ラフすぎる服装はもちろんのこと、肌の露出が高かったり派手なデザインもNGになります。

<インターンシップではNGな女性の私服の特徴>
●生足
●露出度の高い服装(シースルーやショートパンツ・ミニスカートなど)
●派手なデザインの服装
●サンダル、ミュール
●スニーカー
●ヒールが高すぎるパンプス
●目立つアクセサリー など

インターンシップ生に私服を指定する企業の目的とは

インターン 私服

そもそも企業がなぜインターンシップ生に対して私服を指定するのか、目的や理由を解説していきます。

私服を指定する企業の目的

私服を指定する企業の目的には大きく分けて4つあります。

<私服を指定する企業の目的>
●私服通勤の職場であるため
●かしこまらないときの人間性を見るため
●環境への適応性を判断するため
●インターンシップ生の負担を軽減するため

それぞれについて解説していきましょう。

●私服通勤の職場であるため
ベンチャーやアパレル関係は自由な社風の企業が多いため、そもそも社員がスーツを着ていないところが多いです。

●かしこまらないときの人間性を見るため
スーツを着ていると面接の感覚になってしまい、普段よりも緊張して自分をうまく表現できないという方もいます。それがインターンシップ先での仕事となるとなおさらです。

企業としても学生の内面を見極めやすくするために、私服を指定することで自然体の人間性を見ようとしています。

●環境への適応性を判断するため
私服を指定していても、会社はフォーマルな場所です。
それをわきまえた服装を選択できるかどうかで、環境に適応できる人材かを判断する材料にする企業もあります。

逆にカジュアルな雰囲気の中でスーツを着続けていても、周りを見ていない、空気を読めないと思われてしまいます。

長期インターンシップであれば、周りの雰囲気を見ながら少しずつ調整していきましょう。

●インターンシップ生の負担を軽減するため
インターンシップ生にとって会社は慣れない環境ですし、緊張することも多いでしょう。
また、スーツやジャケットは他の服装よりも高額なことも多く、クリーニングをするのにもお金がかかります。

そういった精神面や金銭面の負担を軽減するため、インターンシップ生には私服で働いてもらうという企業もあります。

アパレルは他業種と異なるので注意

アパレル業界の場合、前述したビジネスカジュアル以外でも許容されることが多いです。

なぜなら、アパレル業で重要なファッションセンスを見たり、取り扱っているブランドカラーに合っているかをチェックしたりすることが目的だからです。TPOをわきまえた上で、個性をアピールできる服装を選びましょう。

まとめ

インターンシップ先に私服を指定された場合、スーツを着ていくべきかどうかの判断基準として「私服で結構です」や「私服でお越しください」のような言い回しの表現からチェックする方法を紹介しました。

企業にとって、インターンシップ生の私服選びも重要なチェックポイントの一つです。
もし私服で行くとなった場合は、OK例やNG例を参考に服装を選んでみてください。

インターンシップには私服で行くべきかどうか、服装に関する疑問は解決できたでしょうか。
インターンシップも就活同様、早めに動くのが有利です。ライバルに差をつけるために早速インターンシップを申し込みましょう。

インターンシップ先を探すなら、キャリアバイトがオススメ!