クルービット M.Y

実務未経験でも一流のプログラマーになれる! 充実した研修制度を持つクルービットの魅力とは?

クルービット M.Y

―― 株式会社クルービット プログラマー M.Y

2017年10月に中途入社して約半年。プログラミング実務経験がないなかで入社をし、クルービットの研修を経て、現在は一人前のプログラマーになるため日々システム開発に取り組んでいます。なぜプログラマーを選んだのか、なぜクルービットを選んだのか。仕事の魅力についてインタビューしました。

興味あることを仕事に、手に職をつけたいと思っていた

クルービット M.Y_1

プログラミングに興味を持ったきっかけを教えてください。

プログラミングを始めたきっかけは、研究室の実験で任されたことです。ただ、そこでは思うようには出来ませんでした。

プログラミングに興味を持っていたものの、新卒の時には、プログラマーの道には進まず通信系の大手企業に入社し、1年半くらい勤務しました。そこは自分でプログラミングをするような会社でありませんでしたが、それよりもプライベートの時間がしっかり取れることや、福利厚生といった条件などを優先させて入社しました。

仕事の内容としてはお客様と打ち合わせや、銀行のサーバーやネットワークのメンテナンスの進捗管理をしていました。最初は仕事が終わった後の時間を楽しめるからいいかなと考えていましたが、実際勤務をしてみると1日の大半を使う仕事でこそ興味があることをしたいと思うようになりました。

これが転職を決めた大きな理由の1つでした。

クルービットへの入社のきっかけを教えて下さい。

転職活動をしている時、たまたまクルービットを知り、プログラミングをしっかり学べそうな印象があったので連絡してみました。面接などを重ねるうちに、話の内容などから本当にプログラミングや技術のことが好きな人たちが集まっているんだなというのが分かり、COOが語ってくれた夢を僕も一緒に追いかけたいと思いました。

プログラミングを仕事にしようと決めたのは、限りある時間の中独学でやっていても圧倒的に成長のスピードが遅いと感じ、やるからには一人前になるまで成長したいと思ったからです。

森谷さんが感じるクルービットの魅力を教えてください。

指導がすごく手厚いことです。掲示板を作っていく研修ですが、どんどん機能を加えていく過程でプログラミングの基礎や応用、Webシステムを組む上で重要な知識や考え方を学んでいきます。

与えられたカリキュラムに沿ってという形ではなく、実際に自分で調べ、手を動かして制作したものにフィードバックをしてもらえます。フィードバックのレベルはかなり高いですが、高いからついていけないというものではありません。僕は去年の10月に入社して約3ヶ月もの間手厚い研修を受けまして、結果かなりのスピードで成長できたと思います。日々、充実感があって楽しかったです。

あとクルービットの特徴としては、少人数の動きやすさみたいなのはありますね。不毛だと感じるルールがなかったり、ああしたいこうしたいというのも筋さえ通っていれば通る環境なので、そういうストレスがないのはいいですね。コミュニケーションもフランクで仲良く仕事できています。

現在の業務内容を教えてください。

現在は先輩が開発したシステムを引き継ぎ、機能追加を行なっています。お客様社内で使用される業務システムで、今までお客様が時間をかけていた様々な業務を楽に正確にしようというものです。

開発は主に1人でやっていますが、研修を終えた今でも、先輩がレビューしてくれて成長につながっています。1人でやっていたら気づけないようなこともフィードバックをしてもらえるのは本当に勉強になります。

動くプログラムを作るだけであればそんなに難しくないかなと思います。動くのは当たり前で、他の人から見ても読みやすいコードを書くとか、修正がしやすいように作るということに気を使わなければなりません。

そういったことをきちんと教えていただけるのですごく勉強になりますし、それだけプログラミングに精通している方が多いです。

将来的にはどんなことをしたいですか?

まだまだプログラマーとして経験が浅いので、多くのシステムを開発してスキルを磨いていきたいです。平均的なプログラマーが1ヶ月かかるような内容を、クルービットのプログラマーは1~2週間くらいで出来たりするので、そこを目指したいと思っています。

また、プログラミングはもちろんサーバーも、営業もできますよ、という1人で何でもできる技術者になりたいですね。クルービットにいれば、希望があれば積極的にやらせてもらえる環境は整っているので。営業については少し苦手意識がありますが、将来的には挑戦してみたいと思っています。

インターン生に一言お願いします!

クルービットには、「プログラマーとして成長したい!」という意志があれば、それを最速で実現できる環境があるので、ぜひ飛び込んできてほしいです。