インターン 辞めたい

インターンの選考に通って、参加が認められたけれど、自分の都合でインターンに参加できなくなってしまった。そういうこともあり得ると思います。では、インターンを辞退したい時、どうすれば良いのでしょうか?

インターンってそもそも辞退して平気なの?

インターン 辞めたい
せっかく選考に通ってインターンに参加できることになったのに、自分の用事やほかのインターンと被ってしまって、困ってしまうこともあると思います。そもそもインターンは辞退しても平気なのでしょうか?

やむを得なければ、インターンを辞退することが可能!

インターンは、辞退することが可能です。学生生活を忙しく過ごしていて外せない用事が入ってしまったり、他のインターンと日時が被ってしまったりすることはしばしばあります。インターン先の企業・会社は、インターン生の辞退をある程度想定しています。そのため、誠意を持って早めに連絡を取れば、辞退することができます。遅いインターン辞退の連絡は、インターンのプログラムや活動に迷惑をかけてしまうので、辞めましょう。

インターン辞退が本選考に影響することってあるの?

インターンをやむを得ない事情で辞退することになってしまった場合、その辞退が本選考に影響してしまうことはほとんどないと考えても良いですが、絶対にないとは言い切れません。なので、インターンを辞退するときは、本選考に不利にならないように誠意を持って連絡をするべきです。無断でインターンを休んだり、急ぎ連絡を取るべきところでメールを使ってしまうなどの、相手への誠意を欠く行為はインターン先の会社・企業からの印象を悪くしてしまうのでやめるようにしましょう。

インターンの辞退の仕方って?

インターンをやむを得ない事情などで辞退することになってしまった場合、誠意を持ってインターン先の会社・企業に連絡を入れることが重要なことがわかりました。では、誠意を持ったインターンの辞退はどのようにすれば良いのでしょうか?

いつまでにインターンを辞退するべき?

インターンを辞退するときは、辞退が決まったらすぐにインターン先の会社・企業に連絡をするようにしましょう。辞退の連絡は早ければ早い方が好ましいです。インターンの前日や当日に、傷病などの急な事情でインターンを辞退することになってしまった場合も、出来るだけ早めにインターン先に連絡するようにしましょう。

インターン辞退の時の連絡手段って?

インターンの辞退を連絡する場合、まずインターン先の会社・企業に電話をかけるようにしましょう。しかし、担当者と連絡が取れなかった場合や営業時間外に緊急の連絡としてインターン辞退を伝えたい場合は、メールを使って連絡を取るのが良いでしょう。

インターンを電話で辞退する

インターンを電話で辞退する時は、声が聞き取りやすい静かな場所でかけるようにしましょう。また、話す内容をしっかりと考えておき、ハキハキと話すようにします。電話をかけた時、まず自分の「氏名」「所属大学名」「繋げて欲しい担当者」を伝えます。担当者に代わってもらったら、「辞退させていただきたい」旨を伝え、内定をいただいたのに申し訳ないことを謝罪します。このとき、基本的にはインターンの辞退の理由は、誠意を持ってしっかり伝えるようにしましょう。

インターンをメールで辞退する

インターンをメールで辞退する時は、担当者と連絡が取れなかった場合や営業時間外に緊急で連絡を入れたい場合です。まず、メールの件名は「インターンシップ辞退のご連絡」など、受け取ったインターン先の会社・企業の人が一目見てわかりやすいものにします。次に、宛先(相手の会社名/部署/担当者名)と自分の「氏名」「所属大学名」を記載してから本文に繋げます。本文では、インターンを辞退する旨とその理由を述べ、誠意を持って謝罪するようにしましょう。本文の最後には、「末筆ながら御社の益々の発展とご活躍をお祈り申しあげます。」などの定型句を用いるようにします。メールの1番最後には、「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を明記するようにします。

無断欠席はNG!

当日行けなくなった場合やいくら自分が興味がなかった会社・企業であっても無断欠席は、インターン先の方々に迷惑がかかりますし、社会人としてもやってはいけない行為です。当日に急遽行けなくなった場合は、すぐにインターン先に電話で連絡をするようにしましょう。
長期有給インターンが見つかるキャリアバイトはこちら

まとめ

インターンは、傷病やほかの予定と被ってしまったなど、やむを得ない理由で辞退することになってしまっても、誠意を持って対応すれば問題がないことがわかりました。ですが、むやみやたらと応募して、合格をいただいたのにインターンをキャンセルすることはインターン先の会社・企業に迷惑がかかるので止めるようにしましょう。会社・企業のことを学ぶことができる絶好の機会であるインターンですから、マナーをしっかり守って参加するようにしてください。