インターン バイト 違い

大学生のみなさん、インターンとバイトのどちらをやろうか迷っていませんか?「難しそうだけど、インターンやってみたい!」「でもバイトの方が楽だし、どうしよう・・・」いろんな悩みや感情があると思います。そこで今回は、インターンとバイトはどういうものなのか、そして両者の違いについて比較して行きます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

インターンとバイトの種類

インターン バイト 違い
ここでは、インターンとバイトの業務体型やインターンの種類について書いていきます。インターンとはそもそもなんなのか。バイトにはどういった職種があって、インターンにはどういう仕事があるのかを見ていきましょう。

インターン

インターンとは、簡単にいうと「学生が実際に企業に入り、働く」という事です。大きく分けて、短期インターンと長期インターンに分かれます。短期インターンは、企業によって異なりますが、1日から一週間前後で行われるものです。短期のものであれば、主に会社の説明会やグループディスカッションが行われます。また、短期インターンは無給で行われる事が多いです。

一方、長期インターンは約3ヶ月以上の勤務が必要です。短期インターンと違い、会社の業務に関わり、会社を動かしていく一員となります。実際に会社の人と関わって仕事を進めるため、その業界や会社を理解する事ができます!もちろん労働力を提供するので、長期インターンの場合は有給です。インターンの職種は、マーケティング、営業、エンジニア、ライターなど様々な種類のものがあります。

バイト

バイトは比較的わかりやすいですよね。定義は人によって異なるのですが、学業などの本業のかたわら、仕事をして賃金を稼ぐ事です。比較的、仕事はマニュアル通りであることが多く、責任もあまり重くはありません。職種としては、居酒屋などの飲食店や、塾講師、コンビニなど、他にも様々なものが挙げられます。

インターンとバイトの違い

ここからは、インターンとバイトがどのように違うのかについて書いていきます。内定に関係するのか、責任はどのように違うのか、そういった点を以下において詳しく見ていきましょう。

①任せられる責任

インターンとバイトでは任せられる責任が異なります。例えばバイトでは、レジの担当や商品の運搬、接客や掃除など比較的簡単な作業が多いです。また、責任のある仕事は社員がやる事が多いため、責任が押し付けられるということはあまりないですね。

これに対して、インターンに参加すると、会社を運営する一員となるため、責任のある仕事を任せられる可能性が高いです。例えば営業のインターンであれば、当然、商品やサービスを売って会社の利益を出さなければなりません。そのため「何件アポを取らなければならない」といったノルマを設定し、達成できるようにする必要があります。企業側からすると、利益を出さなければ倒産する可能性もあるため、学生に求める責任や結果も、バイトと比べると大きいのです。

しかし、責任が大きい分、自分が成長できるチャンスでもあります。この目標に対してしっかり結果を出すとか、結果を出すためにどう行動するべきかといった思考力がつくなど、自分が成長できる場の一つとなるでしょう。

②スキル

バイトでも一定のスキルを得ることはできます。例えば、飲食店のホールでバイトをする事で、様々な年齢層の方と関わる事になります。そのため、コミュニケーション力をつける事ができますし、正しい言葉遣いも学ぶことができます。

これに対して、インターンではさらに専門的なスキルを得ることができます。例えば、営業ではコミュニケーションや言葉遣いはもちろん必要です。それに加えて、商品を買ってもらうためのプレゼン力、どうやったら商品を買ってもらえるかといった考える力などが必要となります。もちろん職種によって異なりますが、それぞれの分野において、より実践的なスキルを身につけることができます。

③内定に関係するか

今アルバイトをしていて、そのままバイト先に就職するぞ!って考えている方は少ないですよね。しかし、インターン先では、両者の合意があればそのまま内定に直結するなんてことがあります。そうすると、就活という概念がなくなり、周りが就活をしている中、自分はさらにキャリアアップやスキルアップに精進することができます。加えて、就活で必要な交通費を負担しなくても済むし、自分の自由な時間が増えることになります。しかし、内定がもらえるかどうかは企業によるため注意が必要です。

まとめ

ここまでバイトとインターンの違いについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?バイトは責任は少なく、簡単な作業が多いです。一方、インターンは責任が大きく、自分で考えて行動することが必要です。
ここまで読んでみて、インターンに挑戦したくなった方は、キャリアバイトで探してみてくださいね!