クリエイティブ インターンシップ

この記事を見ている学生の皆さんの中には、将来どんな職業に就こうか、悩んでいる方も多いと思います。今回は、クリエイティブの仕事についてです。クリエイティブというと何かを「創造する」仕事というイメージですが、具体的にはどんな職業があるのでしょうか?また、クリエイティブのインターンにはどのようなものがあるかについても、合わせてご紹介していきます!

クリエイティブの仕事ってなに?

クリエイティブと聞くと何かを創造すると言う大まかなイメージはあるものの、具体的にはどんな職種があるのか、どんな仕事内容なのか不明確なものも多いと思います。ここでは、クリエイティブの仕事について、どんなものがあるのかをお話ししていきます。

クリエイティブとは?

クリエイティブ(creative)とは「創造的な」,「創造的である」という意味の英語になります。広告業界においては、広告として掲載するために作られた広告素材や、インターネット広告におけるバーナー広告,メール広告等に使用される画像などを指すことが多いです。

クリエイティブな仕事って?

クリエイティブな仕事とは、クリエイティブという英語の意味からわかるように、「何か新しいものを創り出す・創造する仕事」になります。また、クリエイティブな仕事を職業とする人を、「クリエイター」とも呼びます。

クリエイティブな仕事の職種って?

クリエイティブな仕事とは、何か新しいものを創り出す職業であることがわかりました。そんなクリエイティブな仕事の職種は、大きく2つに分けることができます。1つ目は、クリエイター職です。クリエイター職は、実際にデザインの製作を行い、何か新しいものを創り出す職業になります。クリエイター職には、依頼者の要望に沿ったウェブサイトのデザインを行う「Webデザイナー」や書籍やポスター,商品パッケージなどの平面的なデザインを手がける「グラフィックデザイナー」、紙の媒体に限らずWebサイトなどの文章を依頼内容に合わせ、企画して記事にする「ライター」など色々な職種があります。2つ目は、プロデューサー職です。プロデューサー職は、クリエイター職のように実際に新しいものを手を動かして創り出すのではなく、クリエイターの監督を行なったり、スケジュールの管理などのクリエイターのプロデュースを行うような仕事になります。プロデューサー職の仕事には、広告業界において広告制作の進行の状況や、実際の制作者であるクリエイターの指揮や管理などを行う「クリエイティブディレクター」、世間のゲームの流行を調査し、新作のゲームの種類や内容、商品を売り出すターゲットなどを考え決定し、プロジェクトチームの人選などの製作全体の管理を担っていく「ゲームプロデューサー」、自社のWebサイトやクライアントの依頼を元に、企画や製作,運営など、全てを統括する責任者の役割を果たす「Webプロデューサー」などの職種があります。クリエイティブな職とは、プロデューサー職がクリエイター職の人々を管理・統括、指示をして、クリエイター達がその通りに動いて仕事を行い、成り立っていくようなイメージになります。

クリエイティブの仕事のインターンって?

クリエイティブの仕事とは、何か新しいものを創り出す職業であり、プロデューサー職とクリエイター職の2つに大きく分けることができることがわかりました。では、クリエイティブな仕事には、どんなインターンがあるのでしょうか?

短期のものもあるが、長期インターンも豊富に開催!

クリエイティブな仕事のインターンは他の業界と同じように、1dayインターンや数日程度のインターンが開催されています。しかし、クリエイティブな仕事のインターンは、他の業界に比べ、長期有給インターンも多くなっています。

クリエイティブな仕事のインターンの内容って?

クリエイティブな仕事のインターンは短期のものだと他の業界の短期インターンと同じように、自社について説明するような内容であったり、ちょっとしたクリエイティブな仕事の体験ができるようなインターンになっていることがほとんどです。長期のインターンだと、実際にその会社に就業して、アルバイトのようにお金をもらいながら、クリエイティブの仕事の経験を積んでいく形になります。長期インターンでは会社によって内容は異なりますが、マーケティングなどを用いながら世の中をリサーチし、企画や開発を行い、それを記事やWebサイト・システム構築など新しく形にしていきます。日常生活では決して目にすることができないような、生のクリエイティブの仕事に関わることができ、また先輩社員からフィードバックももらうことができるので、とてもいい機会になると思います。給料をもらうこともできるので、一石二鳥です!
キャリアバイトでは、長期有給インターンを多数掲載しております。

まとめ

いかがだったでしょうか?あまり馴染みがある人が少ないクリエイティブの仕事について、職種やインターンなど、様々なことをお話ししてきました。少しでもこの記事を読んで、クリエイティブな仕事に興味を持ってくださった方がいたら嬉しいです。クリエイティブ業界の仕事に興味を持ったらぜひ、クリエイティブの仕事のインターンにも参加してみてくださいね!