インターン 自己紹介

自己紹介は自己PRではない!話す内容のポイントとは

インターン 自己紹介

「最初に自己紹介をしてください」「では最後に自己PRをお願いします」

このように、面接では自己紹介と自己PRがお決まりですよね。

では、この2つに違いはあるのでしょうか。どっちも同じ内容になってしまった!という学生さんも多いかと思います。実は、自己紹介と自己PRはその目的が違うんです!つまり、内容が同じということはあり得ません!

そこで今回は、自己PRとよく混同されがちな自己紹介について、話す内容のポイントを紹介していきます。

自己紹介と自己PRの違い

まずは、自己紹介と自己PRの違いについて見ていきましょう!この2つの違い、みなさん分かりますか?

簡単に言うと、自己紹介は“きっかけ作り”、自己PRは“掘り下げ”です。自己紹介では面接で話す内容のきっかけ作りをし、それを元に自己PRではエピソードを深彫りしていきます。

しかし、この2つを混同してしまうと、自己紹介を求められているのに自分の強みやアピールポイントを言ってしまうのです。これでは、企業の求めていることと合致しないため、質問の意図を理解していないと捉えられてしまいます。

自己紹介、何を話す?

自己PRとの違いは明確になりましたが、では一体何を話せば良いのでしょうか?

1. あいさつ

面接が始まって最初に声を出すのが、この自己紹介だと思います。そのため、いきなり名前を言うのではなく、第一声は元気な声であいさつをしましょう!「おはようございます」「こんにちは」「はじめまして」など、笑顔でハキハキと言うことで、第一印象は圧倒的に良くなります!

2. 出身校

大学名、学部、学科を言いましょう。

3. 名前

自己紹介ですから、名前は必須です。面接官全員に名前を覚えてもらえるよう、ハッキリと伝えましょう。名前の由来などがある人は、それも交えて言うことでより印象に残ることができます!

4. 感謝の言葉

感謝というのは、面接に時間を割いてくれたことへのお礼です。企業側も普段の業務がある中、採用に向けて時間を作っています。

こういった感謝の一言があるのとないのとでは、面接官に与える印象が全然違います!周りと差を付けたいのなら、この感謝の言葉を入れてみてください!

5. 趣味や特技など

自己紹介として、あなたはどんな人なのかを伝えましょう。好きなことや普段欠かさずやっていることなど、あなたを表現できるものなら何でも大丈夫です。

6. 大学で勉強していること

大学生の本分は勉強です!そのため、普段どんなことを学んでいるのかは自己紹介で言うべきでしょう。どんな研究をしているのか、何のゼミに入っているのか、簡潔に説明します。

7. 自己PRの元になるキーワードを出す

ここで、後の自己PRに繋げるためのキーワードを出します!アルバイトやゼミ、サークル活動など、自己PRに出てくるエピソードの大枠だけを話しましょう。ここで具体的に話してしまうと、自己PRと一緒になってしまうので注意が必要です!あくまでも“きっかけ作り”に留めましょう。

また、面接官に興味を持ってもらえそうな“キーワード”を出すことで、その後の質疑応答でたくさんコミュニケーションをとることができます。例えば、「大学2年生の夏、1か月間1人でバックパッカーをしたことがあります」という自己紹介では、「バックパッカー」がキーワードになります。「どこの国に行ったの?」「一番感動した出来事は?」など、質疑応答では話が広がっていくでしょう。

自己紹介を作る際は、「一番広げたい話は何か」を考えていきましょう!

8. あいさつ

最後もやはり、あいさつで締めましょう。

以上が、自己紹介で主に話す内容です。これらはあくまでも一例なので、必ずしもこれ通りに言う必要はありません!話す順番や内容など、自分流にアレンジしてみても良いです!

「どうやったら面接官の心を惹きつけられるか」ということを第一に考えましょう!

きっかけを作る自己紹介の例文

では最後に、後の質疑応答、そして自己PRに繋がる自己紹介の例文を紹介したいと思います。

「おはようございます。○○大学□□学部△△学科から参りました、キャリア花子です。本日は貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございます。私は走ることが大好きで、毎朝30分ランニングをしないと1日が始まりません!大学では、国際問題について学んでいて、特に教育に焦点を当てています。講義で聞いたことを実際に見てみたくて、大学2年の夏休みには、1か月間1人でバックパッカーをしました。「とにかく自分の目で見る!」をモットーに日々走り回っています。本日は、御社への熱意を精一杯伝えたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします。」

自己PRの元となるキーワードを出しながらも、しっかり自分のキャラクターを伝える、これを大事にしてみてください!