インターン 英語

英語力が活かせる長期インターンシップってどんなものがあるの?

インターン 英語

長期インターンシップにチャレンジする学生の皆さんの中には、英語が得意で、その英語力を長期インターンシップで活かしたい方もいらっしゃるでしょう。今回は、英語力を活かせる長期インターンシップについて、どんなものがあるのか、またその探し方について解説していきたいと思います。

英語力が活かせる長期インターンシップってどんなものがあるの?

インターン 英語
英語力が活かせる長期インターンシップはたくさんあります。でも、英語力と言っても会話力やヒアリング力、リーディング力、ライティング力など人によって得意な部分は様々ですよね?そこで、必要とされる能力別に、英語力が活かせる長期インターンシップを見ていきたいと思います。

ライティング力が求められる、英語記事の執筆

ライター職の長期インターンシップの中には、数は少ないですが英語での記事執筆を行うものもあります。海外の旅行客向けに展開している旅行のwebメディアなどですね。こういった長期インターンシップでは英語圏の人が読んでも違和感のない文章を執筆しなければいけないので、高いライティング力が必要とされる業務となります。英語力に自信のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

リーディング力が求められる、英語文献のリサーチ

マーケティング職やコンサルタント職の長期インターンシップでは、英語の本やwebサイト、論文などのリサーチ業務が含まれている場合があります。例えば海外企業の決算報告書の分析業務などです。これらの業務では専門用語の多い難解な英語文献を読み解いていく必要があるので、英語の高いリーディング能力が要求されます

リーディング力+プログラミングスキルが求められる、エンジニア

「エンジニアに英語が関係あるの?」と思われる方も多いでしょうが、実はエンジニアの業務と英語は切っても切り離せないものです
エンジニアは業務中、プログラミング言語の公式ドキュメントやstackoverflow(エンジニア専用のQ&Aサイト)を参考にプログラミングしていきますが、これらのサイトは全て英語で書かれています。必然的に、エンジニアは英語のリーディング力が求められることになります。

会話力が求められる、英語での電話業務

非常に珍しいですが、営業職などの長期インターンシップなどでは、英語での電話業務が発生するものがいくつかあります。
例えば海外の企業に営業する必要がある場合や、海外の方がメインユーザーであるサービスの問い合わせ対応などです。これらの業務では、英語でのコミュニケーションが問題なくこなせる必要がありますので英語での高い会話力をお持ちの方にオススメです。

総合的に全ての英語力が求められる、外資系企業

外資系企業での長期インターンシップは、総合的に高い英語力が求められるケースが多いです。例えば、資料作成ではライティング力が必要ですし、それを社内に共有する場合会話力も重要になってきます。このように、英語の全ての能力が必要とされるので、そもそも面接前にTOEICの点数などでハードルが課せられている場合もあります。そのハードルを突破できるほど英語に自信のある方にはとてもオススメの長期インターンシップとなります。

英語力が活かせる長期インターンシップの探し方

さて、ここまでは英語力が活かせる長期インターンシップにどんなものがあるかについて見てきましたが、そういった長期インターンシップをどうやって探せばいいのか疑問に思っている方もいるかと思います。ここからは英語が活かせる長期インターンシップの探し方について解説していきます。

結論から先に書くと、「求人サイトで探す」というのがもっとも手っ取り早い方法となります。
キャリアバイトをはじめとした長期インターンシップ専門の求人サイトでは、「英語力が活かせる」募集の検索が行える場合もあります。

例えばキャリアバイトの場合、「英語スキル」という検索条件が設定できます。
この検索でヒットした求人は多かれ少なかれ英語力が必要な長期インターンシップとなります。あとはその中から、自分の英語力に応じて応募する長期インターンシップを選んでいきましょう。

 

キャリアバイト、英語力が活かせる募集

このように求人サイトだと手間がかからず自分にあった求人を探すことができますので、まずは求人サイトで自身にマッチする求人を探してみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は英語力を活かせる長期インターンシップの種類と、その探し方について解説してきました。
英語力がありあまっている方は、長期インターンシップでその英語力を活かしてみませんか?

キャリアバイトでは英語力を活かせる長期有給インターンの求人を多数掲載中!こちらもあわせてご覧ください!