インターンシップ 探し方

長期インターンシップのオススメの探し方4選!

インターンシップ 探し方

長期インターンシップとは通常のインターンシップとは異なり、給料を受け取りつつ社員と共に実際の会社の業務に携わるというインターンシップのことです。実務経験やスキルを、お金をもらいながら身につけられるため、アルバイトがわりに長期インターンシップを行う学生が増えてきています。しかし、この時問題となるのが長期インターンシップの探し方です。まだまだ受け入れている企業が少ないため探すのに苦労することもあります。そこでこの記事では、長期インターンシップの探し方について、オススメの方法4つを解説していきます。
インターンシップ 探し方

長期インターンシップの探し方①:求人サイトで探す

もっともおすすめなのは求人サイトを見て探す方法です。特に最近はキャリアバイトを始めとして長期インターンシップ専門の求人サイトも増えています。長期インターンシップ専門の求人サイトで長期インターンシップを探すメリットとしては、自分の条件にあう求人を簡単に探すことができるということ。たくさん長期インターンシップの求人情報が集まっているので自分の希望の職種や勤務時間、給与を満たす求人を見つけやすいのです。例えば、『時給1200円以上&週3勤務&営業職』といった一見探しづらそうな条件も、求人サイトであれば簡単に探すことができます。特にこだわりがないのであれば、まずは求人サイトで長期インターンシップを探してみるのが良いでしょう。

長期インターンシップの探し方②:企業の自社ホームページから探す

探すのにあまり効率が良い方法ではありませんが、参加したい企業がある程度定まっている場合には企業の自社ホームページから探すのもオススメの方法です。ある程度知名度がある企業や外資系企業は自社ホームページにしか求人を掲載しないことも多いので、こういった企業で長期インターンシップに参加したい方は自社ホームページをチェックしてみましょう。またその企業の求人情報や採用理念などは自社ホームページが一番詳しく載っていることが多いので、求人サイトや他の方法で求人を見つけたとしても一度自社ホームページを訪れ、自分とマッチした求人かどうか細かくチェックすることをオススメします。

長期インターンシップの探し方③:採用イベントに参加する

数は少ないですが長期インターンシップの採用イベントも存在します。どういうものかというと、企業数社〜十数社が集まり自社の事業・理念・求人内容等の説明や学生との交流を行う、といったイベントです。こういったイベントに参加するメリットとしては、企業の生の声が聞けるという点です。求人サイトや自社ホームページを見るのとは異なり、社員の方からその企業について直接話を聞くことができるのでよりその企業への理解が深まるでしょう。また人事の方にもし好印象を残すことができれば長期インターンシップの内定に一歩近づくことも可能です。イベントならではの企業との交流を通じて長期インターンシップを探したい方にはオススメの方法です。

長期インターンシップの探し方④:学校の就職課に問い合わせる

最後に、学校の就職課に問い合わせる、という方法もあります。企業としてはもちろん採用ターゲットに合う学校の学生に長期インターンシップに参加して欲しいので、逆に言えば就職課に求人が届いている企業だと長期インターンシップの面接に合格しやすい、というメリットがあります。ただし、専門学校や単科大学であれば就職課に長期インターンシップの求人がある可能性も高いですが、一般の4年制総合大学に求人がある可能性はそれほど高くないでしょう。そういった意味では全員が使える方法ではないことは確かですが、一度就職課に問い合わせてみる価値はあるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は長期インターンシップの探し方について解説してきました。最近では長期インターンシップに参加する学生も募集する企業も増えてきます。それは喜ばしいことでもありますが、同時に企業を探すのが難しくなってきているということでもあります。これから長期インターンシップへの参加を考えている学生の皆さんは、様々な方法を駆使して自分にあった企業を見つけてください!

キャリアバイトでは長期有給インターンの求人を多数掲載中!こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。