エンジニア インターン

エンジニアの長期インターンは未経験NG?参加方法について徹底解説!

エンジニア インターン

文系でITがわからない方や、プログラミングに触れたことがなくてもエンジニアの長期インターンに参加したい方は多いと思います。そんな中で、「プログラミング未経験だけど、エンジニアとして長期インターンして働けるの?」と疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。今回は、実際に未経験からエンジニア長期インターンに採用されるための方法について解説していきます。
エンジニア インターン

大前提「プログラミング未経験でエンジニア長期インターンに採用されるのは難しい」

まず厳しいことを言うようですが、プログラミングに触れたことがない状態でエンジニアとして長期インターンに参加するのは難しいです。

たしかに、「未経験OK」となっているエンジニア長期インターンの募集は多いです。しかしこの「未経験」とは、「実務未経験」を意味するもので、「プログラミング未経験」という意味ではありません。
企業側の立場に立ってみると当たり前ですよね。独学や大学の専攻でプログラミングをしっかり勉強してきた人と、全くプログラミングに触れたこともない人では前者の方を採用したいはずです。そのため、未経験からエンジニアの長期インターンとして採用されるには、前提としてまずそれなりにプログラミングを学習する必要があります。
全くプログラミングに触れたことがない方がは勉強し始めるときは、Progateやドットインストールがオススメです。まずはこれらのサイトでHTML&CSS(webサイトの見た目を整える言語)を学習すると良いでしょう。

未経験からエンジニア長期インターンに採用される方法

実務未経験の状態からエンジニア長期インターンに採用されるための方法とは

①自分でアプリやサービスを開発してみる

まずは、自力でアプリケーションやwebサービスを開発してみることがオススメです。「いきなりアプリを開発するなんてハードルが高い……」と思われるかもしれませんが、初めは簡単なTodoアプリケーションなどでもいいです。すごく簡単な機能であっても、開発し始めると詰まったりうまくいかなくなることが往往にしてよくあります。つまり逆に言えば、自力で最後まで開発できた、というのは「分からないことは自分で調べて解決できる能力を持っている人」だと企業にアピールしていることに繋がります。
そしてこれは個人的な意見ですが、エンジニアの長期インターンに応募する人の中で、自力でアプリケーションやwebサービスを開発しきったことのある人は1割程度しかいないでしょう。つまり、自分で開発したものがあるというだけで、他の候補者に大きく差をつけることができるのです。

②HTMLコーダーとして働いてみる

それでもいきなり自力で開発するのはハードルが高い、という方にはこちらの方法がおすすめです。
HTMLコーダーとは、HTML&CSS(場合によってはJavascript)を使ってwebサイトの見た目を整える仕事です。

厳密に言えばプログラミングではないのですが、プログラミングと密接に関わっている分野ですし、働き始めてからプログラミングを学習していけばエンジニアとしての仕事も任せてもらえるかもしれません。また、エンジニアがどういった雰囲気で働いているのかどんなコミュニケーションをとるのか、など働いていればこそ感じられることも多いでしょう。HTMLコーダーとして採用される方法ですが、まず一通りHTML&CSSを学習したら既存のwebサイトの見た目を自力で再現してみましょう(模写)。
この模写が高いレベルでできるようになれば、HTMLコーダーとして採用してくれる企業は多いです。

③テスターとして働いてみる

勉強する前にまずは働いて、エンジニアを体験したい、という方のための裏技(?)がこの方法です。テスターとは、開発されたwebサイトを使ってみて、バグがないか、また仕様通りに動作するかチェックする仕事のことです。一見つまらない仕事のように思えますが、どんなところでバグが発生しやすいのかどういう風にチェックしないといけないのかなどエンジニアとして必要なスキルが身につく仕事です。そしてテスターであれば、プログラミングの経験は求められないケースも多いです。テスターとして働きつつ、プログラミングを学習して徐々にエンジニアにステップアップしていく、という方法もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?未経験からエンジニアとして長期インターンに採用される方法について解説してきました。エンジニアとしてのキャリアを考えている方は、参考にして見てくださいね。

また、キャリアバイトではエンジニアの長期有給インターンの求人を多数掲載しています。
ぜひこちらもチェックしてみてください!