インターン 時期

大学生の中には、就活のことも意識してインターンに参加したい人もいるのではないでしょうか。しかし、インターンが開催される時期がいつなのか知らないという人もいると思います。そこで今回は、インターンが開催される時期についてご紹介していきます。

インターンはどの時期に行われるの?

インターン 時期

ここからは、インターンがどの時期に行われているかを解説していきます。どの時期にインターンが開催されているか知ることで、参加する計画が立てやすくなるので、参考にしてみてくださいね。

インターンは1年中行われている

実はインターンは、1年中開催されておりインターンの時期は企業によって異なっています。インターンの開催時期は、企業の都合が合う日程で行われるため、業種や業界によっても開催時期には違いがあります。 また、大学生が参加しやすい夏休みや冬休みなど長期休暇の時期に合わせてインターンを開催するケースも多いです。
インターンは春夏秋冬問わず通年を通して募集、開催されており、特にベンチャー企業にその傾向は強くみられます。

インターンが多い時期は夏

インターンは通年で開催されていますが、その中でも開催される数が多いのは夏の時期です。夏の時期は大学生の長期休暇の時期で、参加者を確保しやすいという点から多く開催されています。大学生のおよそ4割が大学3年生の7月~9月に開催されたインターンに参加しているといわれています。その次に多いのが冬の時期で、大学3年生の1月~3月のインターンに参加します。この時期の大学生は、就活の開始時期である前に企業や業界の研究を兼ねてインターンに参加する人が多くいます。もちろん、この時期以外にもなるべく優秀な学生にアプローチしたいという企業はインターンを実施しているのです。

インターンにはいつから参加したら良いの?

インターン 時期

ここからは、インターンはいつから探し始め、いつ参加すればいいのかを解説していきます。また、開催時期ごとのインターンの特徴の違いについても説明していきます。インターンは参加する前にエントリーや選考があるので、インターンが実施される前に事前に準備をしておく必要があります。

いつから探し始めたらいいの?

インターンをこの時期から始めたらいいという基準の時期はありません。あくまで参加する本人の参加したいタイミングが基準になります。
一般的には、大学3年生の5月頃から夏のインターンを探す人が多いようです。この時期は、大学の夏休みの時期なので参加しやすく、就活を意識し始める時期でもあることから探し始める人が多くなっています。ちなみに、インターンは事前に数か月前までにエントリーし、選考(面接・書類選考)などを経て参加することができます。遅くても、インターンが実施される数か月前にインターン先を探す必要があります。
インターンは1年間を通して開催されているため、自分が興味のある企業や業界はいつ頃にインターンを実施しているのかを早めに調べてエントリーしておく必要があります。

時期ごとのインターンの特徴の違い

開催される時期によってその特徴に違いがあります。企業によっては複数の時期にインターンを開催しているところもありますが、プログラムの内容は開催される時期によって違ってくることも多いです。プログラムの内容が違うだけでなく、受け入れ人数や実施期間にも違いがある場合があります。
夏のインターンでは就活の手始めに参加する学生も増え、就活直前の春のインターンでは志望業界のインターンに参加する学生が増えます。この傾向を考慮して、企業側もインターンの内容と開催する時期を決定しています。自分のスケジュールを考えつつ、どの時期のインターンに参加するのか検討する必要があります。

インターンには短期と長期がある!

インターン 時期

インターンには長期と短期のものがあります。長期インターンと短期インターンにはそれぞれ特徴がるようです。そこで今回は、短期インターンと長期インターンの特徴とプログラムの内容について解説していきます。

短期インターン

短期インターンは、開催期間が1日~1ヵ月程度のインターンのことをいいます。開催期間としては、1Dayインターンか2~3日のインターンが多く開催されています。短期インターンは開催期間が短いことで、大学生が参加しやすいという特徴があります。しかし、その分、企業で実際に実務をすることはあまりありません。参加した人とのグループワークやグループディスカッションを中心に行われ、企業や業界の説明も行われることがあります。
短期インターンは期間も短く短時間で終了するため、数多くのインターンに参加することができ、企業や業界について多く知ることができるのです。ちなみに、短期インターンは大手企業を中心に開催されているケースが多く、対象学年は大学3年生が中心となっています。
最近では、就活が短期間で行われるようになり、中小企業でも短期インターンが行われるケースが増えてきました。短期インターンの募集は、インターンの開催日時からおよそ1ヵ月前に募集が開始されます。少し前からインターン情報をチェックするのがおすすめです。

長期インターン

長期インターンは、1ヵ月以上の開催期間があるインターンのことをいいます。長期インターンでは、実際の職場で企業の一員として就業体験をすることができます。学生のインターンでも社員の人と同じ業務を行うことも会社によってはあるようです。業種もさまざまあり、営業・事務作業・プログラミング・企画・マーケティングなど多岐にわたっています。実際にプロジェクトの一員として配置され、会議や企画に参加できる可能性も長期インターンでは高くなってきます。短期インターンや企業説明会では体験することのできない社会での就業経験や業務スキルを身につけることができるのです。
また、業務を行うことで自分にその企業や業界が合っているのか確認して、実際に働いている社員の姿から社内の雰囲気なども知ることができます。社内の雰囲気は短期インターンでは分からない部分もありますが、長期間社内で働くことにより、社内の雰囲気をつかむことも可能になってくるのです。
ちなみに、長期インターンは1年を通して開催されています。特にベンチャー企業では多くのインターン募集を行っているので探してみると良いでしょう。長期インターン中は、期間が長いこともあり報酬がもらえるケースも多いです。そのため、アルバイトの代わりに長期インターンを受ける人が増えています。
また、長期インターンは大学3~4年生を対象にしていることが多いですが、比較的時間のある大学1~2年生の時期から参加する人も増えています。長期インターンの募集は1年間を通して行っているので、情報を定期的にチェックする必要があります。長期インターンの募集を探すときには、キャリアバイトがおすすめです。

キャリアバイトでは、職種や業種別に長期インターンの情報を探すことができ、長期インターンを探している人にとっては便利なサイトです。

まとめ

ここまでで、インターンが開催される時期や参加するまでに必要な準備について解説してきました。インターンといっても短期インターンや長期インターンと期間が異なる違いもあれば、季節的な違いの夏インターンか冬インターンと時期による違いもあります。
現在では1年間を通してインターンは開催されているので、参加しやすくなっています。開催時期によっては内容の違うこともあるので、自分のスケジュールを考慮し、そのうえで参加できるインターンにエントリーしてみましょう!