株式会社リップル・キッズパークのインターン/インターンシップ情報 - キャリアバイト

株式会社リップル・キッズパーク マーケティング

【英語が当たり前の世代を!】社長やメンバーのサポートがしっかり!基礎から学べるマーケティング

株式会社リップル・キッズパーク

【英語が当たり前の世代を!】社長やメンバーのサポートがしっかり!基礎から学べるマーケティング

【夕方〜・土曜勤務も可】子供専門のオンライン英会話サービスのwebマーケティング!

英語が当たり前の世代をを育てていきましょう!
英語が当たり前の世代をを育てていきましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

【英語が当たり前の世代を育てる】
これが我々の掲げるサービスミッションです。

リップルキッズパークは子供専門のオンライン英会話サービスを中心に事業展開しています。
最大の特徴は、ABCも知らない全く初心者のお子さんでも気軽に始められ、
先生との楽しいレッスンを通じて自ら「英語を学ぶ意味」を実感してもらえるレッスンになっています。

リップルキッズパーク:https://www.ripple-kidspark.com/

【上場企業のグループ入りで更なる飛躍を】
 
「英語が当たり前の世代を育てる」というサービスミッションを達成すべく、
2016年にオンライン英会話業界のリーディングカンパニー・レアジョブのグループ会社となりました。

上場企業のノウハウ・リソースを活用しミッション達成に加速していきます!

レアジョブ:https://www.rarejob.com/

【代表からの一言】
私自身、英語を学ぶ意味を教わらないまま詰め込み式の英語教育を受けることで、英語を嫌い英語を避けて通る学生時代を歩んできました。

しかし、社会に出ると「英語ほど実務で使える教科はなかった」「もっとまじめに勉強しておけばよかった」
と後悔した経験を持っています。

リップルを使っている子供たちは、外国人の先生との日々のレッスンを通じて「なぜ英語を学ぶのか」という意味を知り、自ら「英語を学びたい」という気持ちをはぐくんでいます。

この子たちは今後学校で学ぶであろう英語の授業を、実践的で有意義な時間として真剣に受け止めてくれることと信じています!

インターンシップ情報

給与 時給1000円
(19時以降100円UP、土曜日100円UP)
勤務地 最寄駅: 明治神宮前〈原宿〉駅から徒歩5分 原宿駅から徒歩8分 渋谷駅から徒歩13分
所在地: 東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
業界 / 職種 業界: IT/Web 教育 / 職種: マーケティング
身に付くスキル ・マーケティングスキル
・幅広い思考能力・視野
・提案力
仕事内容 ~全社横断的なマーケティングの経験~

歯車の一つではなく、「自分がやった」といえるレベルでインターン生にお任せする予定です。
その分勉強しないといけないことは多いですし、責任も大きいです!

ですが、成長過程のベンチャー企業の中でダイナミックな業務を経験することができます!
大きく成長できること間違えなしです!

また、頼りになる社長直下、優秀なメンバーのしっかりとしたサポート付きで、マーケティングを担当できます!
マーケターとして密度に・徹底的に経験が積めるチャンスです。

マーケティングのスキルは「モノやサービスを売る、広める」という意味で
他の会社や他業種にも応用がきく汎用性の高いスキルです。

また、将来起業を考えることがあった場合にも必ず必要になるため、
今回の経験が無駄になることがありません!
フィリピンには100人以上の英語教師スタッフがいます!
フィリピンには100人以上の英語教師スタッフがいます!
オフィスは原宿・渋谷から近く、おしゃれな内装です!
オフィスは原宿・渋谷から近く、おしゃれな内装です!
少数精鋭チームでしっかり力をつけませんか?
少数精鋭チームでしっかり力をつけませんか?

応募要項

勤務時間 勤務日数:週3日~
勤務可能時間:10時〜21時の間
一日最低勤務時間:4時間~
土日勤務について:土曜のみ可能
※期末テストなど、柔軟に対応いたします!
応募条件 ・長期勤務可能な方大歓迎
・1〜2年生も大歓迎です!
・自ら試行錯誤できる方
・ウェブマーケティングに興味がある方
待遇 交通費全額支給(※上限3万円まで)
新卒登用 お互いに良ければ、新卒採用したいと考えています。

会社情報

会社名 株式会社リップル・キッズパーク
URL https://www.ripple-kidspark.com/user/company/

インタビュー

働いている人の声 リップルでは2年以上インターンをしています。
その間多くの会社でも掛け持ちでインターンに参加しましたが、これほど裁量権大きく仕事を任せてくれ、自身の成長に寄与してくれた企業はリップルだけでした。
任されるという事は、情報を集め、仮説を立て、実行し、検証し、改善するプロセスを基本的には全て自分だけで行います。もちろん質問したり相談したりすれば一緒になって考えてくれますが、指示待ち人間や教えてちゃんだと成長は難しいかもしれません。
業務開始時点では現在の業務の引継ぎから始まるので、一気にインプットして知識量を増やすことが可能ですが、この後は実際の本番です。引継ぎで得た知識をフル活用し、自分なりの考えを織り交ぜながら実践で学ぶ。
こんなに刺激的な現場は絶対他にはありません!
圧倒的成長を求める方にお勧めです!
経営者の声 2020年の東京オリンピック開催決定をきっかけとして、子供たちを取り巻く英語教育の必要性は飛躍的に増して来ました。学習指導要領の改訂により小学校から英語を正式教科として学ぶことが決定し、大学入試にもスピーキングが導入されるなど、劇的な変化が子供たちを待ち受けています。
また、今の子供たちが大人になり社会に出るころは、今よりもっと切迫した状況が発生しているはずです。

私自身、英語を学ぶ意味を教わらないまま詰め込み式の英語教育を受けることで、英語を嫌い英語を避けて通る学生時代を歩んできましたが、社会に出ると「英語ほど実務で使える教科はなかった」「もっとまじめに勉強しておけばよかった」と後悔した経験を持っています。

リップルを使っている子供たちは、外国人の先生との日々のレッスンを通じて「なぜ英語を学ぶのか」という意味を知り、自ら「英語を学びたい」という気持ちをはぐくんでいます。
この子たちは今後学校で学ぶであろう英語の授業を、実践的で有意義な時間として真剣に受け止めてくれることと信じています!