【12月15日〜16日】よんなな学校 Vol.4 ―One Year Anniversary―のインターン/インターンシップ情報 - キャリアバイト

【12月15日〜16日】よんなな学校 Vol.4 ―One Year Anniversary―
「学びをもっと身近に、もっと楽しく、最高の仲間と一緒に」をビジョンに掲げ、全国各地の想い溢れる学生たちと「よんなな学校」で貴重な二日間を!

  • 開催日時

    2018年12月15日 10時00分 ~ 14時00分

  • 主催企業

    よんなな学校実行委員会(協賛:ヤフー株式会社)

  • カテゴリー
  • 残り席数

    残り10

  • 申込期限

    2018年11月23日 残り11日

イベント詳細
全国にいる学生、特に地方学生に焦点を当てお互いのやりたいことを素直に応援し、成長し合える仲間と出会い、ともに新しい学びの場を生み出していくコミュニティです。活動としては、3ヶ月毎に2日間の合宿形式で開校しています。参加者とともに「新しい学びの場をつくる」ことをテーマに掲げています。
 
具体的な授業としては…
 
  1. 各業界の第一線で活躍する著名なゲストからの講演
  2. 自己分析、リーダーシップについて学び合うワークショップ
  3. オリジナルスポーツやフィールドワークを通し、五感から学ぶアクティビティ

などがあります。
 
よんなな学校の時間で一番大切にしているのは、「参加者同士が個性を認め合い、ともに世界をより良くしていく仲間に出逢える」ことです。変化が早く、情報が溢れる時代だからこそ、直接相手に向き合って本音で語る。自分のことを発信し、他者のことを理解することで「自分らしさ」がわかってきます。お互いを認め合って背中を押しあえる、そんなかけがえのない関係性を育めるように、カリキュラムを繊細につくり込んでいます。
 

■よんなな学校で得られること


  1. 全国各地に自分を認め応援してくれる仲間
  2. 新たな自分との出会い
  3. 急速に変わりゆく世界を生きていくためのモチベーションと知識
 
この3つを得て、80%以上の参加者がそれぞれ自分のやりたいことを実現しています。例としては、よんなな関連のイベントを自ら主催し、「関西よんなな学校」「よんなな先生会」「よんなな東北会in山形」「よんなな栃木会」が生まれました。また、留学を目標に掲げていた人は「トビタテ留学Japan」に、起業を視野に入れていた人は認定NPO法人ETIC.の起業家育成するための私塾「MAKERS University」に、さらなる活動の幅を広げるために全国で顕著な活躍をしている学生のサミットである「G1カレッジ」など、様々なシーンで活躍しています。よんなな学校での学びが既参加者の活動の幅をさらに加速させる原動力となっています。
 

■誕生の経緯


よんなな学校が生まれた経緯として、非常に強く影響を受けているのが「よんなな会」というコミュニティの存在です。主宰者である総務省の脇雅昭さんが掲げる「よんなな会」の理念として、「日本全国200万人の公務員の志が1%高まるだけで日本はよりよくなる」を掲げています。6年前から草の根で活動を続け、今年の11月で12回目を迎えます。
 
学生ボランティアスタッフを本格的に募集した10回目のよんなな会に参加し、「公務員」のイメージが180度変わる体験をしました。日本全国の公務員同士が有機的に繋がることや、行政という枠にとらわれず様々なセクターと交わることの重要性を学べました。同時に、大学生や高校生にもよんなな会のような、志を高め、素敵な仲間と出逢えるコミュニティが必要だと感じて生まれたのが「よんなな学校」でした。
 
2017年12月に第1回を開催し、これまで全国で4回行なっています。一緒に新しい学びの場をつくるというテーマの通り、既参加者の数名が毎回運営に加入しより良い「よんなな学校」を目指しています。
 

■日程・費用


日程:2018年12月15日10:00〜12月16日14:00
費用:7,000円
※変更する可能性あり
講師紹介
  • 伊藤羊一

    1990年日本興業銀行入行、企業金融や企業再生支援などに従事後、2003年プラス株式会社に転じ、流通カンパニーにて物流再編やマーケティング、事業再編・再生を担当。2012年執行役員ヴァイスプレジデントとして、事業全般を統括。2015年4月ヤフー株式会社に転じ、企業内大学Yahoo!アカデミア学長として、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ系科目の教壇に立つほか、KDDI ∞ LaboやIBM Blue Hub、MUFG Dijitalアクセラレーター、Code Republicなど、様々なアクセラレータープログラムにて、スタートアップのスキル向上にも注力。2018年3月に出版した『1分で話せ』が20万部突破のベストセラーに。

  • 長谷川琢也

    Fisherman japan事務局/ヤフー株式会社復興支援室に勤務。自分の誕生日に東日本大震災が起こり、思うところがあって東北に関わりはじめる。石巻に移り住み、石巻を拠点に被災地や東京をうろうろしながら東北の人たちとビジネスを立ち上げる。被災地の農作物や海産物、東北の歴史が息づく伝統工芸品などをネットで販売する「復興デパートメント」や、東北の水産品にブランド価値を与え、新たな水産業を創造する「三陸フィッシャーマンズプロジェクト」の立ち上げなどに従事。そんな中、海の上での背中は果てしなくカッコ良く、陸で見るキュートであたたかい笑顔、そしてどこにいてもアツく燃えている内面を持つ漁師たちに魅せられる。「漁師はかっこいい」それを1人でも多くの人に伝えるべく、丘で奮闘中。

このイベントに参加する