インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

「自分の得意・不得意を探せる、将来のキャリアに役に立つ機会を提供したい!」設立44年目の建築会社、東京新建装 代表取締役社長の黒崎さんにインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「自分の得意・不得意を探せる、将来のキャリアに役に立つ機会を提供したい!」設立44年目の建築会社、東京新建装 代表取締役社長の黒崎さんにインタビュー

代表取締役社長 黒崎 史朗

東京新建装株式会社は1972年に設立された建築会社です。
 
黒崎社長は、学生への成長機会を提供し、キャリアを考えるうえで将来の役に立ててほしいという思いから2011年よりインターン生を毎年採用してくださっています。
 
過去のインターン生の成果発表会では良い経験ができたと涙を流した学生も。
 
社会とは何か、働くとは何かを考えさせてくれる東京新建装さんに仕事への想い、学生への想いを伺いきました。

建築のプロとしての仕事が大手航空会社の大きな信頼を獲得

設立44年目となる東京新建装は現在、大手ゼネコンさんから依頼を受けた仕事を中心に、今後は個人向けの事業展開を拡大させていくために当社にマッチする人材を求めています。
 
今の仕事の大半は、大手ゼネコンさんの仕事が多いです。
その他にも私が直接契約に至った大手航空会社様との仕事など、法人向けの仕事にも力を入れています。
 
こちらの企業様からは、ある施設内をリメイクする作業をいただいたのですが、
当社に依頼いただくまで5年間、どの業者に依頼しても止まらなかった雨漏りを止めることができ、一気に信頼を獲得することができました。
 
その後は大手航空会社様の施設を3件以上、担当させていただいています。
 
それもこれまで40年以上の会社の歴史の中で培った技術や、現場課題に対する嗅覚や感性、そして何よりもパートナーである職人さん達との信頼関係があったからです。
 
当社は、簡単にいうと建築の仕事をとってきて、現場をディレクションする立場にあります。現在はパートナーとして現場を担当してくれる協力会社60社以上と共に、1つ1つの現場で良い仕事をすることをこだわりぬいています。
 
協力会社の皆さんは当社と考え方が似ている方々ばかりです。
精度の高い仕事をしていけば、その成果が評価されて次の仕事につながるので当社も協力会社の方々も力を合わせて良い仕事をするのです。
1454311149-iZ3SS2HbaU

幹部陣から直接学べる新卒一年生

当社単体での社員数は、私と、部長と営業の女性を含め5名です。
新卒から入社してくれた女性も2名活躍しています。
 
新卒のメンバーは私と部長のそれぞれに付いて、
現場を学んでもらっています。
 
ですので、これまで培ってきた技術、ノウハウ、良い仕事をするための考え方などをすべて直接学ぶことができます。
そうすると「当たり前に当たり前のことをやる」その、「当たり前の基準」があがっていきます。
 
40年以上の歴史の中で培われたノウハウをすべて伝えていきたいと思っています。
 
昨今、建築業界の不正問題などがニュースを賑わせていますが、
それは誇りをもって仕事を貫けないことが原因なのです。
 
職人さんと建築会社との間で、「このクオリティであれば絶対に引き受けない」というような否定する勇気を持つことが大切です。
 
建築業界は縦社会でもありますので、
「それをやると次の仕事をもらえないかも」という不安もあるかと思いますが、
「これではまずい」と踏みとどまる必要があります。
 
当社ではメンバーや職人さん達の仕事を信頼し全てを任せています。
良い仕事をするためにどうするかを、直接言い合える関係性の深さがあるからです。
 
今後は「プロフェッショナルとして、さらに高い基準を目指す」ということに共感してくれる、同じ志・考えをもって、良い仕事ができるメンバーを育てて、事業拡大したいと考えています。
 
今は時代の変化が早く、いろいろなモノの回転がはやいので
お客様が望むものを察知して、技術をもって、提案していきたいと考えています。
1454311148-bi6bjuKcF3

良い仕事をするためのチームづくりとは


常に同じ想いをもち、同じ方向をむいて仕事をしていくために、
当社ではいつでも言い合える関係をつくることを大切にしています。
 
当社も少数で運営していますので、なかなか社員と向き合う時間を多くとれるわけではありませんが、深い話しができる場をつくっています。
 
メンバーは皆、何かあると相談にきてくれますが、
その場で仕事の話しだけでなく、フランクな話しもしています。
そして会社の今後について相談させてもらっているのです。
 
仕事の相談にきたメンバーが自分のキャリアや人生についても話せる場をつくり、面談のように形式的ではなく、本音で話し合える環境が必要だと考えています。
 
今後はゼネコンさんとの仕事だけでなく、個人向けの仕事も増やしていきます。
そんな会社の今後についてもメンバー達に理解してもらえるよう話し合いをしているのです。
 
個人向けの仕事はお客様と一生のお付き合いをしていく仕事ですので、こちらからお客様の深いところまで歩み寄る必要があります。
 
良い仕事をするためには良いチームである必要があり、
良いモノをつくるためにも歩み寄るのです。
 
そのために私は社長室を開け放しにしており、いつでも相談しやすい、言いやすい環境をつくりたいと考えています。
1454311147-fL98Dtck7o

本当の意味での社会経験ができるインターンにしたい

学生の皆さんは人それぞれ。
社会に出て自分がどこを目指すのか
自由気ままに得意・不得意を探してほしいと考えています。
 
ですので、当社のインターンでは何でも任せています。
やりたいことに挑戦させてあげたいと考え、実際にそのようにしています。
 
 
 
インターンを希望する学生の皆さんは、将来を見据えて、チャレンジしてくれていると思います。
 
そのためにも受け入れ側の我々は、単なるアルバイトのように働かせるのではなく、のびのびと自分のキャリアを考えるための環境を提供すべきだと考えています。
 
将来の自分に対して前向きに考え、
何かを掴むきっかけを得たい方はぜひ当社のインターンに参加してください。
 
失敗してもいいから前を向いてやる。行動する。
それ以上はもとめていません。
 
前向きに取り組んでいこう、という思いによって
人は自ずと成長していくのです。
 1454311147-phY2NVjffX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加