インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

株式会社トレーニングカンパニーで働く学生にインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社トレーニングカンパニーで働く学生にインタビュー!

早稲田大学3年 安藤聡志

今回は、株式会社トレーニングカンパニーで働いている、早稲田大学3年 安藤聡志さんにお話を伺いました。

何か情熱を持って打ち込んだ経験が欲しかった


まずはインターンシップを始めたキッカケを教えてください。


――私は大学2年の12月から働き始めたのですが、それまでは焼肉屋のアルバイトばかりで、プライベートでもバイト仲間と一緒という生活を送っていました。
ただ大学3年生が近づくにつれて、就職活動を意識するようになっていきました。
その時の私には「自信を持って語れる経験」というものがなく、何か情熱を持って打ち込んだ経験が欲しいという想いがありました。
そんなときにインターンシップとして働ける場所を探していて、偶然この「居酒屋の新規店舗立ち上げインターン」という求人を見つけました。

「ここで働きたい!」という気持ちが芽生えました。


数あるインターンシップの中で、なぜ「居酒屋の新規店舗立ち上げインターン」にチャレンジしてみようと思ったのでしょうか?


――元々将来は自分で事業を立ち上げてみたいという気持ちがあったので、新規事業立ち上げの経験は必ず将来に生きると考えていました。
また、これまで自分が経験してきた飲食店でのアルバイト経験も生かせるという点も重なり、すぐに「ここで働きたい!」という気持ちが芽生えました。

店舗を運営する側になるとここまで視点が変わるのかと日々感じています。


実際「居酒屋の新規店舗立ち上げインターン」というかなり特殊な体験をしてみていかがですか?


――自分の予想していた以上の成長環境に驚いています。私も経験しましたが、よくある居酒屋のオープニングスタッフとは見る目線、考える視点が違ってきますね。
アルバイトのときは、ただ使われるだけ、時間が過ぎるのをどこか自分の中でカウントしているような気持ちがありましたが、店舗を運営する側になるとここまで視点が変わるのかと日々感じています。

私は店舗がドタバタの状態から参加しているので、キッチン台などの設備からメニュー作成まで自分の意見を反映させることが出来ています。それだけでも店に対する愛着はかなり変わってきますね。

この経験は飲食に限らず、あらゆる場面で必ず生きてくる


なかなかアルバイトではそういった視点は持てませんよね。それではどういった点に成長環境があるのか詳しく教えてください。


――まずは意識の部分で、仕事に対するモチベーションです。
来店したお客様を対応するだけでなく、どうやったらリピートにつながるのか。どうすればよりお客様にこの店のことを知ってもらえるのか。私たちは毎日売り上げ目標を設定し、そのための動きを日々意識して行動しています。
このように毎日ゴールを意識して働ける環境というのはなかなかないと思っています。仮に目標が達成出来なかった場合、「なぜ目標売上額に達しなかったのか」を考える機会を設けてくれます。
店の社員は全員、株式会社トレーニングカンパニーという、人材育成のプロの方々なので、そういった方々と一緒に働けるのもメリットの1つですね。

一緒に働く仲間にも最高の成長環境を!


それでは安藤さんの今後の目標を教えてください!


――まずは新規店舗である上野店の立ち上げを1から携わりたいということです。飲食店らしい活気あふれる、来る人が元気になるような店づくりをしていきたいですね。
また、一緒に働く仲間にも最高の成長環境を、一緒に作っていきたいと考えています。仲も良い一方、お互い刺激し合いながら働いていければ最高です。
その経験は必ず将来自分が事業を立ち上げる際に生きてくると思います。

こんな経験、どこを探しても見つからない!


最後にキャリアバイトを見ている大学生のみなさんにメッセージをお願いします!


――やらないで後悔するよりも、やって後悔したい。とにかく行動!まずはやってみる!
私も初めは不安でしたが、飛び込んでみると自分の世界が広がっていき、毎日成長を実感しながら働けています。
是非一緒に「居酒屋の新規店舗立ち上げインターン」にチャレンジしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加