インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

メディカルONEで働く学生にインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メディカルONEで働く学生にインタビュー!

法政大学 法学部 4年生 櫻井洋輔

今回は、メディカルONEで働いている、法政大学法学部4年、櫻井洋輔さんにお話を伺いました。

自分がどれだけやれるのかを試してみたかった


インターンシップに挑戦しようと思った理由を教えてください!


――私は大学4年で、就職先が決まった上でメディカルONEに入社しました。
それなので、卒業するまでの半年間で社会人としてのマナーやPCスキルを身につけたいと
思いました。そのためには普通のアルバイトではなかなか身に付かないと感じたのでインターンシップにチャレンジしました。
また、最後の大学生活を何となくダラダラ過ごしよりかは、メリハリのある生活を送りたいと考えたのも一つの理由です。




ビジネスの現場を肌で感じたい


今の会社をインターン先として選んだ理由はなんですか?


――メディカルONEに決めた理由は仕事内容に興味があったことですね。営業職で、 様々な経営者の方に会い、ビジネスの現場を肌で感じたいと考えていたことが大きいです。
それと、同じインターン生や社員の方も含めてとても若い方が多いので、のびのびと仕事に取り組めています!


就職活動中から広告に興味があったとのことですが、
実際に働き始めて仕事内容と楽しさを教えて下さい!


――基本的には社長の補佐業務です。営業に同行させて頂き色々な方にお会い出来るので、なかなか学生では経験できない貴重な体験をさせて頂いています。
そして今もう一つ携わっているのが、自社商品の広告に関する様々な業務です。 もともと私が広告に非常に興味があったことを知り、社長の須永がそういった仕事を任せて下さいました。現在はメールマガジンの文章作りなども任せて頂いています。
やりたいことを責任を持って任せてくれる環境で働けているので、毎日がチャレンジの連続でとても勉強になっています!

やってみなければわからない!


最後にインターンシップに挑戦しようとしている学生のみなさんにメッセージをお願いします!


――とりあえず面接を受けて、話を聞いてみることが大切だと思っています。 「自分には無理だ・・・」などと、あえて敷居を高くしないで欲しいですね。やってみて初めてわかることがとても多いのがインターンシップだと思います。 ちなみに私は自分に何が足りないのかを働き始めて良く分かるようになりました。 それも同年代以外の人たちとの触れ合いの中で気付く事だったりしたので、大学にいるだけでは気付けなかったと思っています。

インターンシップ通して成長するためのポイントは自分から率先してアクションを起こすことです。それなので、まずは面接を受けてみると自分の世界が変わってくると思います。

是非チャレンジしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加