インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

株式会社アイデアマンで働く学生にインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アイデアマンで働く学生にインタビュー!

亜細亜大学3年 青山学院大学 2年 磯貝健太・佐藤文香

今回は、株式会社アイデアマンで働いている、亜細亜大学 法律学部3年 磯貝健太さんと青山学院大学経済学部2年佐藤文香さんにお話を伺いました。

インターンへの憧れ、インターンからの刺激


お二人がインターンシップを始めたきっかけをおしえてください


磯貝さん(以下I)ーー今までは、アルバイトをして遊ぶという日々でしたが、そこから抜け出して会社で働いて実務経験を積みたい想いがありました。
実務経験を積むことで、基本的なマナーや、大人と話す事など就職活動にも有利になるような経験を積みたくて、インターンをしようと決めました。
佐藤さん(以下S)ーー私は、インターンに憧れを持っていたからですね。インターンをしている友達が高い意識を持っている人ばかりで刺激をうけたという理由もあります。
教育に興味を持っていたので、1年生の時は塾講師としてアルバイトをして、比較的自由に時間を使える大学2年生になってから教育に関係するインターンで実務経験を積みたかった為です。

得られる物は、お金よりも大きい


なるほど。その中でもアイデアマンは無給でのインターンですが、どうしてアイデアマンでのインターンを選んだのですか?


Iさん――営業の実務経験を積みたかった事と、教育を無料で提供するというビジョンをどう実現するかにすごく興味があったからです。
自分がそのプロジェクトの一員として働いている事がすごく楽しいですし、自分の成長を感じているので、無給の事は気にしませんでした。
Sさん――私はずっと教育に興味を持っていて、昔から教師になりたいという夢があったのですが、高校生の時に国からの制限など教師の息苦しさを知り、塾講師のアルバイトをしてから、教育において、貧富の差など様々な問題がある事を知りました。今までの教育を変えたいと思ったのです。
その点で自分のやりたい事ができて、得られる物がお金よりも大きいので、お給料にはこだわりませんでした。

お二人ともとても意識が高いですね!それでは、どんなときに仕事を通してやりがいや成長を感じますか?


Iさん――ビジネスの上でパソコンを活用する知識や、人との会話、提案力がついたところで成長したと思います。特に自分が提案した事が採用されたり褒められたりすると嬉しいですし、営業の方法などイチから自分達で作っているので、そこにやりがいを感じます。
Sさん――社長や先輩から学ぶことは多く、困難にぶつかったとき、チームで壁を乗り越えたときに成長を感じます。今までは表舞台で直に生徒と触れ合って仕事をしてきましたが、これからは裏舞台で教育全体を改善し、今のプロジェクトを成功させれば、今まで直に触れあう事のできなかった世界中の生徒に教育を提供できる。それが最高のやりがいですね。

今現在、どんな仕事を任されているのですか?


Iさん――無料で教育をうける事ができる動画を配信するwebサイトを作っていて、その動画を塾講師の方々からターゲットの中高生に提供してもらう事業を、サイトの作成、運営、営業すべて学生インターンに任されています。
これから営業活動にかかるのですが、僕は主に営業の提案書作りをしています。
Sさん――私は営業先のリストアップをしています。
みんなで目標設定をして、仕事を分担しているのです。同じ場所で仕事をしていますが、分担しているので、プレゼンによるチーム内での情報共有は欠かせません。

仕事がこんなに楽しいと思わなかったというくらい毎日楽しいです!


学生だけで運営とはとてもやりがいを感じますね!仕事中の雰囲気はどのような感じですか?


Iさん――仕事がこんなに楽しいと思わなかったというくらい毎日楽しいです!
アットホームな雰囲気で社長とも距離が近い職場なので仲良くさせてもらっています。
Sさん――みんな明るい人達で楽しいです!
周りは先輩ばかりなのですが、対等に意見を言い合える環境ですし、刺激になります。

対等に意見を言い合える環境、素晴らしいですね!最後にキャリアバイトを見ている学生へメッセージをお願いします!


Iさん――時間の流れがすごく早く感じるほど「仕事をするって楽しい!」と感じながら働いています。やってみなくちゃ何も始まらないので飛び込んでみてください!
もちろんアイデアマンでもインターン生を大募集!web制作ができる方、制作の技術は無くてもやる気がある方は大歓迎です!
Sさん――臆することなく意見が言えて、チームにいい刺激を与えてくれる人をアイデアマンでは歓迎します!
世界の常識を変える事業を一緒に発展させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加