インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

株式会社ファーストメディア で働く学生にインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ファーストメディア で働く学生にインタビュー!

慶應義塾大学商学部 東京工業大学 社会工学専攻 重藤優太・畦森一哉

今回は、株式会社ファーストメディア で働いている、慶應義塾大学商学部 重藤優太さんと東京工業大学 大学院 社会工学専攻 畦森一哉さんにお話を伺いました。

それでは初めにインターンシップを始めたキッカケを教えてください!


――重藤優太さん(以下S):元々モバイルアプリに興味がありました。
大学の友人とアプリのビジネスコンテストに出場した経験もあるので、普通のアルバイトでなくインターンシップでアプリゲームの企画に携われるこの仕事に大きな魅力を感じました。

畦森一哉さん(以下U):私は就職活動が終わったので、学生のうちに社会人としての経験が積める、社会人と同じように扱ってくれる環境に身をおきたいと考えていたので、インターンシップに参加しました。

実際に仕事をしてみてやりがいを感じる時はどんなときですか?


――S:企画会議に参加したりして、スタートの段階からの企画の仕事をやらしてもらってます。
何をすればいいのか不安になる時も正直なところありますけど、自分の考えた企画が通った時に感じますね。

U:会社の事業の中でも規模の大きなプロジェクトの仕組み作りの仕事を任されているのですが、自分の努力次第で会社に大きく貢献できているのを感じる時ですね。
「こうしたらもっと良くなるのでは」と考えたのが売り上げにつながると、とても嬉しいです。
考えを実行に移せる環境というのも非常にありがたいなと感じています。 それと、学生と社員を区別しないで同等に扱ってくれるのも嬉しいですね。

インターンシップをしてみて良かったなと思うことなんですか?


――S:仕事の本質や根本というものを見れたり考えることができることですかね。1年単位でガラッと風景が変わるような、変化が速い業界のスピード感を肌で感じられるところなどですね。
変化が早いものと遅いもののどちらが自分の適正に合っているかとかが実感として理解できる点ですね。

U:実際のマーケティングの仕事とかでも、地道な作業があってこそ仕組みが完成するというのが理解できた点ですね。
あと、完成した仕組みを動かすのも、人力な部分が重要になってくるということを理解できた点ですね。一言で言うと「現場の実際的なビジネス」を学べる点ですね。

将来の目標を教えてください!


――S:いつでも新しいものに対して敏感でいたいですね。
ヒットするサービスなどの理由を探れるようなスキルを身につけたいです。

U:大きなプロジェクトを1から動かしていけるような人間になりたいですね。
あとは、チームで仕事をする際にも、全体を俯瞰しながらも、チームを引っ張っていけるような人間になりたいです。

最後に学生へのメッセージをお願いします!


――U:与えられた仕事でなく、1から自分で仕事を作っていく、そのプロセスとそれを実行に移せるとい事ができる環境というのは整っていますね。
そういう部分に少しでも魅力を感じる方だったら楽しいと思います。1から作り出す経験は、将来的にも役に立つものだと思いますので是非インターンシップでそれを獲得してもらいたいなと思います。

S:あとファーストメディアには学生のインターン生も数多くいるので、学生だからこその色々な価値観を持った人達と一緒に働きながらコミュニケーションが取れますので、それも楽しい部分ではありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加