インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

株式会社アクシスで働く学生にインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アクシスで働く学生にインタビュー!

東京経済大学 工学院大学 浦田祐輝・滝口健太郎

今回は、株式会社アクシスで働いている、東京経済大学 浦田祐輝さんと工学院大学 滝口健太郎さんにお話を伺いました。

「勉強も兼ねてベンチャー企業で働いてみようと思いました」


それでは初めにインターンシップを始めたキッカケを教えてください!


――滝口健太郎さん(以下T):大学が情報系なので、趣味でプログラミングなどをしていました。
クライアントで動くものは作っていましたが、さすがに家だけだとサーバーには触れなかったので、勉強も兼ねてベンチャー企業で働いてみようと思いました。

―浦田祐輝さん(以下U ):僕の場合は以前にもWEB制作会社でインターンをしていました。
アクシスを選んだのは、将来自分で会社を立ち上げようと考えているので、その際に役に立つ技術を身につけようと思い選びました。
このまま新卒で入社したいと考えています。
あとは、会社がワイワイ楽しそうにしていたので、社員一人一人が色々な仕事に対してやりがいを持ってやっているんだと感じたからですね。

「自分の成長が毎日実感できる環境で働かせていただいています!」


これまでの学生生活はどう過ごしてきたんですか?


――T:以前は居酒屋でアルバイトをしていました。
アクシスで働き始めてからは覚えることも、出来ることもどんどん広がってきて、自分の成長が毎日実感できる環境で働かせていただいています。

U:小学校の時からWeb制作をしていて、その時にCGIを触り、PHPの存在を知ってからはずっとプログラミングに没頭してきました。
一時期はサーバー管理などもしていました。大学に入ってからはWEB制作会社で働いたり、独学でコンピューターを勉強していました。

「プログラミングはパズルみたいなもの」


アクシスでは学生でも相当責任を持たせて仕事を任せてくれると聞きましたが、 どんな時にやりがいを感じますか?


――T:社内の優秀なエンジニアの方々と話すことが楽しいです。
自分の知らない技術をどんどん教えてくれるので、学びながら働ける環境にすごくやりがいを感じます。
プログラミングはパズルみたいなものなので、楽しく働くのが1番だと思っています。

U:僕は社長との距離が近い分、褒めていただいたときは嬉しいですね。
 クライアントに対してデザイン案を提出して、自分の案の方が良くて採用してくれたときにも、とてもやりがいを感じました。

「アクシスならば社内の人達に聞けば解決できる!」


おふたりは現在どんな仕事を任されているんですか?


――T:主にソーシャルアプリの開発をしています。
企画はクライアントからいただき、PHPのプログラミングやFlashとの連携を担当しています。
今の経験を活かして、就職後は同業種で自分の実力を発揮していきたいと考えています。

U:僕は世界的な展示会で使用するアプリケーションを開発しています。
クライアントから依頼を受けて、実装はすべて自分でやっています。
技術的に難しい問題も、アクシスならば社内の人達に聞けば解決できるので、 色々教えてもらいながら頑張っています。

「とりあえずチャレンジ!」


それでは最後に、インターンシップを始めようとしている人たちにメッセージをお願いします。


――U:初めはみんな未経験ですが、2~3カ月で、ある程度プログラミングができるようになった人もいます。
とりあえずチャレンジしてみれば、知識は自然とついてきます。
そこから自分の道を探していくのが良いかと思います。
すでに僕たちも含めて3名のインターン生が働いているので、一緒に働いてくれる仲間を大募集です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加