インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

株式会社でじたまコンピュータにインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社でじたまコンピュータにインタビュー

株式会社でじたまコンピュータ代表取締役社長 朝倉 和巳

生命保険会社のキャンペーンサイトやアーティスト携帯公式サイト構築など、大手企業から中小企業まで幅広く開発を行う株式会社でじたまコンピュータ。
そんな技術者集団を率いる、代表の朝倉社長にお話を伺ってきました。

自分のスキルを活かせる場所で働きたい


朝倉社長は大学在学中からベンチャー企業でプログラマーとしてアルバイトをされていたと聞きました。


普通のアルバイトもたくさんやりましたが、何か自分のスキルを活かせる場所で働きたいという想いがありました。
そこでたまたま見つけた求人をきっかけに、東京理科大学在学中にベンチャー企業でプログラマーとしてアルバイトを始めました。
当時は今ほど誰でもPCやインターネットを使いこなすといった環境ではなかったので、そもそもこういった仕事に応募すること自体が珍しかったかもしれませんね。

学生ながら5名の開発チームのリーダーとして働いていました


まさにキャリアバイトですね!具体的にどのような業務をされていたのですか?


まず始めに取り組んだのが一太郎やExcelなどの学習ソフトの開発でした。
その後は5名の開発チームのリーダーとしてクライアントの要件をヒアリングし、それを持ち帰ってチームで作るといった流れで仕事をしていました。
生産管理や在庫管理などの業務管理アプリケーションの開発なども行い、クライアントの丸投げの要望を自分の創意工夫で形にしていく過程が私には向いていたのかもしれません。
そのベンチャー企業は学生を主体としたITの開発会社にしたいという想いがあったようで、私にとっても良い環境で働けていたと思っています。

「会社として何が出来るのかチャレンジしたい!」


学生のうちから重要なポジションで働かれていたのですね!その後はどういった道にすすまれたのでしょうか?


そのベンチャー企業では2年くらい働き、その後はフリーランスとして仕事の幅を広げていきましたね。
フリーランス時代に培った人脈は幅広く、証券系基幹システム、業務系システム、携帯サイトなどにおいて多くの経験を積めたことは非常に良かったと思っています。
フリーランスとして働き、1人で飯を食べていけるようになったときに、「会社として何が出来るのかチャレンジしたい!」という想いが強くなり、この想いを達成すべく、株式会社でじたまコンピュータを設立するに至りました。

「開発者はクライアントに近い場所にいるべきだ」


常にチャレンジングな選択をされてきたのですね!それでは、エンジニア出身である朝倉社長だからこそ考える、今後のエンジニアのあるべき姿を教えてください。


1つあるのは、「開発者はクライアントに近い場所にいるべきだ」ということです。
クライアントとの打ち合わせの現場に立ち会い、他社との関わり合いの中でコミュニケーションを取りながら開発していくべきだと思っています。
コードが書けるだけでは足りなくて、クライアントのニーズを引き出せるエンジニアがこれからは必要とされます。目指すは喋れる技術者集団といったイメージですね。

自分の価値を上げていきたい学生エンジニア求む!


朝倉社長の近くで働けば、学生エンジニアの成長スピードも速そうですね!それでは最後に学生たちにメッセージをお願いします。


技術者はどんどん外に出ていき、自ら喋る時代。
それが出来ればあなたの技術者としての価値が上がっていきます。
ただ作るだけでなく、自分のアイデアを存分に活かしながら働ける環境を選んだほうが良いと思っています。
でじたまコンピュータはこれまでも学生インターン生が活躍していたこともあり、自分の価値を上げていきたい学生エンジニアには最高の成長環境を提供出来ると思います。
是非一緒に働きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加