インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

「クリエイターは人の心を動かさないといけない」映像制作会社のボーダーレスさんのオフィスにお邪魔してきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「クリエイターは人の心を動かさないといけない」映像制作会社のボーダーレスさんのオフィスにお邪魔してきた。

オフィス紹介記事も今回で5社目!

今回も30名規模ながら急激に伸びている企業のオフィスを紹介します。

今日紹介するのは社長の向井さんがマレーシアから帰国してから設立。皆さんも知っている映像を多数手がけている映像制作会社のボーダーレス様にお伺いいたしました。 場所は岩本町から歩いてすぐ。徒歩5分のところにあります。



受付にはボーダーレスのイメージムービーが流れています。流石、映像制作会社です。
コチラの映像は社長自らが撮って、社員さんがモデルをしています。通称「はなちゃんムービー」と呼ばれているとか。ちなみにボーダーレスさんのHPでも見ることが出来ます。

1410953358-QPwv9UXNP2

映像会社っぽく小道具も置いています。

1410953354-33lBozCQpg

オフィスに入ると、まず名作映画がたくさん並んでいるのが目に入ります。希望者は貸し出しもOKで持って返ってみる人も多いそうです。オフィス内には大きなプロジェクターがあって土日は解放しているので大画面と音響で映画を観る方もいるとか。
1410953358-Ork17WSGTK

早速、社内を案内していただきました。
打ち合わせスペースは白とオレンジを基調とした綺麗で清潔な空間。

1410953354-knbyea9rht


社長、取締役2人の3人に詳しく会社の特徴を教えていただきました。

まず、ビジネス上の特徴としては営業部隊がないにも関わらず、代理店を通さず、すべてのクライアントと直取引しているということ。これは学生にはわかりにくいかと思いますが、映像業界は代理店から仕事がくるパターンがほとんどなんですが、ボーダーレスはマーケティングに力を入れて、企業から仕事が直接来るシステムを作り上げているんです。

企画から撮影、制作までクライアントとの密なコミュニケーションからたくさんの映像を生み出しています。
それが可能なのも、企画や制作力において一流の人材が揃っているから。

それではみなさんどんな環境で仕事をしているのか覗いてみましょう。
執務スペースにお邪魔しました。

全体像はこんな感じです。
集中して作業に没頭する人、意見交換を密にして議が白熱している人機材を触る人様々な人が居ます。
1411113593-yYdWA2iXZY


こちらは一つの画面を見ながら何や編集について議論している人。
1410953355-BYQMZXMcfx

コチラは機材のレクチャーと映像確認を行っている人。
1410953355-hufWCTeEFx

ボーダーレスのメンバーは若い。ですが、全員技術への探求心と貪欲さがすごい。
1411089624-oW3iK2YBTj

少しデスクの上も覗かせてもらいました。
こちらは副社長の本田さんの机。
1410953355-snKmOeGewf

「車が好きなんですよ」ということでミニカーが置いてます。
1410953355-E7U8mJDqBb

会議の様子にも少しお邪魔させていただきました。奥に座る女性は取締役の篠原さん。
ボーダーレスは社長の向井さんがまだ20代前半の若い本田さんと篠原さんを誘ったことから始まりました。
1410953356-MFvjSxn5Hz

途中からは向井社長とチーフディレクターの中田さんも会議にブレストに参加していました。
1411089041-BcQqH17FiL

絵コンテを元に企画をしている所だったので、特別に過去の絵コンテも見せてもらいました。
1410953356-AvYaS3MkO0

社内にはスタジオもあります。
1411029330-jeK1CxCj1n

こうしてみると、若いメンバーが集まっていることがわかると思います。HPの社員紹介ページをご覧いただければ若さ(平均年齢25歳!)がわかると思います。

向井社長が例え話に使っていたのは「ボーダーレスの成り立ちはビートルズに似てる」ということです。
(※ビートルズはまだ無名時代のころに、その才能を見抜いたブライアン・エプスタインという人物によって世界進出に導かれました。)
「本田くんがポールで、篠原さんはジョン、武島くんはジョージハリスンかなぁ」
と語る向井さんはとてもうれしそうでした。

会社ができた経緯は、こちらの社長紹介記事に詳しいです。

インターン生が作業をしているのを発見!
1410953357-IyiroEBaIo

せっかくなので少しお話を聞かせてもらいました。
「1か月たったんですけどすごく濃い時間を過ごせています。学生だと社会人と関われる機会がないじゃないですか。だからメールの打ち方、電話の出方など基本的なことを学べていることも役に立っているな、と思います。

会社で作業するだけじゃなくて撮影にも行ったりできるので、思ってた以上に楽しくてたくさんのことを学べて長く続けたいと思っています。あとみなさん人が良くて、雰囲気も良いのですごく楽しいです」
1410953357-RvJlQT0IwJ

雰囲気がいいと言えば、誕生日会は盛大に祝うそう。この写真は取締役の篠原さんを祝う会で、社長も漫才をしたりする「しのフェス」と呼ばれているんだとか(笑)
1411029330-YhnW876d6S

撮影中もスタッフに気軽に話しかける社長の向井さん。
1410953357-tAf4OR06FD

とてもユニークな経歴で映像制作の実績もあるのにとてもフランクな方でした。

ボーダーレスの大切にしている考え方を伺うと
「皆の得意分野を大事にしている。適材適所はすごく大事にしているから、ボーダーレスはアシスタントという職種はありません。すぐにでもディレクターとしてデビューしてもらいます。大手の制作会社みたいに5年間下積みということもないし、その結果、皆が優秀なスタッフになっているんじゃないかな」とのこと。

「ボーダーレスはクリエイターの地位向上、クリエイターが尊敬される文化を作りたい。そのために人を夢中にできるようにならないといけないし、他人を魅了せなあかん。そして最後まで夢中にさせ続ける。決して自分が夢中になったらダメ」と語っていました。


○編集後記
動画市場には強い追い風が吹いていて、毎年成長を続けている成長ベンチャーでした。向井社長曰く、半年インターンをしたら全然会社や仕事の規模感が変わっているとのこと。今は社長や役員の方々とも近い距離感であることもメリットになるかと思います。
そして今は新規事業立ち上げのインターンと映像制作をしたい学生を募集中です。
我こそはベンチャーで一旗あげたいという学生の応募を待っているようですよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加