インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

株式会社ブリスロードで働く学生にインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ブリスロードで働く学生にインタビュー!

東京都市大学 知識工学部 学部4年 熊澤 航貴 さん

先進的なASPサービスのソフトや商業施設向けの大型デジタルサイネージを創るなど、高い技術力で時代をリードするベンチャー、株式会社ブリスロード。創業時から積極的にインターン受け入れ、卒業生からは「研究室みたいな会社」と言われることも。今回はインターン生の熊澤さんにお話しを伺いました。

ITによるモノづくりを知りたかった


いつごろインターンを始めたのですか?


インターンを始めたのは一昨年の9月から、大学3年生の時です。ちょうど、出席しなければいけない授業数にも余裕が出てきた時期ですね。私は情報学科だったのですけども、3年間学校で学んでもシステム開発というものが具体的にイメージできませんでした。

もちろん学校でもプログラムの基礎は学ぶのですけれど、実際の開発の過程を学ぶ機会は非常に少なかったんです。特に多機能のシステム開発や大きいシステムは授業では作る機会がありませんでした。「ITによるモノづくりってどういうものなのだろうか」と知りたくてインターンシップをやってみたいという想いが強くなりました。

また、社会人になる前にどういうことを学べば良いのか、社会人になった後にどういう技術が必要になるかということも実践的なインターンであれば学べるのではと考えました。それで、キャリアバイトでのブリスロードの求人ページを発見して、特に吉沢社長のインタビューを見て、この会社でインターンしたいって思いましたね。
(吉沢社長のインタビュー:http://careerbaito.com/interview/blissroad


全く初めての分野の仕事から始まった


インターンの初めの時期はどういう仕事をされていたのですか?


最初の仕事はインターンの先輩が作っている画像処理システムの開発に参加してというものでした。しかし私は画像処理システムについては全くの初心者だったんです!元々インターンの先輩が作ったプロトタイプがあったので、それを私が引き継いでシステムとして動かすという業務を担当しました。もちろんブリスロードの皆さんに助けてもらいながらですけども。


全くの初めての分野でというのは大変だったのではないですか?


何回かは心が折れかけました。。ただ、システムを実際に動かせた時はすごい嬉しかったです。その時は自分で自分を褒めて、立ち直ったという感じですね。

また、社員の皆さんは自分が働きやすい環境を作ってくれるんです。皆さんよく話しかけてくれますし、仕事を進める上で必要な技術書を用意してくれます。例えば私が画像処理について分からないことがあって困っていると、社長がそれを先読みしてくれて「あるよ」って本を渡してくれるんです(笑)。

吉沢社長にも助けられていますけど、先輩社員の馬場さんにもいつも助けられていますね。おんぶに抱っこ状態と言いますか、分からないことがあると「助けてー」と言う感じで、後ろの席にいる馬場さんの方を振り向いて相談します(笑)。本当は改まって聞いた方が良いとは思うのですけど、優しい方が多いので。。本当に社長と馬場さんにはよく助けられています。分からないことがあると、原因を解析して解決してくれるんですよね。OSがクラッシュした時とかも「どうした?」って声を掛けてくれて解決してくれましたね。


先のレベルに進めているという実感がある


ありがとうございます!熊澤さんの中で印象深い仕事について教えてください!


普段は吉沢社長に「こういうの作って」と言われて、自分が開発するというケースが多いのですけども、仕事に慣れてきた頃に自分でこういうのが作りたいと提案してみたら、「それいいね」って社長に採用された時は嬉しかったです。有頂天になりました(笑)。達成感もすごかったですね!

画像を動かすシステムで、画像と画像が入れ替わる処理をする際に、一般的にはフェードインが多いかなと思うのですけども、巻物を転がすようにコロコロって動かすようなアクションをするシステムを提案したのですけども、実際に動いた時の反応も良くて嬉しかったですね!


素晴らしいですね!会社の雰囲気についても教えていただけますか?


厳しいところは厳しく責任感を持って仕事に取り組んでいる中でもフランクな雰囲気であることが特徴だと思います。働いている最中であっても雑談が多くてフランクな会社だなと思いますね。実際に今も納期直前の時期で非常に忙しいですけど、和やかではあります。私はまだまだ未熟なので「やらなきゃ」っていつも緊張していますけど(笑)。

また、雑談も多いのですけども雑談から仕事や技術の話になることも多いですね。私の場合は社長と馬場さんが技術について議論している時が、とても参考になります。このシステムはどうやって動かすのかという議論をヨコから盗み聞きして勉強させてもらってます(笑)。

学校では研究を進めながら技術の考え方について学ぶ機会も出てくるのかなと思いますけど、それをインターンで学べているので先のレベルに進めているという実感があります。学校の研究にも役立ちましたし、システム開発の経験、特にゼロから作る経験が活きたので卒業研究も1ヶ月くらいでパパッとシステムを作れました。


インターンに必要なのは「やる気」だけだった


就職活動ではインターンの経験は役に立ちましたか?


就活では開発の経験を言いやすかったということはありました。ただ、就活でというよりもキャリアを考える上で役立ったということになるかもしれませんが、インターンを通してITエンジニアとして働こうという気持が固まったのが一番だと思います。

実はインターンをする前は、仕事をする中でプログラムを組むことが嫌になってしまうのではないかという不安がありました。その不安が解消されたのが大きかったですね!大変な時もありますけど、やっぱりプログラムが動くと楽しいです。ITのモノづくりが楽しいなって思えたのが非常に良かったです。


仕事をする上での目標などはありますか?


世界的に標準的に使用されるソフトウェアだったりサービスを作りたいという想いがあります。就職が決まった会社でも、そういう想いを持っていたので入社を決めました。


ありがとうございます!最後にインターンを始めたいと思っている方にメッセージをお願いします!


私も最初は基礎的な技術を授業で勉強した程度で不安もありました。けど、インターンをしてみたら、必要だったのは「やる気」だけでした。今、ある技術は関係ないと思います。

まさか入っていきなり画像処理をやるとは思いませんでしたしね。その時は四六時中画像処理について考えて、技術を習得していって業務に追いついていったというのが実際です。インターンをする中で得た技術で開発を進めた経験があるので、本当に「やろう」という意欲だけが必要なのじゃないかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加