インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

「東北の雇用を盛り上げる」自然と人が集まる会社、Bestエフォート社長の清水望様にインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「東北の雇用を盛り上げる」自然と人が集まる会社、Bestエフォート社長の清水望様にインタビュー

株式会社Bestエフォート 代表取締役 清水 望

大手キャリアの通信回線商材・家庭向けウォーターサーバーなどをテレマーケティングで販売するコールセンター事業を行っている株式会社Bestエフォート。通信回線の営業に加えて、顧客満足度を高める視点でユーザー満足度の高い商品を販売しています。

そんなBestエフォート社が昨年、東北に支部を立ち上げました。

今回、社長の清水様(写真中央)と、東京で活躍するお二人、柳田様(写真左)佐藤様(写真右)に「自然と人が集まる会社はどのように作り上げたのか」「なぜ、仙台に立ち上げたのか」などをお伺いしてきました。

東北では貴重な稼げて成長できるインターンとなっています。ぜひご注目を!

自然と周りに人が集まる社長と会社。


インタビュアー(以下、イ):今日は3人のお話を聞かせていただけるということでありがとうございます。まずは、お2人が入社した経緯を教えてください。

柳田さん(以下、柳田):一言で言うと前にいた会社より「挑戦」ができると思ってきました。若い人が多く、新しいことをチャレンジする社風なので、そこに惹かれて転職を決めたんです。あとは社長の人柄ですね(笑)

佐藤さん(以下、佐藤):私は社長の奥様と顔見知りで仲良くしていただいていて、誘われた形ですね。たまたま前の会社でも同じ仕事をさせてもらっていて、若くて活気があって伸びている会社だなと思って入社を決めました。社長の清水は周りに人が集まる人柄で、立ち上げ期から自然と人が集まっているみたいですね。


イ:清水様はその点意識されていることとかはあるんですか?

清水さん(以下、清水):常に考えていることは従業員が働きやすい環境を整えるということですね。みんなが働きやすい環境を一番に考えた結果、口コミで人が集まってきているので、人が来なくて採用自体に困ったというのは設立当初からないんです。自然に人が人を呼ぶ組織を作れたかなと思っています。


イ:営業でバリバリノルマをこなさなくてはいけない、といった雰囲気かと思っていたら全然そんなことはないんですね。社内はどんな雰囲気なのでしょうか。

1421938041-6lSMRTP8ZE佐藤:仕事に対してはそれぞれみんな熱心にやっていつつ、部署で1つの目標に向かって頑張っていて雰囲気はすごく家族的な印象です。すごく雰囲気が良い場所だなぁと思いますね。

たぶん社長の考え方だと思うのですが、業績が悪いことに対してどうこう言うわけではなく、自分の定めた目標に対して、真剣に追えているかどうかが重要という考え方が浸透しています。だから成績出てないから闇雲に怒るのではくて、個人の結果が悪くても、正確に過程を踏んで、目標を追えているならそれでいい。という考え方なんでしょうね。

自分の殻を破るフィールドがある


イ:これから東北支部を大きくしていくにあたって、どんな雰囲気にされていくんでしょうか。

清水:東京と同じく楽しい雰囲気にして東北で1番のコールセンターにしたいです。東北の方って、本当は根は明るい人が多いと思うんですよね。「自分の殻を破ること」がうちの会社だとできて、みんなで盛り上げてやっていきたいな、と思ってます。東北の方は最初みんな内気なんですけど、一回殻を破ったら明るくなる、そんなイメージを持っています。


イ:ちなみに東北に支部を立ち上げた理由はなんだったんですか。

清水:我々が営業代理を行っている事業においてリーチできていない箇所があって東北に伸び代があるんです。それに競合の話をすると東北自体にそこまで魅力的なコールセンターがこれまでなかったというのが大きいです。そういう意味では東北一面白いコールセンターを目指して、東北の雇用を盛り上げていきたいと思っています。

東北の雇用を盛り上げていきたい、


イ:ちなみに前職でも東北での経験があったとお聞きしておりますが、どんな経験だったか教えていただけますか?

1421938041-hurk3fkxGw清水:そもそもコールセンター業務を私が初めて経験したのが18歳のときです。当時は負けたくないという一心で、出来る努力はなんでもしてきましたね。そうして東北の拠点でマネージャーを任せてもらえるようになったんです。最初は人数も10人程度だったのですが、それから2年後には、7拠点300人まで広げることができました。

そういった経験をさせてもらい、私自身東北の人のおかげで、今があると思っています。だからBESTエフォートでも以前と同じように東北で300人以上のセンターをこれから作っていきたいと思っています。
私はそういった経験を22歳の時にさせてもらっていたので、ベストエフォートでは22,23の時から、若くて成果を出している人材には部下を持ち仕事をしていくチャンスのある会社を作っていきたいと考えています。


イ:22,3歳だと普通は大学卒業して、新入社員として教えられる立場ですよね。そういった時期から部下がいて、幅広い仕事をしていると自分のできることが増えそうですね。ちなみにお二人は、早いうちから権限を任されたといった経験はございますか?

1421938040-Ye7HVFSRiM柳田:私の場合は入社して1年の間に新しい事業の立ち上げを2度経験させてもらいました。

弊社はメンバーが若いので、年齢は関係ないんです。実力があるものには年次も年齢も関係なく任せていきます。そういった考えが会社全体にあるのでチャンスは自分自身で掴みに行ける場所だなと感じますね。自分が任された時もやらされている感じはなくて、なんとか期待に応えたいという気持ちでしたね。



佐藤:私は9月に入社したのですが、子供がいて家庭がある状態で、その中で仕事していきたいと思っていました。現状も勤務人間が短く、5時くらいには退社しています。そんな中でも清水さんが私に「結果を残せる実業があれば責任者になるのもあっていいと思う」と話をしてくれて、いい意味で太っ腹だなと思いました。


イ:清水様から積極的にみなさんにそういった話を持ちかけるのはどういった理由があるのですか?


清水:どうしても利益主義の会社になると勤務時間の都合で主婦との兼業は任せられなかったりするんですが、私たちの会社で第一優先は、従業員の成長。メインの事業は優秀なメンバーが集まっていて、安定した収益を上げられるから、新規事業はどんな失敗をしても会社としては潰れないです。だから積極的に意欲のある人材には任せていきます。
1421938041-yWzDqEbfpG

イ:ありがとうございます。どんな人だと御社で活躍しやすいといったタイプはあるのでしょうか?

清水:明るくて自分の願望を明確に持っている人は社風にも合うと思いますね。仕事につながるという意味では発想力、妄想力が豊かな人はいい仕事ができそうです。なぜかというと営業は答えがない仕事だから。「自分のボールペンを10万円で売って」と言われた時に答えはないけど手段はある。だから発想力や妄想力が重要なんです。なくてもうちで磨けばいいんですけどね(笑)

将来独立したいメンバーなら、ぜひ弊社の門を叩いてほしいですね。どこの会社よりも最短で成長できます。これまでの私の経験から20台でも社長になるからこそ価値があると思うんです。20代後半でも遅いくらい。20代前半だと頑張ってるねって他の経営者からも良くしてもらえてたくさんの機会をいただけるんです。


イ:最後に、10年後はどんな会社になりたいかビジョンをお聞かせください。

清水:会社を日本一楽しい企業にして若い20代の社長をどんどん輩出したいですね。そして1回しかない人生を一緒に謳歌できるメンバーと過ごしたいです。

有望な社員を抜擢して責任者として据えて、育てていく。今まで通りの私たちのやり方で社内から従業員をしっかり独立させて、新事業を担うグループ会社を今後も立ち上げていきたいです。グループ企業100社作り、様々な若い社長と1人じゃできないことをみんなの力でやりとげたいというのが私の願いです。これからも常に若いメンバーと触れ合い刺激を与うことで、人生謳歌したいと思います。

人生の半分を過ごす仕事だから職場は相性がいいところに行った方がいいです。一回営業をベストエフォートで経験したらその楽しさがわかると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加