キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

自己紹介

第一印象は大事!「できるやつ」と思わせるための自己紹介の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第一印象は大事!「できるやつ」と思わせるための自己紹介の方法 インターンシップ、あるいは就職先への初出勤の際など、職場で自己紹介をする機会があると思います。上司や先輩はこれから一緒に仕事をする同僚・後輩としてあなたがどのような人物なのかについて関心を持っています。社会人としての自己紹介は学生時代のそれとは意味もマナーも異なりますから、ポイントを押さえて「できるやつ」という好印象を周囲に与えましょう。

〇15秒、1分、2分


一般的なビジネスセミナーでは、1~3分程度の時間を指定してその時間にぴったり合う長さの自己紹介やスピーチを求められることがよくあります。与えられた時間を過不足なく使って、重要な事柄をもらさずわかりやすく魅力的に伝えるにはコツとある程度の練習が必要です。

このため、普段から自己紹介について15秒、1分、2分の3パターンの原稿を準備して話す練習をしておきましょう。これは、たとえば上司が取引先の担当者にあなたを引き合わせる際の自己紹介は15秒程度がふさわしく、部課内での自己紹介なら1分程度、「もっとしっかり自分をアピールしろ」と言われた場合には2分程度話せればほぼ十分と思われるからです。


〇15秒で好印象と必要最小限の情報を与える


15秒の自己紹介では、自分の名前と所属、それにあとひとことを付け加えるのが精一杯でしょう。社内での自己紹介なら出身地や出身学部、特技などを披露してもよいのですが、お得意先や取引先の方に対して聞かれもしないことをこちらから話すのは考えものです。

「このたび営業1課に配属された○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします」
これで約5秒です。これにプラスして
「御社には●●(先方の会社の業務内容)のノウハウがあると伺っております」または「■■様(先方の苗字)は△△の分野のエキスパートでいらっしゃると伺っております」
など先方の会社や担当者に対して敬意を示し、ぜひご指導を…といったところまで伝えられれば、先方に好印象を持ってもらえる確率は高まるでしょう。


〇「相手が知りたいこと」を中心に話を組み立てる


社内で自己紹介をする際はTPOに合わせてどのように自己紹介をするべきか考え、ストーリーを組み立てましょう。

1. フルネーム 所属 出身地 出身学部
2. 会社に対する感想や第一印象
3. 自分の特技や特長、欠点など
4. 会社や周囲に対する感謝の意
5. 仕事に対する決意表明(目標、当面取り組みたいことなど)
6. 指導のお願い


これらを手短にまとめればだいたい1分に収まるのではないでしょうか。2分の場合は、2~3のあたりに自分らしさを象徴するエピソード(部活やアルバイト経験など)を簡単に織り交ぜ、5で仕事への熱意や目標の内容を少し詳細にふくらませれば、より自分というキャラクターを強く印象付けられるでしょう。


最後に


自己紹介を含め、大勢の人前で発言するのが生まれつき得意な人とそうでない人がいます。しかしこれも仕事上のひとつのスキルと考え、積極的に練習しましょう。

スピーチにふさわしい話し方のスピードは1分間に300~350文字程度といわれています。それを目安に原稿を書き、自己紹介の場をイメージしながら声に出して練習します。時間は毎回正確にはかってください。
なお、なるべく周囲の人たちの顔を見ながら、自然な笑顔を意識して話すと好感度がさらに上がります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

【マーケティングに興味ある方】Instagramで成功して話題になったマーケティング事例3選
企業、業界、職種分析

【マーケティングに興味ある方】Instagramで成功して話題になったマー...

一歩進んだ営業経験がつめる! コンサルティング業界のインターンシップ5選
コンサルタント

一歩進んだ営業経験がつめる! コンサルティング業界のインターンシ...

【関西の営業インターン!】設立5年以内のIT系スタートアップベンチャー特集!
まとめ

【関西の営業インターン!】設立5年以内のIT系スタートアップベンチャ...

インターンシップとは?インターンの意味や種類、アルバイトとの違いなどを解説
インターンについて

インターンシップとは?インターンの意味や種類、アルバイトとの違い...

インターンシップに受かる志望動機の考え方・書き方まとめ
志望動機

インターンシップに受かる志望動機の考え方・書き方まとめ

17卒向け! 今年の冬におすすめする長期インターンの利用法
インターンについて

17卒向け! 今年の冬におすすめする長期インターンの利用法