キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

語学、留学

英語での短期語学留学、するならどこ? 8ヶ国を徹底比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語での短期語学留学、するならどこ? 8ヶ国を徹底比較してみた 「在学中に一度は留学したい!」と思っている人も多いのではないでしょうか? 留学費用の大部分を左右するのがその国の「物価」で、物価によって滞在費や授業料が大きく違ってきます。しかし、費用面だけでなく、周りの環境や受けられる教育の質も重要な判断基準ですよね。

そこで今回は、1~3ヶ月の短期語学留学ならどの国が一番よいのかを、値段・環境・質などの点から徹底比較してみたいと思います!

1. アメリカ

america
圧倒的な留学生数を誇るアメリカ。多くの人種が集まる国なので、多様なバックグラウンドを持った人たちと交流できるのが魅力です!
しかし、銃の所持と先進国内で相対的に高い犯罪率は難点と言えます。また9.11以降、ビザの申請が厳しくなっているので事前準備が成功のカギです!

【費用】
3ヶ月の平均費用は、600,000~800,000円

【環境】
東海岸、西海岸、中部などで大きく文化や気候が異なる

【メリット】
・多様な人種と交流できる
・ネイティブと交わる機会が多い
・大学などの教育がよく発展している
・ロケーションの選択肢が多い

【デメリット】
・スラングの利用者が多く、正しい英語を学びにくい
・物価が高い(日本と同じくらい)
・場所によっては交通の便が悪い
・クラスの人数が多いので話す機会が少ない

2. カナダ

canada
カナダは、世界で最も聞き取りやすい英語と言われます。また、カナダはフランス語も公用語なので、ケベック州では英語もフランス語も学べます。
フレンドリーで温厚な国民性、広大な自然が魅力で、多くの留学生が集まってくる国です!

【費用】
3ヶ月の平均費用は、400,000~700,000円

【環境】
・広大な自然
・冬は降水量が非常に多い
・場所によって天候が異なる

【メリット】
・場所次第ではフランス語も学習できる
・スラングが少なく、正しい英語を話す
・物価がアメリカよりも安い

【デメリット】
・冬が非常に寒い
・都市と都市の間がかなりの距離がある
・語学学校に日本人が多い
・クラスの人数が多いので話す機会が少ない

3. イギリス

united-kingdom
長い伝統と、美しい町並みから人気のイギリス。インフラが整っているので、フランスやベルギーなどにも簡単に行けます!
歴史の長いイギリスの国内には見所、観光名所がたくさん。週末のアクティビティが多いも嬉しいです!

【費用】
3ヶ月の平均費用は、500,000~900,000円

【環境】
・雨が多い
・整備されたインフラ

【メリット】
・質の高い教育が受けられる
・名門大学付属の語学学校で授業が受けられる

【デメリット】
・とにかく物価が高い
・語学留学中のインターンシップは不可

4. オーストラリア

australia
温暖な気候、リラックスした雰囲気のオーストラリア。若者文化が盛んなのも大きな魅力です。日本から約9時間と比較的近い場所にあり、時差はほとんどありません。
世界各国から若者が集まり英語を勉強しに来ているので、友達が作りやすいのもポイントです。

【費用】
3ヶ月の平均費用は、400,000~700,000円

【環境】
・季節は日本と逆
・天気がよく、くつろいだ生活
・公園やビーチなどでゆったりと過ごす

【メリット】<
キャリアバイト編集部

日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」を運営。

会員登録はこちらから
インターンシップ求人はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

あなたの仕事は未来にはなくなる!?社会人も就活中の大学生も絶対に読んでおきたいこれからの働き方に関するオススメ書籍8選!
書籍、本

あなたの仕事は未来にはなくなる!?社会人も就活中の大学生も絶対に...

夏休みも残り1か月!割と投げ出しがちな大学生に送る目標までやりきるコツ
ライフハック

夏休みも残り1か月!割と投げ出しがちな大学生に送る目標までやりきる...

起きたら夕方かよ!たった5つでできる一日を充実させる朝型生活の作り方
ライフハック

起きたら夕方かよ!たった5つでできる一日を充実させる朝型生活の作り方

リッチメディア×キャリアバイト schoo公開授業の書き起こし!
経験、体験

リッチメディア×キャリアバイト schoo公開授業の書き起こし!

え?知らないの…?お得な学生証の使い方6選
ライフハック

え?知らないの…?お得な学生証の使い方6選

2016卒向け、今からでもチャレンジできる内定直結インターンを選ぶべき理由
就職活動

2016卒向け、今からでもチャレンジできる内定直結インターンを選ぶべ...