キャリアバイトコラム - インターン・インターンシップ情報キャリアバイト

学生団体、サークル

学生×学生団体×インターンの3つの両立をするにはvol.1-若狭 僚介インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生×学生団体×インターンの3つの両立をするにはvol.1-若狭 僚介インタビュー 学生団体の活動を頑張りたい!企業でインターンもしてみたい!大学の勉強も頑張りたい!
たくさんのことを同時にやるのは難しいのではないかと、ついつい懸念してしまいますよね....
でも、時間を上手く使いこなして計画的に毎日を過ごしている人もたくさんいます。
今回は学生と学生団体と、インターンの3つを両立させている、青山学院大学2年の若狭 僚介さんにインタビューしてきました!

「食」に興味を持ったのは、小学4年生


1387850402-CYMJXU3E2X
・「食」の分野で活動するきっかけ~TABLE FOR TWOに入るまで
私のターニングポイントは小学4年生の時です。
小学4年生の時に通い始めた英語の塾の先生はジャーナリストをやられており、英語の塾なのに、貧困問題や食料廃棄問題等様々な社会問題について学んでいました。
この塾に9年間通っていたことで、“食に関する社会問題”に興味を持ち、社会問題について考えなきゃいけないという意識が生まれていきました。
大学受験に際し、塾で“食に関する社会問題”について論文をずっと書いていたのですが、ちょうど中学3年生の時に、貧困問題等を研究されている方の講演会に行く機会がありました。栄養失調で道路の片隅で子供が亡くなっている、リアルな写真や映像と共に、初めて食の問題の深刻さや重要さを知り、「この問題を自分が解決しなくては」という使命感が沸いたのを今でも覚えています。
その使命感のもと、大学に入学し、さまざまな国際協力の団体を調べましたが、その中でも一番いいなと思ったのがTABLE FOR TWO-Univrtsity Assiciation(以下TFT)でした。TFTでは主に、寄付金20円を上乗せした大学学食メニューの開発や、食分野のイベントへの出店等を行っています。先進国ではヘルシーなメニューを食べ、健康を促進する、貧しい国では食を届けることで現地の支援に繋がる、貧困問題をビジネス的なツールを用いて解決する、そして食を届ける側、受ける側の両者がwin-winである姿勢がとても気に入りました。


食×ビジネスを学ぶためにインターンを開始


1387765575-uc9pKVFxxB
写真:コネクト・アグリフード・ラインズ主催のイベントにて

・インターンをしようと思ったきっかけ
学生団体での活動で企業の方とプロジェクトなどで関わっていくなかで、徐々に足りないスキルが見えてきました。また、自分の力が社会でどれくらい通用するか試してみたいという理由から、インターンを始めることを決めました。
そこで、食とビジネスに関する仕事ができ、勤務地や勤務日程などが自分に見合ったものを、探した結果見つけたのが、コネクト・アグリフード・ラインズでし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

就活で失敗する人の4つの共通点
就職活動

就活で失敗する人の4つの共通点

ソニー創業者 井深大氏について
オススメ

ソニー創業者 井深大氏について

大学生が“アルバイト以外”でお金を稼ぐ4つの方法
ライフハック

大学生が“アルバイト以外”でお金を稼ぐ4つの方法

トップ営業マンを目指したい学生が読んでおくべきオススメ書籍5選!
書籍、本

トップ営業マンを目指したい学生が読んでおくべきオススメ書籍5選!

大学生に増加する5月病を防ぐ!簡単にできる対策とは。
ライフハック

大学生に増加する5月病を防ぐ!簡単にできる対策とは。

2週間で100万DL!話題の「LINEMALL」って大学生に使える?
ライフハック

2週間で100万DL!話題の「LINEMALL」って大学生に使える?